2020年01月21日

函館の根雪

本当に雪が少ない函館です。
雪が残るのは日陰くらい。
気象庁発表の現在の積雪は5cm。

30日以上継続して積雪があると「根雪」と呼ぶそうで
その定義からいくと、今冬の函館の根雪の初日は12月20日。
平年は12月16日なので、平年より4日遅いだけという不思議。

この間のデータを見ると、積雪1cmの日が何日もあり、
それ以外でもほとんどが1桁、10cm未満。
1cmじゃ、場所によっては当然0も在り得る。
これで根雪と言えるのか? 雪の深さは関係ないのか?
根雪の初日はもっと遅かったと言えるのでは?
根雪の定義にモヤモヤ感が残ります。


写真は、話題と全く関係のない「ひょっこりはんリス」
b200114_9.jpg

b200114_10.jpg

二本足で立つ姿は間違いなくかわいい。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:10 | 雑記

2020年01月10日

オオバンがいる川

湯の川温泉を流れる松倉川。

昨年秋にオオバンを一羽発見。
b200106_5.jpg
オオバンはここでは過去にも何度か見かけたことがあります。
見るときはいつも一羽だけ。
川岸を食べ物を求めて行ったり来たりしていました。

この川で昨年末、改修工事が始まったことを知りました。
数年前から上流から順に行われてきた防災のための工事。
想定された工事ですがいよいよ下流の番・・・
川岸の木や草がすっかり刈り取られ、これから土砂をさらう工事が始まります。

ゴイサギやジョウビタキ、カワセミ、ベニマシコ・・・
多くの鳥がこの低木や葦類の中に隠れたり、実を食べているのを
何度も目撃。
その隠れる場所がすっかり無くなってしまいました。

防災のためには仕方ないことですが、この鳥たちが戻ってくる日が
来るのかと思うとやっぱり寂しい。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:09 | 雑記

2019年12月25日

上手く撮れない霜柱

霜柱の写真が上手く撮れません。
b191223_12.jpg

あのサクサクした感触・・・
高さ・・・
土が浮いた感じ・・・

何一つ再現できず、撮れた写真はなんだか薄っぺらいものばかり。

霜柱を見つけると、踏みつけるのはもったいない。
でも、踏んだ時のサクサク感、沈む感じがたまらない。
で、結局踏みつけるのですが。

いつの日か、満足のいく霜柱の写真が撮れるかな・・・
精進します。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:31 | 雑記

2019年12月20日

AIRDOを真横から撮ってみる

道民の翼「AIRDO」を先日、横から撮影する機会がありました。

だんだん近づいてきた。
b191216_7.jpg

真横を通過中。逆光で暗い。機体にかわいい絵が。
b191216_8.jpg

後で調べたら、ベア・ ドゥ北海道JETと言うらしい。

AIRDO(エア・ドゥ)の公式マスコット「ベア・ ドゥ」が尾翼に描かれている・・・

って、尾翼切れてるやないか〜・・・。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:25 | 雑記

2019年12月13日

秋と冬を行ったり来たり

先週日曜日の吹雪の様子。
b191210_9.jpg
いきなり真冬の風景。12月では珍しい。
真っ暗ですが昼間です。

一時は積雪15cmくらいあった函館ですが、今はゼロ。
気温も真冬日の後、10℃くらいまで上がったりで
冬と秋を行ったり来たり。

現在函館では、金森倉庫群のあるベイエリアで
クリスマスファンタジーが開催中。

毎日18時には花火が打ち上げられ、ツリーの点灯式が行われます。
ベイエリアからかなり離れた我が家でも花火の音が聞こえることがあります。

クリスマスと言えば雪がつきもの。
12月25日の最終日までに雪が積もると良いのですが。
今週末も気温は高め。来週は雨の予報も。
雪がなくても、せめて雨だけは勘弁して欲しいものです。
これも地球温暖化の影響でしょうか・・・。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:22 | 雑記

2019年12月12日

ニッカウヰスキー余市蒸溜所2

ニッカウヰスキー余市蒸溜所、現役で生産を続けている工場。
興味深い施設がいっぱい。
朝ドラ「マッサン」を見ていなくても、十分楽しめます。

マッサンのモデルとなった竹鶴政孝氏と異国の地から嫁いだ妻のリタさんの
生活ぶりがうかがえる資料もたくさん展示されています。
b191210_1.jpg

敷地内の一角、あまり目立たないところに竹鶴政孝氏の胸像が。
b191210_4.jpg

ゆっくり見学したい場所です。
見学した後は、無料の試飲コーナーで一休み。
車や、お酒が飲めない人はウィスキーの代わりに
「りんごジュース」が楽しめます。これがまた美味しかった!


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     

posted by mayphoto at 09:35 | 雑記

2019年12月11日

ニッカウヰスキー余市蒸溜所1

ラグビーW杯観戦で札幌に行ったついでにニッカウヰスキー余市蒸溜所へ。
初めての訪問。

b191210_3.jpg

NHK朝ドラ「マッサン」の影響が今なお続いているようで、
大勢の観光客が訪れていました。
東洋系の観光客と同じくらい、欧米系の観光客がたくさん。
W杯のイングランド、オーストラリア戦関連の方たちでしょうか?

b191210_2.jpg

早めに入って大正解。お昼に帰るときには、駐車場が行列状態。
朝ドラ効果、恐るべし。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:36 | 雑記

2019年11月20日

玄関先に飾られたもの

函館のベイエリアを散策中、見慣れないものを発見。
玄関先に飾ってあるこれ。
b191105_6.jpg

b191105_7.jpg

数件先の別のお宅の玄関にも。
b191105_8.jpg

何だろう・・・もやもや感を残しつつ、家に帰ってネットで検索。

「なぎなたぼこ」と読み、京都祇園祭りで山鉾巡行の先頭を受け持つ鉾。
鉾先きに大長刀をつけているのでこの名がつけられた。
飾られているのは、祇園祭の時だけ売られる「粽(ちまき)」と呼ばれるもので
無病息災を願って1年間玄関先に飾られるものらしい。
京都の街中ではよく見られるとのこと。

函館で見たこのお宅の方は、京都出身なのでしょうか?

以前、伊勢へ観光で訪れた時に見た玄関先の小さなしめ縄を
思い出しました。
季節を問わず、飾られていました。

その土地土地には、自分が知らない独特の風景がたくさんありそう。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:46 | 雑記

2019年11月19日

大型クルーズ船が二隻いた日

ゴールデンウィーク頃の写真を整理していたら
同じ日に、大型クルーズ船が二隻写っていることに
気づきました(今頃ですが・・・)。

いずれも函館山から撮った写真。

こちらは若松埠頭。
青函連絡船摩周丸の隣。
b191028_3.jpg
小さめのクルーズ船が着きます。

こちらは、以前からある港町埠頭。大きな船用。
b191028_4.jpg

若松埠頭が出来るまでは、同じ日に大型クルーズ船が2隻は
ありえない光景でした。

こうしてみると、やっぱり若松埠頭の方が朝市や西部地区、ベイエリア
函館山に近く、函館観光に行きやすいのがよく判ります。

確か4月29日なので、
  港町埠頭・・・セレブリティ・ミレニアム 90,963トン 定員3,182名
  若松埠頭・・・アザマラ・クエスト 30,277トン 定員1,098名
と思われます。(函館市サイトより)



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:20 | 雑記

2019年11月14日

前線通過中

前線を伴う低気圧が現在北海道を通過中。
函館でも風が強くなっています。
予報では、午前中は雨、午後から雪。
シーズン始めから、いきなり西高東低冬型の気圧配置です。
どうか大きな被害が出ませんように・・・祈るしかありません。

話題を変えて、公園のオオウバユリの群生。
これは、花の後の実。
b191028_5.jpg
周りの雑草は刈り取られるので、意図的に残しています。

現在はドライ状態になっていますが、これがまた面白い造形。
春の芽生えから花、実、種と最後まで楽しめる不思議な植物。
開けた場所よりは、山林に生える植物。
公園で残しているのはここくらいしか知りません。

オオウバユリのユリ根は、アイヌの人たちが食用にしていたそう。
北海道では昔から身近な植物だった言えるでしょう。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:25 | 雑記