2017年03月14日

熱帯植物園の愛嬌のある猿

たびたび登場する函館の熱帯植物園の温泉猿です。

温泉を飲もうとしている?
b170306_0005.jpg
効能を知っている?

本当に見飽きません。




ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:42 | 動物

2017年02月02日

動物の足あと

動物の足跡3連発です。

b170131_dc0918390.jpg
これは川原のカモ類。

b170131_dc1126222.jpg
キタキツネ。一直線なのが特徴。

b170125_dc0207201.jpg
これはエゾリス。
思いっきり走り回っている時は
習字のハネみたいにもっと躍動感があります。


雪の中で見つける足跡は格別。
どんな動物なのか、走ったのか、歩いているのか
空想が尽きません。

新雪についた人間の靴底ですら、それぞれ特徴があって面白い。

雪国の密かな楽しみです。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:39 | 動物

2017年01月30日

温泉猿 ダイビングはしなかったけど

先日ローカル局で、熱帯植物園の温泉猿が湯船に豪快に
ダイビングする映像が紹介されました。

それが見たくて行ったわけですが・・・

入口でチケット購入中に「わ〜っ」と大歓声。
「たぶん今ダイブしたんだ」

あわてて駆けつけたものの、残念ながらそれ以降
ダイビングはなし。

しばらく眺めてみる。

お母さんにおんぶ、仲の良い親子猿
b170123_dc0115137.jpg

お母さんが湯船から出ようとしたら
上の小猿が、お母さんの背中を思い切り蹴って
踏み台にしてジャンプ!
コラッと睨みつけるお母さん

突然の出来事であわててシャッターを切ったら
小猿が身切れてました。
b170123_dc0115138.jpg

ダイブはなかったけど、面白いシーンが見られて大満足!

熱帯植物園の中に入ったら入口のモニターで
ダイブの映像が流れていました。
YouTubeでもよく見られてるみたい。
近くなのに知らなかった。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:57 | 動物

2017年01月28日

冬のお馴染み 温泉猿

冬と言えばこれ、函館熱帯植物園の温泉猿。
すっかり有名になりました。

何もそんなにくっつかなくても・・・
b170123_dc011584.jpg

打たせ湯?
b170123_dc0115128.jpg

いくら見ても飽きませんね。

開園早々に行っても、外国人観光客で結構賑わってます。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 16:09 | 動物

2017年01月07日

函館公園のシマリス

函館公園にある小さな小さな動物園のシマリス。

b161222_4.jpg

ガラス張りの室内の部屋にいます。

野生のシマリスは、エゾリスと違って冬眠するので
冬は見られません。

春から秋には函館山登山道の途中の石垣あたりで
よく見かけます。
それ以外で野生のシマリスを見たのは、樽前山と札幌の円山公園だけ。
函館近郊では他に見たことがありません。

同じリスでもエゾリスとは生態が全く違って、どちらも面白い。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 18:01 | 動物

2016年12月19日

まだ鮭が遡上

まとまった雪が降ったかと思ったら、翌日には8℃の気温。
ほとんど雪がない函館です。

そんな中、近所を散策していたら、お世辞にもきれいとは言えない小さな川で
傷だらけになって遡上する鮭を発見。
ここで鮭を見たのは初めて。しかもこんな時期に。
全部で4匹くらいいました。

b161219_0.jpg

寄り添いあう2匹。
b161219_2.jpg

今度は3匹。
b161219_1.jpg

あまりいい写真ではないのですが・・・
川の水の色は見たままです。はっきり言って汚いです。

ガンバレ! そう思わずにはいられません。

  

ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:12 | 動物

2016年12月07日

公園でくつろぐキタキツネ

いるはずのない動物が目の前にいるとビックリします。

ただ、「いるはずがない」と思っているのは人間だけ。
動物には境界がないのでどこへ行こうが自由。

最初に見たときにはビックリしました。

b161201_1.jpg

妙に人馴れした感じで、大きなズームでもないレンズで
至近距離で向き合いました。

向こうが座っているので、ことらもしゃがんでレンズを向ける。
時間がたつうちに足がガクガク。
一定の距離(7、8m?)を保っていれば全く動かない。

しばらくの間、無言で向き合って
不思議な時間が流れました。

その後、数回見かけましたが
こんなに近寄れたのは、この時1回きりでした。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:43 | 動物

2016年12月06日

雪原にキタキツネの足跡

雪原にまっすぐ伸びるキタキツネの足跡。

b161128_5.jpg

キタキツネはほぼ一直線上に足を進めるので、
足跡を見るとすぐ判ります。
歩く姿が姿勢良く見えるのも、納得。

この足跡の主は、どんなキツネなのか
メスなのか子供なのか
いろいろ想像してしまいます。

まだ冬は始まったばかり。




ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:17 | 動物

2016年11月30日

夏の思い出 移動動物園

今年の夏、大沼のポロト館に来ていた移動動物園を見てきました。

猿劇場の主役。
ちょっと一休み。
b161122_2.jpg

エサを欲しがるヤギ。
b161122_3.jpg

ちょっと悲哀も感じますが、昭和の雰囲気がして
何となく懐かしい空間でした。




ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:30 | 動物

2016年11月14日

キタキツネに出会った

突然の積雪の後、数日で雪がすっかり消えた函館です。

先日、函館空港の先で、キタキツネに出会いました。

b161114_1.jpg

望遠でこのサイズなのでかなり遠く。
ただ、貧相な夏のキタキツネと違って、明らかに遠目でも冬毛に変わっていて、
冬の準備万端といったところ。

拡大するとこんな感じ。

b161114_2.jpg

北海道の人はキタキツネやヒグマによく出会っている、と勘違いされるのですが、
決してそんなことありません。

キタキツネ見たの何年ぶりかなぁ。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:47 | 動物