2021年10月15日

枯葉とのせめぎ合い

春に見た風景。
フキの葉っぱが窮屈そう。
枯葉が邪魔して思いっきり葉を広げられない。
a211011_1.jpg

a211011_2.jpg
たぶん地面から顔を出した時からいっしょ。

この後どうなったのかは判りません。
フキと枯れ葉のせめぎ合い。

それにしても、今頃まだ春の写真を整理中。
溜まる一方で、なかなか写真の整理が追い付きません。
もっとシャッターを切る回数を減らさないと・・・。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:27 | 植物

2021年09月03日

食べられるタマゴタケ

毎年公園で見かけるタマゴタケ。

先日、今年初のタマゴタケを発見。
土から顔を出した時のたまごの殻ような時期は過ぎ
既に殻をやぶってキノコが出ていました。
a210830_9.jpg

あれっ、かじられてる。
拡大して見たら・・・ナメクジ(?)が正に食べている最中。
a210830_10.jpg

結構どぎつい赤だけど、そんなに美味しいのかな?

ネットで調べたら、鮮やかな色から毒キノコと思われがちだが
食べられる、美味しいとありました。
ナメクジも意外とグルメかも。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:14 | 植物

2021年08月17日

食べごろを知ってるヒヨドリ

鉢で植えているブルーベリー。
a210816_8.jpg

今年は外れ年。
昨年の10分の1も実りません。
それでもヨーグルトに数粒ずつ入れては楽しんでいました。

ブルーベリーは青くなってもまだ食べごろではありません。
表面に白い霜のようなものがついて、大きさも一回り大きくなったら食べごろ。

明日くらいが収穫かな。

翌日収穫しようと鉢の所へ。
あれっ、いくら覗き込んでも青い実がない・・・。
よく見ると下に食べかすが数個・・・。

やられたー!!!
そう言えば今朝ヒヨドリが二羽、庭に居たっけ。

今日は収穫適期、ヒヨドリもそれを知っていたに違いない。
一番おいしい所を持っていかれた、ショック。
それでなくても外れ年なのに。
豊作なら「少しくらいは」と寛容(?)になれるけど
今年はそんな気にもなれない。

来年はネット必須です。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:58 | 植物

2021年08月04日

どんぐりの発芽

秋にいっぱい落ちたどんぐりの実。

春に雪が融けた後通ったら、あちこちで発芽中。
a210719_5.jpg

かなり発芽率が高いと思われ。
これが全てどんぐりの木になったら森は
どんぐりの木だらけになると思われ。

でもそんなことは絶対ないはずで。

生育率が低いから、それを補うために発芽率が高いのか。
発芽したかわいい苗を見ながら
いろいろと考えました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:27 | 植物

2021年06月29日

種まきの楽しみ

雪で覆われる冬期間、北海道では屋外のガーデニングは一休み。

宿根草は地上部を枯らしたり、青い葉っぱのまま雪の布団で冬越し、
一年草は雪が降る前に終了、庭は木以外は何もない状態。
庭がリセットされるので、毎年新たに始まる感覚で嬉しい。

春までじっと待っていればいいけれど、これが待ちきれない。
ついついフライング気味に、雪が降る2月頃には
室内で種まきを始めます。
a210623_1.jpg

まだ寒い4月頃には、ホームセンターや園芸店に
立派に育った花苗が並びます。
一方、自宅の種まき苗はまだはるかに小さい
開花までに時間がかかる・・・。
うーっ、買いたい・・・。

でも我慢、我慢。

ここはぐっとこらえて、開花を待ちます。
そうやって咲かせた花は感動もひとしお。
a210623_2.jpg

これだから冬の種まきは止められない。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:53 | 植物

2021年06月03日

ツツジも早かった

2週間早い桜の開花から、梅、藤、チューリップなど・・・
全ての植物がいつもより早く開花している函館。

ツツジもやっぱり早く開花。
a210531_9.jpg

6月初旬で20℃超えの日が続いて、すでに初夏の陽気。

それに合わせてか、小鳥たちの巣立ちも今年は早くなりそう。
庭の巣箱のスズメ(シジュウカラの巣を乗っ取った憎きスズメですが)
も餌をねだるヒナの顔が見えるようになりました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:31 | 植物

2021年05月24日

山吹の花

近所の公園の山吹の花。
a210517_8.jpg

いつもは北側の日当たりの悪い遊歩道が
パーッと華やかになります。
耐陰性の貴重な花。

最初に一重の花が一斉に咲き、終わった頃に八重の花が
咲き始めます。

一重の花は自分が思っている「山吹色」よりは少し薄いめの印象、
八重はそれより濃いめ、いわゆる山吹色。

現在は八重の花が見ごろです。

ソメイヨシノや山桜が咲いて、八重桜が咲き、
山吹やフジなどたくさんの花が次々と咲き出して
一気に夏へ向かいます。

それにしても、今年は何もかも早い。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:15 | 植物

2021年05月11日

函館山のエゾエンゴサク

函館山の登山道を歩くと数はそれほど多くはありませんが
エゾエンゴサクを見かけます。

a210426_13.jpg

開花状況によって水色、青、紫と花色が変化。

函館山は年中何かしらの山野草が楽しめます。
桜の季節が終わり、緑が鮮やかになってきました。

日曜日は函館にも黄砂が飛来。
霧でもないのに、函館山がうっすらしか見えませんでした。

函館山は、季節や気象状況によって見え方が全く違う。
離れた所からも木々の1本1本まで見えそうなくらいくっきり見える日、
霞んで見える日、山自体が全く見えないことも。

函館山が見える場所ではついつい見てしまう・・・
函館山はやっぱり函館のシンボル的存在。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:41 | 植物

2021年05月06日

何度見ても不思議な花 マンサク

落ち葉だらけの地面の茶色、
葉を落とした広葉樹の幹のグレーだけが目立つ世界。
そんな地味なトーンの早春にどの花よりも先に咲く「マンサク」。

独特の形状。不思議な花。
a210419_12.jpg

a210419_13.jpg

決して華やかな花ではないけれど
離れてみると全体的にふわっとした柔らかいフォルム。
朝日が当たるとキラキラしてきれい。

写真を撮っていたら
散歩のおじさんが「これはこれから咲くの?」
「今が満開です」と私。
おじさん、すぐさまスマホを取り出して写真を撮り始めました。

その後、自分がその場を離れてもしばらく寄ったり離れたりして
一生懸命写真を撮っていました。

おじさんをも惹きつける不思議な花、マンサク。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:29 | 植物

2021年04月27日

梅も咲く

桜が咲く少し前に、日当たりの良い場所の梅が咲き始めました。
a210419_3.jpg

北海道ではほぼ同時。
チューリップ、スイセン、芝桜も咲いて一気ににぎやかになります。

桜同様、あらゆる花が今年は早い。

でも、気温はあまり上がりません。
だいたい15℃くらい。
風がなければ過ごしやすい陽気ですが、
春の函館は風が強いので体感気温はもっと低い。
寒く感じます。

昨日は、自宅近くで突風が発生。たぶん超局地的。
怖くなって庭からあわてて玄関に駆け込みました。

今年のゴールデンウィークは連日雨予報の函館。
こんなに雨が続くのは、記憶にないくらい毎日傘マーク。
新型コロナが蔓延しているので
外出は自粛しなさいということでしょうか。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:51 | 植物