2022年12月22日

銀杏のにおい

秋の公園に落ちていた銀杏。
a221219_5.jpg

「銀杏は臭い」と聞くけど、その臭さをあまり知りません。

イチョウ並木の中をあまり歩いたことがないし、
銀杏拾いをしたこともない。

公園に数本あるイチョウの下には銀杏がゴロゴロ転がっているけど
そんな不快な匂いは感じない。

北海道の銀杏は、臭いが出る前に雪や寒さがくるので
あまり臭くない・・・とテレビでやっていたような。

そう言えば、木の実を食べるリスも銀杏を食べているのは
見たことがない。
臭いからなのか、毒性があるからなのか、美味しくないからなのか
リスに聞かないと判りませんね。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:05 | 雑記

2022年12月19日

ポニーの横に

函館公園のミニミニ動物園のポニー。
a221212_10.jpg
馬房に入っていることもあるけど、だいたいは外に出ています。
穏やかな性格で子供に大人気。

そんなポニーの馬房の横に気になる掲示物が。
a221212_11.jpg
「栄養たっぷり!馬肉」って・・・。
肉の部位の図まで・・・。
子どもが読みやすいようにご丁寧にふりがなまで振ってあるし・・・。

なんだかなー・・・と思うのは私だけ?
水族館の大水槽の横に「おいしいマグロの食べ方」とか
「マグロの身の部位」なんて説明書きがあるのと
同じような気がするけど・・・。

なんだかなー・・・。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:22 | 雑記

2022年12月02日

初めてのウポポイ3

ウポポイにある「国立アイヌ民族博物館」
時間帯指定の予約が必要なので、ちょっと面倒くさい。
ただ、予約さえしていれば時間変更は柔軟に対応してもらえます。

展示内容はものすごく見ごたえがあります。

動植物等の自然を相手にした展示物
a221128_4.jpg

芸術性の高い特別展
a221128_3.jpg

時間が許せばゆっくり回りたい場所です。

自然と共存するアイヌ民族の生き方は今の時代にとても参考になるし、
高度な文化・芸術性は展示物を見るとよくわかる。

残念だけどいまだにアイヌに対する偏見や差別があるのも事実、
でもとにかく、一度ここへ来て実際に見て欲しい
そう思える場所でした。

また違う季節に行きたいな。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:10 | 雑記

2022年12月01日

初めてのウポポイ2

初めてのウポポイ、見学にはちょっとした要領が必要かも。

とにかく、規模が大きくて見どころが多いので
時間が決まっているイベントや上映ものなどをまずチェック、
整理券が必要なものもあります。
博物館も、一応時間帯別に事前予約が必要。

空いた時間に、常時見学できるところを見たり
グッズを買ったり、食事するのがいいかと。

箱モノが多いので途中で飽きるかと思いましたが
体験ものや、実演もの、アイヌ語に触れたり
アイヌの日用品がたくさんあったりで時間が足りないくらい。

職員の方たちは皆さん、質問に丁寧に答えてくれたり、
話しかけてくれたり、とってもあったかい雰囲気でした。

体験交流ホールの舞台
a221128_2.jpg
開放的な窓からはチセが見えて気持ち良い空間。

国立アイヌ民族博物館の2階の窓からの風景
a221128_7.jpg
この日はキッチンカーが勢ぞろい、賑わっていました。

コロナ禍で自粛していた修学旅行生が復活
a221128_8.jpg
記念撮影をする生徒たち、それを待つ生徒たち
まだまだマスクは外せないけど、懐かしい光景が戻ってきました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:44 | 雑記

2022年11月30日

初めてのウポポイ1

9月のある日、前々から行きたいと思っていた
白老のウポポイ(民族共生象徴空間)へ。
開業は令和2年のコロナ禍真っ只中
2年たってやっと行くことが出来ました。

エントランスのコンクリートの壁には動物などが描かれていて
何となくワクワク。
写真を見て気がついたのですが、描かれた木の幹の先に
本物の木の枝があってひょっとして繋がってる?
a221128_1.jpg

キャラクターの「トゥレッポん」
a221128_5.jpg
トゥレプ(オオウバユリ)の年頃の⼥の⼦とのこと。
体はオオウバユリのゆり根。
この子は手に何も持っていませんが、イラストなどを見ると
両手に何か持っている。
左手はオオウバユリのつぼみがついた茎を、
「右手の茶色い円盤状のものは何?」と思っていたら
チセの職員のお姉さんが、オオウバユリのゆり根から作った
保存食だと教えてくれました。

ポロト湖越しのチセ(家屋)
a221128_6.jpg

訪問前日、チケットのことで聞きたいことがあったので電話したら
第一声で「イランカラプテ(こんにちは)」。
なんだかほっこりした気持ちになりました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:12 | 雑記

2022年11月28日

松倉川の改修工事

松倉川の改修工事が始まっています。

詳しい工事内容は把握していないのですが、
お散歩している方の情報によると、イオン向かい側から川へ下りる
道が作られ公園のようなものが作られるとか。

イオン向かい側の様子
a221107_16.jpg

湯の川との合流地点から湯の川側へ入った所
a221107_15.jpg

全体像がつかめないので、単なる個人的な感想なのですが
イオン側から下りられるようになっても、果たして下りる人はいるの?
ホテルが並んでいる河口付近なら観光客が訪れるかもしれないけど・・・。

今年の8月の大雨災害の時は、危険水域ギリギリまで増水したけど
災害時は大丈夫?

一番残念なのは、ここに来ていた草原や藪にやってくる野鳥たち
オオヨシキリやジョウビタキ、ベニマシコ、ゴイサギ等が
もう来ることはないと思われること。
街の中の川なのに、たくさんの種類の鳥が見られるため
大変貴重な場所でした。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 15:29 | 雑記

2022年10月05日

登別で見たもの

昨日の朝のけたたましい警戒音には本当にびっくりしました。
昨日は警戒級の雨が降るかも、という予報だったので
てっきり大雨の警戒と思いましたが、まさかのミサイル。
しかも北海道に向かってくるって。

一昨日のブログに載せた津軽海峡の駆逐艦にも
多少なりとも関係があるような。
他人ごとではありません。
すぐ身近に物騒な要素がたくさん、怖い・・・。

それにしても、発射された方向や警戒地域の情報が錯綜したり
対処法が窓のある部屋から離れてとか、地下に隠れてとか・・・
昭和と変わらないような。


話しが反れましたが、タイトルの、登別で見たものはコレです。
a221003_1.jpg

a221003_2.jpg

鹿のフン。
朝温泉街を散策中に、歩道に散乱しておりました。
通り過ぎた関西弁のご家族、すぐに「シカの糞やで〜」。
さすがに、奈良公園などで見慣れてるのかな。

両側すぐ山の谷間の温泉街。
鹿が歩いても珍しくないのかも。
夜の温泉街を鹿が闊歩する所、見たかった。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:53 | 雑記

2022年10月03日

思いがけない出来事

そろそろ渡り鳥が行き来する季節になってきたので
昨日、郊外の海岸へ行ってきました。

山側の鳥を見てひと段落、海の方へ目を向けたら
双眼鏡を持ったご夫妻が「駆逐艦を見に来たんですか?」

「え? 何ですか? 私達鳥見ですけど・・・。」

「駆逐艦と護衛艦が目の前を通過中ですよ」

見ると津軽海峡を日本海側から太平洋側へ
こんな船が通過中。この日は霞んでいて見づらかったですが。
a221003_9.jpg

船上を拡大するとこんな感じ
a221003_10.jpg
望遠レンズを通すと戦闘機らしきものがたくさん乗っかってる。

家に帰ってネットで調べると9月30日に日本海側で
日米韓の合同演習が行われたとある。
ひょっとしてこれ?

それにしても、いろんなマニアの方がいますね。
ご主人が「戦闘機が見えるでしょ? 光ってるでしょ。」等々
熱く語る傍らで、妙に冷めた奥様が印象的でした。

思いがけない出会いでした。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 14:30 | 雑記

2022年09月30日

飛行機の真下に入る

函館の空港、湯の川近辺にいると当たり前の光景なのですが
飛行機の真下に入ることがよくあります。

しかも、かなり低空の状態で。
a220926_1.jpg
これはAIR DO。
飛行機には青空が良く似合う。

着陸直前は足が出た状態が見られます。
この日は離陸直後、津軽海峡方向に方向転換した所。

さすがに低空で真上を通過する時は
あまりの爆音に思わず耳をふさぎます。
こればかりはいつまでたっても慣れない。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:50 | 雑記

2022年09月05日

キノコの威力

公園のアスファルトが敷かれた遊歩道
ボコッと盛り上がっていました。
a220829_5.jpg

よく見ると、アスファルトを押しのけて顔を出したキノコ。
サイズは5cm足らず、決して大きくない。
a220829_6.jpg

30cm位離れた場所でも同じようにアスファルトが盛り上がっている。
恐るべし、キノコの威力。

定点カメラを設置して、どんな風にして出てきたのか見てみたい。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:35 | 雑記