2021年03月05日

啓蟄より前に虫

今日は啓蟄、二十四節気の一つ。
冬ごもりしていた虫が動き出す頃、春の訪れが感じられる節目。

その啓蟄より少し前に、雪上に虫を発見。
a2103065_1.jpg
まさか雪の中に虫がいるなんて想像もしていなかったので
驚きでした。

ネットで調べたらセッケイカワゲラのようです。

そういえば見かけたのは小川の近く。
俳句の世界では「雪虫」と言われ、春の季語とか。

なるほど納得。春は近い!!!


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:44 | 雑記

2021年02月24日

鮭の稚魚

鮭の養殖場では、放流を待つ稚魚がたくさん。
a210215_12.jpg

本能なのか、ちょっと高い段差を乗り越えて
流れに向かって進む稚魚も。
a210215_13.jpg

昨シーズンも鮭は不漁、ここ何年も続いています。
この場所の川も秋に何度か見に来ましたが
遡上する鮭の数は少なかった。
ちゃんちゃん焼き、石狩鍋、いくらのしょうゆ漬け、塩焼き・・・
これぞ北海道の秋の味覚、という鮭が
食卓から遠ざかりつつある寂しい現状。

それでもこうやって地道に卵をふ化させて稚魚を放流する。
どうか数年後に報われますように。
大きくなって帰ってきてね。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:22 | 雑記

2021年01月14日

幸せそうなマガモの親子

夏に大沼で出会ったマガモの親子。

お母さんの真似して一丁前に毛づくろい。
a201228_5.jpg
何ともほほえましい光景。

子どもは全部で6羽くらいいたでしょうか。
移動はいつもお母さんといっしょ。
餌の取り方もお母さんから学びます。
お母さんは大変です!


記録的な寒波の後、気温がプラスの日が2日ほど続いた函館です。
屋根の雪もだいぶ少なくなりました。
しっかり除雪されているメイン通りから一歩裏道へ入ると
除雪されなかった雪がザクザクになって恐ろしく深い轍ができています。
車高が低い車は通行できません・・・。
歩行者も歩くのが大変な状態・・・。
裏道の通行は車も人も要注意です。

気温が緩む前日、今季初めて家の前の道(裏道)にも除雪車が来た!
と喜んだのも束の間、雪をただ踏むだけ。
横によけることもせず、もちろん排雪もせずに帰っていきました。
案の定、この2日の暖気で深い轍になりました。
あまりに雑な仕事・・・。
除雪に優先順位があるのは判るけど、仕事の仕方にも問題あるなぁ。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:04 | 雑記

2020年12月21日

いきなり極寒

今年も雪の少ないクリスマス・・・のはずが先週からの雪と
大寒波で一気に季節が進みました。

香雪園もすっかり冬景色
a201221_5.jpg

昨日の最低気温は気象庁の発表では-13.4℃。
新聞では函館空港で-16.7℃とありました。
同じ市内でも随分違う。

この時期で最低気温がいきなりのマイナス10℃以下。
体がついていきません。
運転も、冬道を歩くのも、服装も慣れてない。

過去の気象庁の記録を調べてみると、
過去10年間で12月にマイナス10℃を下回ったのは
  2018年 12月28日
  2012年 12月26日
  2011年 12月20日
今年は12月16日に既に-10.5℃を記録しているので
この10年間で一番早い。

ちなみに昨年-10℃を下回ったのは年が明けて
2月9日、かなりの暖冬でした。

今週はいったん気温が8℃くらいまで上がった後、
年末に向けて更に最低気温ー10以下の日が続きます。

今冬このペースでいくとどうなるのか・・・考えただけで怖い。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:56 | 雑記

2020年12月15日

クマ出没看板の効果

函館市郊外を走行中、例の看板を発見。

「ヒグマ出没中」
b201207_8.jpg
出没日時が消えて読めない。
「平成」だけはかろうじて判るので、最低でも2年以上前のもの。

それでも十分効力はあります。

これを見ると確実にビビります。
そうか・・・ここにも出たのか。
ついつい目の前の丈の高い草原をキョロキョロ、
次に目線を遠くへ移して裏山を確認。
何もいないことが分かってホっとする。

雪が降ってそろそろヒグマも冬眠したでしょうか。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:20 | 雑記

2020年12月09日

いつもながら感動する匠の技

香雪園の木は、園亭の周りの日本庭園だけでなく、広大な公園全体が
職人さんによって手入れされています。

毎年この時期行われるのが冬囲いや雪吊り。
松は、真ん中に太い竹の支柱を立て、それを中心に
枝に雪が積もらないよう縄を張って雪吊りをします。
その太い支柱は、穴を掘って地中に埋めるのでなく
三方からロープを張って絶妙のバランスで倒れない位置を決定。
一人でできる作業ではない。

そんな匠の技の中でも、毎年感心するのがコレ。
b201207_1.jpg
支柱を立てず、近くの大木を支柱代わりに利用。
何と大胆な!

これから雪がどんどん降ると匠の技の成果が見られることでしょう。

それにしても、今年も雪がない函館です。
来週は気温も低いようなので、少しは降るかもしれません。
毎年今頃になると、今年はホワイトクリスマスかなぁと
心配している(?)ような気がします。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:03 | 雑記

2020年11月26日

葉っぱが落ちて見えたもの

紅葉もほぼ終わり、木々が葉っぱを落として
見えてきたものがあります。

モミジの細い枝に大きな塊が。
b201124_5.jpg

よく見るとスズメバチの巣。
b201124_4.jpg

ついこの間まで、紅葉を楽しんでいた場所。
まさか、中にこんなものがあったなんて。

こちらは別の所。地上1mくらい。
木の足元の葉っぱや下草が茂っていた所。
b201116_6.jpg
やっぱり、スズメバチの巣。
鳥を散策して長時間立ち止まっていた場所。

同じ公園内で2つも発見。
急に怖くなりました。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:39 | 雑記

2020年11月16日

凍る草

最高気温は10℃以上まで上がる日がまだ多いですが
朝晩は寒い函館です。

昨日の朝も、7時頃でも草に霜が降りていました。
b201116_1.jpg

モミジの葉が霜で縁どられて
b201116_2.jpg

何とも幻想的で思わずパチリ。
朝日があるともっと良かったのだけど、贅沢は言いません。
この後、次第に霜は消えて行くのでこの光景が見られたのは
少し早く出かけたご褒美かも。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:53 | 雑記

2020年11月12日

雪虫

飛んでいる雪虫を捕るのは大変難しい。

ということで、手袋に止まった雪虫。
b201110_1.jpg

先週末は、近所の公園も雪虫がいっぱい。
いつもは、公園ではなるべく人を避けてマスクはしないのですが
この日はコロナ対策ならぬ、雪虫対策でマスクを着用。
そうでもしなければ、口や鼻に入ってもう大変。

今日は昨日までと打って変わって穏やかで暖かい函館。
あと数日は続きます。
今のうちに、冬の準備をしないと。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:51 | 雑記

2020年10月19日

汐泊川の鮭

汐泊川の孵化場、先々週の様子。

川にはちらほら鮭の姿。でもまだ少ない。

孵化場の方へ誘導された生け簀。
こちらもまだ少ないながら鮭が入っていました。

b201015_1.jpg

b201015_2.jpg

もっと上流を目指して産卵したかったのか。
外へ飛び出さんばかりにジャンプする鮭があちこちに。

あの勢いだと、実際に飛び出してしまう鮭もいるでしょう。

今年も鮭は不漁と聞きました。
実際、毎年必ず食べていた自家製いくら丼、
値段が高くてまだ実現できていません。

かわりにもっと南で捕れていたブリが豊漁とか。
確実に海の生態系も変わってきています。

今年はいくら丼食べられるかなぁ。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:25 | 雑記