2020年03月27日

春の恵み フキノトウ

フキノトウは雪が残る頃から顔を出していました。
b200326_2.jpg

以前はよく、まだ雪が残る山里へフキノトウを取りに行きました。
ほろ苦い天ぷらは最高。

日当たりの良い斜面はこんな感じ。
b200326_1.jpg

フキノトウだけでなく、ギョウジャニンニクもよく取りに出かけました。
ギョウジャニンニクはフキノトウよりはるかに深い山や険しい沢に生えるため、クマ対策が欠かせません。
ラジオや鈴を鳴らす。
一人で行動しない。
とは言うものの・・・複数で出かけても山に入るとそれぞれ思い思いのポイントへ散るので、結局一人になりがち。

熊に襲われたニュースを見るたび、だんだん足が遠のいてしまいました。

クマ対策といえば・・・
函館山でよく鈴をぶら下げたりラジオを大音量でかける人を見かけます。
函館山にクマはいないと思うのですが。

鳥の写真を狙って潜んでいる時にこの大音量が近づくと大抵の鳥は逃げてしまいます。
そういう時は、また鳥が戻ってくるのを待つか、あきらめて別の場所を探すか。
あまり粘り強くないので、あきらめる方が多いかな。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:47 | 植物

2019年09月25日

ナナカマドの接ぎ木?

ナナカマドの葉っぱが見える。
少し紅葉してきた。

でもちょっと不思議な光景。
b190909_19.jpg

引いてみるとこんな感じ。
b190909_18.jpg

松の老木の剪定した幹から細いナナカマドが。
まるで接ぎ木のようです。

犯人は鳥? リス?
おそらく種をここまで運んだのでしょう。

この後この木がどうなるのか?
共生するのか?
気になります。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:34 | 植物

2019年09月18日

モミジの実

紅葉にはまだ少し早い函館。
昨年は台風もやってきて塩害で紅葉がイマイチだったけど
今年は果たしてどうなることか。

気温がぐっと下がってきました。
30℃近い日はもうないでしょう・・・たぶん。
同じセリフを少し前にも書いたような気もしますが。

公園では一足先にモミジの実が成っています。

b190909_10.jpg

プロペラの羽のような実。

ブーメランのように飛んで種を遠くへ運ぶのでしょうか。

この実は小鳥も大好き。
どんな味がするのかな?



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:43 | 植物

2019年09月13日

夏の花スイレン

夏のイメージの強いスイレンですが、結構長い期間咲いています。

ピンクのイメージが強い
b190909_5.jpg

少し薄いピンク
b190909_7.jpg

蕾を見つけた
b190909_6.jpg

沼の中でじっと開花するのを待っている姿がけなげ。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:35 | 植物

2019年09月11日

きのこの季節

夏の雨不足から一変、まとまった雨が降った後、
今まで姿を現さなかったキノコが一気に顔を出し始めました。

切株の上にビッシリ
b190909_12.jpg

b190909_11.jpg

この手のきのこをリスが食べているのを見たことがありませんが
大きなキノコは大好き。

鳥がキノコを食べているところは見たことがありませんが
どうなんでしょう? 鳥は木の実が大好物。

これからキノコや木の実が次々と成って、食欲の秋に突入します。
リスも、鳥も、人間も。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:28 | 植物

2019年09月10日

やっぱりグロテスクな朴の実

巨木になった朴(ホオ)の木の実は、下から見上げても全く見えません。

10mくらい離れた所からしか確認できません。
先端の方に成っている。
b190909_8.jpg

まだ完熟前で茶色い、形はグロテスク・・・。
b190909_9.jpg

真っ赤に熟したとしても、人間には決して美味しそうには見えません。

でも、木の先端で真っ赤、サイズが大きいので、鳥にとってはよく目立つ。
完熟すると、いろいろな鳥がこの実を食べにやってきます。
一番多いのはカラスかな?
グルメのカラスがやって来るということは、見かけによらず美味しいのかも。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:10 | 植物

2019年07月24日

切り花の生命力

お正月に買った切り花に入っていた松。
お正月が過ぎてもしばらく花瓶に挿していたら、新芽が出てきました。
b190716_3.jpg
あのまま育てたらどうなっていたか・・・。

ダイコンやニンジンも頭の部分を残していると新しい葉が出てきます。
植物の生命力ってすごい。

一方、庭の宿根草
増えてほしいものは一向に増えず、というより消滅していくのに
増えてほしくないものばかりやたら増殖します。

なかなか思うようにいきません。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:48 | 植物

2019年07月18日

エンレイソウの実

春に咲く野草のエンレイソウ。
長い冬を超えて花は注目されますが、その後はどうなっているのか
知りませんでした。
・・・というか、気にも留めていませんでした。

先日ふと立ち止まった足元に、見覚えのある葉っぱが。

黒い実をつけたエンレイソウ
b190708_2.jpg

初めて見ました。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:37 | 植物

2019年06月21日

いまさらですが、蓮と睡蓮

今まで、あまり区別せずに使っていた「蓮」と「睡蓮」。
どちらかというと、ハスという言葉を多用していました。

ハス、ハスと読んでいたこれは、睡蓮でした。
b190617_6.jpg
函館近郊で見られるのはほとんどが睡蓮ということになります。

蓮と睡蓮の違い。
睡蓮・・・水面近くで葉が咲く。葉に切れ込みがある。
蓮・・・茎を伸ばして高い所で花が咲く。葉に切れ込みがない。 等

学術上の分類も違うようです。
知らないことが多すぎる。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:34 | 植物

2019年06月07日

ツツジも見頃を過ぎて

ツツジといって思い浮かべるスタンダードの色
b190605_11.jpg

白も静かな感じで美しい
b190605_10.jpg

時々薄い黄色や山吹色を見ると、ツツジもいろんなバリエーションが
あるんだなぁと気づきます。

そのツツジも見頃を過ぎ、これからはバラが咲きそう。
いつもは7月に入ってからが見頃ですが、すでに蕾が大きくなってきました。

やっぱり今年は全ての花が早い。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:33 | 植物