2020年09月08日

涼し気な青いアサガオ

庭の青いアサガオ、ヘブンリーブルーが真っ盛り。
b200831_7.jpg

今年はツルバラにからませてみました。
一季咲きのバラの花が終わった後、バラの葉っぱの上で
きれいに咲いてくれています。
一粒で二度おいしい感じ。

ただ、育つに任せていたアサガオのツルは勝手に上へ向かい
上の方だけで花が咲き、下が寂しい状態。
もっとしっかり誘引すべきだった・・・来年への課題です。

この青さがしばし真夏(?)の暑さを忘れさせてくれます。
大好きな青。

9月に入っても真夏のように暑い日が続く函館です。
ほぼ30℃の29℃台が9月は2回、8月は6回。
実際に30℃を超えたのは8月の4回のみ。
感覚的には、全て30℃超えています。
今日もおそらく30℃近く。
今日こそは絶対30℃超えたと思っても、29.9、29.8℃。
いっそ超えた方が諦めがつくのに・・・と変な感覚にすら陥ってしまいます。

この暑さも今日がピーク、あと一日の我慢。
本当にこれが秋?
短くなる日とススキの穂が、唯一秋を感じさせてくれます。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:21 | 植物

2020年07月22日

リスの大好物

たわわに実ったクルミ。
今年は豊作。
b200713_8.jpg

クルミはリスの大好物。
歯の強いリスは、固いクルミの殻を合わせ目に沿って
カリカリかじって割ります。
割るまでに結構時間がかかります。
途中で諦めることもぜす、かなりの忍耐力。

さすがに子リスはまだ出来ない技。
クルミの殻を割れるようになったら一人前でしょう!


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:25 | 植物

2020年06月19日

クサボケ

公園のクサボケ(草木瓜)。
バラ科ボケ属の落葉低木。

b200615_11.jpg

b200615_12.jpg

よく見かけるボケ(木瓜)より小ぶり。
花はそっくり。ボケの野生種だそうです。

名前の通り、草ぼうぼうの中に花が咲いているみたいで
個人的には、華やかさに欠ける印象。

本州以南に見られるという記述が多いですが、函館でも生息しています。
ちなみに、北海道にはないと思われている竹林も
道南(松前や函館)では見ることができます。
北海道は広い!


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:32 | 植物

2020年06月17日

コブシの花

早春に咲くコブシの白い花。

つぼみ
b200615_4.jpg

開花
b200615_5.jpg

開花した花びらの縁が茶色く傷んでいます。
よく見ると、つぼみの状態からすでに傷んでいます。

花数もそれほど多くなく、傷んでいない花やつぼみを探すのが大変。

別の場所で数週間後に咲くコブシは花も少し小さくて、傷んだ花が少ない。

でもここのコブシはいつもそう。
個体差? 品種の違い?

何もない殺風景な早春の公園に咲く大輪の白いコブシは
存在感があって、でも強く主張しないところが大好き。
多少傷んでいても、ついつい撮ってしまいます。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:50 | 植物

2020年06月12日

やっぱり不思議な「はないかだ」の花

公園に生える花筏(はないかだ)。
ネットで調べると、ハナイカダ科の落葉低木とあります。

あまり目立たない存在ですが、不思議な姿を見せてくれます。
真ん中にあるのは花。
b200608_6.jpg

葉っぱの真ん中で咲いている。
b200608_7.jpg

これが、秋になると実になります。
葉っぱの真ん中に実。

花がこんなところから咲くはずがない、
実がこんなところにつくはずがない、
そんな固定観念を捨てないといけません。

それにしても、不思議な造形。
自然の中には不思議な造形がたくさん。
見飽きません。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:14 | 植物

2020年06月02日

一番赤い春もみじ

先日見た公園の「春もみじ」
b200602_2.jpg
今まで見た春もみじの中で、一番赤かった。

赤い葉と青空。
間違いなく秋ではなく、新緑の頃の風景。

森の葉っぱが一気に茂り始め、鳥の声はあちこちでするけど
姿を見つけ出すのが難しくなってきました。

今日も20℃超え予報の函館。
いよいよ庭のバラが咲き始めました。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:01 | 植物

2020年05月28日

春のキノコ

キノコと言えば秋のイメージが強いですが、先日「春キノコ」を発見。

公園の切り株に生える
b200525_1.jpg

このキノコは秋によく見かけたような気がする。

条件が整えば、春でも生えるのかな?
キノコのことは全然詳しくないので、謎だらけ。

そう言えば、サルノコシカケは年中見るし、
早春に函館山で真っ赤なキノコも見たし。
キノコは秋という固定観念は捨てないと。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:06 | 植物

2020年05月26日

不思議なオオウバユリ

不思議な植物、オオウバユリ。

北海道の森林などに自生します。
そのユリ根はアイヌ民族に食されていたことでも知られています。

その姿が実にユニーク。
発芽から、最後の実までの形が次から次へと変化します。

春、葉っぱが茂ってきた頃
b200511_2.jpg
本当はこれの前段があります(写真がないのですが・・・)。
枯れ野から顔を出したばかりの芽は、赤い。

夏に白い花が咲く
b200519_7.jpg
これを見ると確かにユリ科です。

秋の実
b200519_1.jpg

どの姿もユニークで、魅力ある植物、大好きな植物の一つです。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:18 | 植物

2020年05月18日

ゲラニウムの真っ赤な芽

今ではすっかり緑の葉に変わってしまいましたが
庭のゲラニウムはちょっと異色。

雪が融けた後、真っ赤な芽を出します。
b200427_2.jpg

葉っぱもオレンジ色でかわいい。
b200427_1.jpg

殺風景な庭に、鮮やかな赤が印象的。
ものすごく目立ちます。

ゲラニウムは数品種植えていますが、芽が赤いのはこれだけ。
ブルーサンライズという品種。

初夏には淡い紫がかったブルーの花を咲かせる大好きな花。
ゲラニウムが咲くころにはジャングル状態の庭。
そのジャングル化に一役担っているのがこのゲラニウム。
ワサワサ茂って大株になります。
また花が咲いたらご紹介します。

今年はコロナの影響で、いつもより庭をじっくり眺める時間が増えました。
新しい発見の毎日。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:08 | 植物

2020年05月01日

水没したミズバショウ

先日の大雨の後のミズバショウ。

半分水没していました。
b200427_3.jpg

こちらはなだらかな斜面に咲いているので無事。
b200427_4.jpg

泥の中から顔を出すミズバショウ。
地上に出た時には、すでに泥がついていたり、傷んでいたり。

なかなか純白のミズバショウを見つけるのは難しい。
アップで撮らずに、遠景で撮る方が良いかも。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:25 | 植物