2021年10月18日

山をなめたらいかん

確かに昨日の朝の寒さはちょっと異常だった。
確かにいつもより強風が吹いていた。
でも、天気予報は曇りのち晴れだったので函館山へ。

駐車場に着くといちだんと強風。
大野平野の向こう側、横津岳に雪が積もっていました。
a211018_3.jpg

a211018_2.jpg
後でニュースを見たら、初冠雪とのこと。

寒いながらも鳥がたくさん出ていたので撮影していたら
見る見る間に雲が広がりだして天気が急変。
なんと、函館山でも雪が降りました。
最初は雨、次があられ、みぞれに変わって最後は
短時間でしたが完全に白いものが吹雪のように振り始めて。

木の下へあわてて避難。かなり長い時間雨宿り。
カッパの有難みを実感しました。
雨だけでなく、寒さも凌いでくれる、凄い味方
持ってて良かったー。

天気が良くならないようなので諦めて駐車場へ。
その時の気温が3℃、もう少し気温が低かったら積もっていたかも。
急に怖くなりました。

いくら気楽にハイキング気分で登れる函館山とはいえ
山は山、なめたらいけませんね。

紅葉より前に雪を見てしまいました。
でも、函館山でちらついた雪のことはニュースでは全く取り上げられず。
個人的には大きな出来事だったのだけど・・・。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:39 | 風景

2021年10月14日

北斗市のセメント工場

北斗市のセメント工場を函館山から望む。
a211004_9.jpg

北斗市に変わったのが平成18年なので随分たちます。
それでもついつい上磯と言ってしまう。
その方が馴染みがあるので。

函館港の対岸にある「太平洋セメント上磯工場」。
函館港で見られる唯一の工場風景、子供のころから見慣れた風景。

セメントの原料の石灰石は工場後方の山、白く見える峩朗鉱山で
採掘され、ベルトコンベアで手前の工場へ。
工場で生成されたセメントは、港に突き出すベルトコンベアの桟橋から
船積みされ出荷されます。
この合理的な一連の流れが美しい景観を生み出しています。

函館港には無くてはならな風景。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:56 | 風景

2021年09月28日

大野平野の向こうの駒ケ岳

函館山から見た駒ケ岳。
a210921_1.jpg
晴れて空気が澄んだ日にはきれいに見えます。

手前の平らな所が大野平野。
道南の米どころです。

この時期は収穫前の田んぼが黄金色になって
よりきれい。

反対側、南を見ると青森まで見渡せ、
眼下には砂州上に広がる函館市街が一望、
函館山からは360℃のパノラマが楽しめます。

函館山からの景色は何度上っても飽きません。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:21 | 風景

2021年09月24日

気が付けば秋

昨日も25℃超えの夏日、まだまだ残暑(?)を引きずる函館です。

でも、周りを見るとコスモスやシュウメイギクが咲いて
ナナカマドの実も赤く色づいてすっかり秋模様。

a210921_7.jpg

a210921_8.jpg

ホームセンターの園芸売り場はすっかり縮小され
代わりに冬囲いのロープやネット、雪かき道具が
並べられるようになりました。
否が応でも、近づく冬を感じずにはいられません。
冬はやっぱり気が重い。寒い、雪かき辛い・・・。

そう言いながら、冬になったら諦めの境地
それなりに冬を楽しみます。
毎年これの繰り返し。

あと少しは20℃から25℃の気温が続きそうです。
今が一番過ごしやすい時期、
今年はきれいな紅葉見られるかな。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:04 | 風景

2021年09月14日

実りの秋

函館郊外の田んぼが黄金色になってきました。

a210906_4.jpg

もうすぐ収穫シーズンでしょうか?

北海道のお米が美味しいと言われるようになって
どのくらい経つでしょう?

北海道のお米は本州のコシヒカリやササニシキなどの
ブランド米に比べて美味しくない・・・と言われ続けていた
時期がありました。

それが今や、北海道のお米は美味しいと全国的に評判になりました。
「ゆめぴりか」や「ななつぼし」、函館近郊では「ふっくりんこ」も大人気。
マツコさんの影響大?
実際、美味しい!

そんなわけで、早く新米が食べたい今日この頃ですが
現時点でまだ店頭には出ていない。

そんなタイミングでお米が無くなりそう・・・。
ここで10Kg買ってしまうと、新米を食べるのが遅れそうだし。
そんなわけで、5Kgで繋いで新米を待ちますか。

完全な独り言でした。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 14:29 | 風景

2021年06月21日

鳥山

漁港近くの朝の海で「鳥山」を発見。
a210614_1.jpg

漁をする二隻の船にカモメが群がっていました。
陸から近い場所、何の漁か判りませんでした。

コンブ漁で有名なこの場所、
でも、コンブにカモメが群がるのかなぁ。

それにしても、漁師さんにとっては邪魔でしょうがないでしょうね。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:09 | 風景

2021年04月20日

江差の風力発電

十年ぶりくらいに訪れた江差、
風力発電の多さに驚きました。
a210413_6.jpg

上から見るとカモメが羽を広げたような鴎島、
下の海岸を見下ろすと釣りをしている人が。
おだやかな春の海。
a210413_7.jpg

今回は鴎島を少しだけ散策して帰ったので
この次は古い町並みもゆっくり散策したい。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:40 | 風景

2021年04月16日

大沼の水芭蕉

数日前の大沼の水芭蕉。
ずいぶんしばらくぶりに訪れました。

シラカバ林とベストマッチ
a210413_5.jpg

a210413_4.jpg

場所は多目的グランド「トルナーレ」の手前。

ちなみにトルナーレ(イタリア語で「おかえり」の意味)は
トルシエ率いるシドニーオリンピックサッカー日本代表が
合宿をした場所。

その後もJ1川崎フロンターレ等が合宿で利用、
駒ケ岳が間近にそびえる絶景のグランドです。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:34 | 風景

2021年02月04日

毛嵐の中の漁船

昨日の最高気温はマイナス7.1℃、今日もマイナス5℃の予報の函館です。
おまけに積雪もあって寒さの中での雪かきは
手袋をしていても指が痛くなる程、こたえます。
2日の最高気温はプラス7.5℃あったので
一日で15℃近く下がったことになります。

気温が低い日は、海に毛嵐がよく発生します。
毛嵐の中から漁船が現れる。
a210201_3.jpg

漁船の右上の白い物体はたぶんカモメ。
a210201_4.jpg

漁船からの視界はどのくらい?
陸上の濃霧のような感じ?
いずれにしても厳しい条件での仕事です。

節分を過ぎたのに、季節はまだ冬真っ只中。
今年は積雪も寒さも例年より早かったので冬が異様に長く感じます。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:55 | 風景

2021年02月01日

津軽海峡の蜃気楼

津軽海峡の向こう、青森側に蜃気楼のようなものが出現。
a210125_8.jpg

晴れた日や空気が澄んだ日は下北半島が見えますが
この日は青森は見えず。
ただ蜃気楼だけが浮かび上がって。

その手前をコクガンが一列に並んで飛ぶ。
何とも幻想的な風景。
時間を忘れて何時までも見ていられる風景。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:40 | 風景