2022年12月23日

函館山の裏側

函館山、牛が伏せたように見えることから別名「臥牛山」。
言わずと知れた函館のシンボル的存在。

でも、牛が伏せたように見えるのは函館市街から見た姿。
裏側、北斗市側から見ると全く様子が違います。
a221219_6.jpg

表側の立待岬なども断崖絶壁ですが、裏側はほぼ全てが断崖絶壁。
a221219_7.jpg

この表側、裏側という言い方・・・で思い出すのが
以前静岡に住んでいた時の事。

静岡県内ではかなり広範囲から富士山が見えます。
冨士山はシメントリー(左右対称)と思われがちですが
静岡側と山梨側では明らかに形が違います。

静岡県人はほとんどの人(全員?)が、静岡側から見る方が「表」
山梨県側は「裏」、表側が美しいと思っています。
山梨県人は当然真逆。

北海道出身の自分は、どちらから見る富士山も大好きだったので
表裏はあまり意識しなかった。
富士山がきれいに見えた日はテンションが上がったし
富士山が毎日見える生活は本当に幸せでした。

ひょっとして函館山も表、裏という表現は問題がある?
東側、西側と言った方がいいかな・・・
やっぱり表裏じゃないとしっくり来ない。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:29 | 函館

2022年12月16日

赤い靴の女の子

函館のベイエリアにある赤い靴の女の子の像。
a221212_2.jpg
童謡「赤い靴」のモデルきみちゃんの像
静岡から函館に母と移り住んだきみちゃんは
病弱だったためアメリカ人宣教師に預けられ
函館が母子別れの地になったとか。

2009年にこの地に設置されたということ。

見慣れた像ではありましたが、先日初めて「赤い靴」に気づきました。
a221212_3.jpg
見ているようで見えてない事って結構ありますね。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 12:49 | 函館

2022年12月14日

ハリストス正教会の工事

元町にあるハリストス正教会、通称ガンガン寺
11月に訪れた時はこんな状態でした。

耐震工事中でほとんど姿が見えません。
a221212_8.jpg

工事内容
a221212_9.jpg

その後、12月に入って足場が撤去され
きれいになった外観が見られるようになったと新聞に載っていました。
外観が姿を現したのは2年ぶりとのこと。

内装工事や正門の耐震工事が続くので
境内に入れるようになるのは2023年の春とのこと。

外観が見られるだけでも良かった、良かった。
現在はライトアップも再開しています。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:49 | 函館

2022年12月13日

公会堂の紅葉

旧函館区公会堂が3年にわたる耐震工事を終えて
きれいな姿を現したのは昨年4月のこと。

それまでは足場がかかっていたり、ネットで見えなかったり。
この間訪問された方は、本当に残念だったと思います。
是非もう一度お越しいただきたいと思います。

ベールを脱いだ旧函館区公会堂は、本来の色はそのままで
色鮮やかにきれいになっていました。

こちらは今年の晩秋の様子(現在ではありません)
a221212_4.jpg
裏の方にこんなに立派なイチョウの木があることを初めて知りました。
見事な黄色いじゅうたんと、鮮やかな色調の洋館がぴったり。

門にからまるツタも紅葉していい雰囲気
a221212_7.jpg

地元民でも新たな発見が多い元町地区です。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:44 | 函館

2022年12月07日

ジャズが似合う赤レンガ倉庫

12月1日から金森倉庫があるベイエリアで
クリスマスファンタジーが始まった函館。

これは2週間くらい前の写真
a221205_1.jpg
倉庫の壁面にサンタクロース出没
すでにクリスマスモードでした。

このあたりを散策する時はいつも観光客モード
そんなに頻繁には行かないので、行く度に新しい発見があり
地元民でも楽しめます。
このあたりの古い町並みの雰囲気が好きです。

レンガの壁面にレトロな雰囲気の外灯
a221205_2.jpg

歩道の杭と同じ色の自転車
a221205_3.jpg

どれも絵になる!

そして、歩いていると聞こえてくるジャズ。
これがまた街の雰囲気に良く似合う。

寒いのは苦手だけど、久々にクリスマスファンタジーに
出かけようかな。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:39 | 函館

2022年11月07日

昨日の香雪園

昨日の香雪園の紅葉。

a221107_7.jpg

新聞によると今が見頃とのこと。
10日くらいまで楽しめそうとか。

これが見頃だとすると、やっぱり今年の紅葉は
ちょっと残念な状態だったのかも。
毎年見ているだけにそう感じます。
もっと、もっときれいです。

駐車場から園内に入った瞬間に感じる「わー、すごい!」が薄い。
もちろん見頃の木もありますが、紅葉のピークが揃っていないというか
ピークの木が少ないというか、鮮やかさに欠けるというか・・・。

そうは言っても大好きな風景は撮ってしまう
a221107_8.jpg

毎年同じじゃないから、きれいな年の感動がより大きくなるのかも。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:57 | 函館

2022年10月21日

志海苔館跡

本当に久しぶりに志海苔にある「志海苔館跡」を
訪れてみました。

前回訪れたのはほとんど記憶にないくらい昔のことで。
一つだけ覚えているのは、「マムシ注意」の看板があったこと。
小学校の遠足で、その看板を見た途端みんなビビってしまい、
恐々お弁当を食べたのだけは覚えています。

ここには和人の館がありました。
a221017_3.jpg
それがアイヌの蜂起で落とされたとか。
500年以上も前のこと。

津軽海峡を望む高台にあります。
遠くに見えるのは函館山。
a221017_5.jpg

土塁が立派。
a221017_6.jpg

中には発掘調査で判った建物の柱跡などが。
a221017_4.jpg
ものすごくきれいに整備されていました。
駐車場もないし、アクセスも悪いので訪れる人は少ないのかも。

駐車場を整備して、もっとPRすれば
訪れる人が増えるような気がしますが。
あまり人に知られずに存在してきたので
これだけきれいに保たれたのかもしれません。

一角に石崎地主海神社の看板と、和人・アイヌ双方の慰霊碑があり、
1970年から毎年双方の犠牲者を追悼する行事を行っているとのこと。
ここでは敵も味方もない、命を落とした人みんなが安らかに・・・
との思いでしょう。

こんな近くにそんな歴史があったとは・・・
まだまだ知らないことが多すぎる。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 15:12 | 函館

2022年10月19日

根崎グランド

湯の川にある根崎グランド。
サッカーや、野球、アーチェリーができますが
何と言っても一番有名なのがラグビー場。
正式には「根崎公園ラグビー場」と言うらしい。

専用のラグビー場は貴重な存在です。
道内でも函館でラグビーが人気があるのは
ここの存在が大きい。

いつからあるのか歴史はわかりませんが
かなり古くからあったはず。
近所に住んでいたので、小さいころからラグビーは身近にありました。

散歩中、回収し忘れたラグビーボールを見つけて
蹴ったり投げたりして遊んだり。

その根崎グランドに久々に行って見たら
a221017_2.jpg

ええーっ、ゴールポストがない、変な道も出来ている!
ラグビー場どうなるの?

家に帰ってネットで調べたら、水はけ等の改修工事を
1年かけて行うということが判りました。
令和5年6月までは使用できないとのこと。
スタンドも新しくなるようです。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:29 | 函館

2022年09月06日

函館グルメサーカス

食のイベント「函館 グルメサーカス」が
9月3日〜4日、3年ぶりに開催されました。

遠く、函館山から望む
a220905_1.jpg
手前の茶色い建物が函館市役所。
その左側、グリーンベルトが会場。

テントが並ぶ
a220905_2.jpg

現地には行かず、山の上から眺めただけの自分です。

まだまだコロナ前の状態には戻っていませんが
天候にも恵まれて大盛況だったようです。

少しずつながら日常に戻りつつあります。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:45 | 函館

2022年08月26日

湯倉神社の「夏詣」2

湯倉神社の「夏詣」ネタのつづきです。

しばらくぶりに訪れた湯倉神社で変わっていたこと。

「うさぎ」の存在が大きくなっていた。
おみくじの種類が増えていた。

a220816_13.jpg

うさぎのおみくじ
a220816_15.jpg

いかのおみくじは釣り上げる方式
a220816_16.jpg

他にも風鈴形等、いろいろありました。

うさぎに関しては、神兎(なでうさぎ)の像が設置されており公式サイトを見たところ
『神話「因幡の白うさぎ」に因み、御祭神の御神徳を広く御参拝の皆様にお受けいただきたいと願い、当社創建360年(平成26年)を記念し御神前に設置致しました。』(公式サイトより)とありました。
わりと最近のことのようです。

時代と共に変化する最近の神社です。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:01 | 函館