2019年07月12日

おしゃれなハンギング2

おしゃれなハンギングシリーズ(?)、第二弾。

道の駅「なないろ・ななえ」にて
b190708_7.jpg

ドライの野菜中心、ステキです。
最近、ハンギングにやたら目がいきます。

気が付けばもう1年も折り返しを過ぎ、7月中旬というのに
なんとなく夏らしくない函館です。
気温もあまり高くなく、日中半そででも朝晩は長袖が絶対必要。
今度の3連休は雨の予報。
最近は、週末のたびに天気が悪いような気がします。
雨でなくても、曇りがち。
太陽が恋しい今日この頃です。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 14:06 | 雑記

2019年07月10日

今年もカラスとの戦い

庭のジューンベリーに真っ赤な実が鈴なり。
b190708_1.jpg

白くて小さな花が楽しめて、赤い実が楽しめて
秋には紅葉が楽しめて・・・
いいこと尽くしのジューンベリーですが、今の季節に一番頭を悩ますのが
カラスをいかに来させないか。

あの大きな体でジューンベリーの細枝に止まると枝が折れるし
来てほしいヒヨドリや小鳥が来なくなるし
それと何と言っても、「カラスがやってくる庭」って嫌です!

ネットを見ると、同じような悩みの方が多い。
まずは、銀色のキラキラしたテープのようなものを枝にぶら下げてみようと思います。

カラスとの戦いはまだまだ続く・・・


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:54 | 雑記

2019年07月09日

七夕

子供たちが歌を歌いながら練り歩き、お菓子(本来はろうそく)をもらって回る
函館独特(?)の七夕。
今年は函館マラソンと重なったので、宿泊された方は
函館の七夕を目撃したのでは?

今年は天候に恵まれて何よりでした。
笹の七夕飾りを玄関先に出している家だけ回るという約束事があるので
出さない家に子供たちは来ません。
子供たちに来てもらいたい家は、お菓子を用意して飾ります。

ただ、子供たちは住宅街より、商店街やお店がかたまってある所を回る傾向が。
短時間でたくさん貰えるので効率が良いし・・・。ここにも合理化の波。
時代とともに変化してきた函館の七夕ですが、この先も残ってほしい行事です。

七夕の日、七飯町の道の駅「なないろ・ななえ」に立ち寄ったら
ハンドメイドのマーケットや、七夕のイベントでにぎわっていました。

不思議なゆるキャラ
b190708_5.jpg

願いを書いた短冊がたくさんの七夕飾り
b190708_6.jpg



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:16 | 雑記

2019年07月05日

スパイダーマンの登場

本当に久々にご近所ヒーロー「スパイダーマン」が
復活していました。

えーっ、空中???
b190703_1.jpg

ものすごい躍動的なアクション
b190703_2.jpg

素晴らしい!

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の公開に合わせて
登場したのかな?


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:15 | 雑記

2019年07月02日

恵みの雨だけど

先週末の、香雪園の庭の池。
雨不足で完全に干上がっていました。
b190701_1.jpg
こんなに干上がった記憶がありません。

ひび割れて、いかに水が少なかったかが判ります。
b190701_2.jpg

気象データを調べると6月の降水量は43.5mmで、平年の60%。
雨が少なかった函館です。
30日にまとまった雨が降らなければ、平年の45%となるところでした。

農作物、庭の植物にとってはここ数日の雨は「恵みの雨」となりました。

ただ、九州・四国地方の大雨による水害のニュースを見ると
決して他人事とは思えません。
これ以上、雨の被害が酷くなりませんように。

恵みにもなれば、凶器にもなる水・・・。
その中で人間は余りにも非力、太刀打ちできません。
せめて早めに非難することしができないのかも・・・。

ここ数日の雨で、果たして香雪園の庭の池に水は張ったのか。
今度行った時にご報告します。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:47 | 雑記

2019年07月01日

男爵ラウンジ3

七飯町、男爵ラウンジの続きです。

農機具だけでなく、車など、近代化の最先端のものを
取り入れていたであろうことがうかがえる展示物が
所狭しと並びます。
b190625_10.jpg

b190625_5.jpg

そんな中、異色の展示物が。
これは確か、当別の資料館でも見たような記憶がありますが
川田男爵が、イギリス留学時代に知り合った恋人のジェニーに宛てた
ラブレター。
b190625_6.jpg
ものすごい達筆です。ハートマークも。
結局、男爵の父の猛反対で、結婚できずにお別れしたとか。
ラブレターは、男爵の死後金庫から見つかり、90通もあったそう。

当時の生活だけでなく、川田男爵の人間性もわかるような展示スペースです。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:18 | 雑記

2019年06月28日

男爵ラウンジ2

七飯町にできた「男爵ラウンジ」の続きです。

近代農業や当時の生活にまつわる道具類が多数展示されています。

b190625_4.jpg

b190625_5.jpg

見ているだけで楽しい。しかも無料。

北斗市の当別にあって同じような展示をしていた「男爵記念館」が
老朽化で長い間休館状態でした。
その後継施設でしょうか? 運営関係は判りません・・・。

道の駅の隣にあって利便性がよいので、以前の場所より
多くの人が訪れる施設になりそう。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:17 | 雑記

2019年06月27日

男爵ラウンジ

七飯町の道の駅「なないろ・ななえ」の隣に今年の4月、
「男爵ラウンジ」がオープン。

b190625_7.jpg

「男爵いも」の名前は、近代農業の功労者で函館に大きな功績を残した
川田龍吉「男爵」からきています。
輸入した種いもを日本の風土で栽培できるように品種改良して
できたのが「男爵いも」とのこと。

その川田龍吉男爵にまつわる資料が展示されています。(無料)
お土産物やレストラン、テイクアウトのコーナーも併設。

早速、十連休に行ってきました。さすがに大混雑。

今までにない超大型連休と、オープン直後の不慣れもあって
レストランはかなりバタバタしていました。
もう少し人出が少ない時期にオープンした方が良かったのでは?
と思ったりして。
空いた頃に今度はのんびり訪れたい。

建物のテーマ、男爵いものオブジェ。面白い。
b190625_11.jpg


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:18 | 雑記

2019年06月18日

飛行機が止まった? 不思議な体験

先週土曜日、湯の川方面から函館駅方面へ移動中のこと
湯の浜町付近で赤信号停車中に飛行機が飛んできました。

空港が近いので、これはよくある光景。

自分たちの目の前で、津軽海峡側から空港側へ旋回。

これもよくある光景。

ただ、いつも見るより大きく見える。高度がかなり低い?
そして、「止まってる???」
ジェット機ってホバリングできる? 上空で止まれる?
同乗者3人全員がこの光景を目撃。
その時、歩道を歩いている人が、空を見上げて写真を撮っていました。

急に怖くなり「早くこの場を離れないと」と、信号が変わるや否や
逃げるように通り過ぎました。

帰ってネットで調べたら、天候や風向きでそういう目の錯覚が
起きるらしい。
その時のジェット機の模様が見たことのないものだったので
こちらも調べてみたら、どうやらスターアライアンス塗装の
ANA機のよう。

肝心の写真は・・・頭が混乱して撮れず。
決定的瞬間の写真が撮れる人ってすごいなぁ・・・。
尊敬する。

変わりに、ゴールデンウィークに撮った大型クルーズ船の写真。
目の前では全身が入らず、少し離れたフェリー埠頭で全身が撮れました。
b190617_8.jpg
posted by mayphoto at 11:25 | 雑記

2019年06月17日

青森は十和田丸

函館で保存されている青函連絡船は「摩周丸」。

一方、青森には「十和田丸」が保存されています。
b190605_12.jpg

青函連絡船が廃止されたのは、昭和の最後の年、昭和63年3月のこと。
開通した青函トンネルとバトンタッチした形で引退となりました。
青函連絡船は平成も、もちろん令和も知りません。

ただ、現在も函館−青森、函館−大間間はフェリーが就航しており、
航路は残っています。

久々に降り立った青森駅前は、新しい商業施設ができたり
ねぶたの館「ワ・ラッセ」ができたりで随分変わっていました。

開業当初は、何も無いところという印象だった新幹線の「新青森」駅周辺にも
住宅がたくさん建って、駅ビルには飲食店や土産物店がたくさんあって
活気があり、新函館北斗も見習うべきところがたくさんあるなぁ、と感じました。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:55 | 雑記