2021年03月03日

コクガンの目当ては

春間近の穏やかな日、沖合では養殖ワカメ漁の漁船がたくさん。

今の時期のワカメは柔らかくて特に美味しいとか。

漁をする漁船の方向へ、コクガンが横一列で
飛び始めました。
a210222_6.jpg
後ろ向きの鳥は全てコクガン。
その先の丸いものは漁場の目印の浮き。

a210222_7.jpg
丸い浮きの近くに次々着水。

まさか、ワカメを食べないでしょうね・・・。
磯にはたくさんの天然の海藻があるのに・・・。
春先のワカメの美味しさに気付いてしまった?

漁師さんの邪魔はしないでね。
害鳥扱いされたら、のどかな春の風物詩が見られなくなる。
人間とコクガン、うまく共存できるといいな。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:16 |

2021年03月02日

行き違いの?カワアイサ

よく行く川にカワアイサのペアが。
二羽並んで、スピードを合わせて進んで行きます。

白黒のオスが彼女の方を見る。
a210222_8.jpg
メスはお構いなしに毛づくろい。

少し進んで今度はメスがオスの方へ熱い視線。
a210222_9.jpg
オスは頭を後ろに傾けて休憩中。

しばらく眺めていましたが、結局見つめ合う瞬間は
撮れずじまい。

春は恋の季節。
川でも、山でもペアの鳥が目立つようになりました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:34 |

2021年03月01日

コクガンの小競り合い

海岸に注ぐものすごく細い川や水が流れる場所に
コクガンは水を飲むためにやってきました。

先に水を飲んでいたグループは10羽。
後からやってきた2羽と、最初に飲んでいた数羽が「ギャーギゃー」
鳴き出した。これって小競り合い?
a210222_5.jpg

「この場所は俺たちの水場だ!」
「そんなこと言わず飲ませろよ!」

このシーンはよく見かける。
小グループで行動することが多く、派閥みたいのがあるのかな?

しばらくギャーギャー鳴きあった後
みんな一緒に沖へ飛び去ってしまいました。
「コクガン語」が判ればなぁ・・・。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:45 |

2021年02月25日

発信器を付けたコクガン

GPS発信器をつけたコクガンが函館の海岸で発見されたという
ニュースを今冬初め頃に新聞で見ました。

その後すっかり忘れていたのですが、先日立ち寄った海岸で
初めて発信器をつけたコクガンに遭遇。

10羽以上の群れが夢中で岩場や、海上に漂って海藻を食べている中、
そのコクガンは少し離れた所にポツンと一羽で立っていました。
a210215_14.jpg

最初は気付かず撮影。

あれっ、背中に何か付いている。
a210215_15.jpg
四角い黒いものが。これ発信器?

足元を見ると右足に黒っぽい環、左には黄色い足環。
a210215_16.jpg
左足の方は文字まで見える。

そうか、どこかで発信器を付けられたんだね。

それにしても・・・
他の群れと離れて行動、しかも人間が近づいてもあまり逃げず・・・
そんなキミだから発信器対象に選ばれたのかなぁ
と変に納得したのでありました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:49 |

2021年02月22日

イケメンのジョウビタキ

最近近所の川でコンスタントに出会えるジョウビタキのオス。
シルバーのおかっぱ頭、目がクリクリ、美しい羽根の色
間違いなくイケメンさん。
赤い実をパクリ。
a210208_5.jpg

ただ混んだ枝の中を移動することが多く
すんなりとは撮影させてくれません。
a210208_6.jpg

繁殖期以外は縄張り意識が強い鳥なので、おそらくこの河原には
この子一匹。

もう少しここに居てくれるかな。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:06 |

2021年02月19日

今年もレンジャクがやってきた

昨冬はレンジャクの当たり年。
函館市はナナカマドの街路樹が多いせいか市内の至る所で
キレンジャク、ヒレンジャクが見られました。

今冬も、昨冬よりは少ないようですがレンジャクの群れが
来てくれました。
自分の鳥見人生(?)の中では2番目の多さ。

a210215_8.jpg

a210215_9.jpg

シーズン初めは尾っぽが赤いヒレンジャクがほとんど
最近は尾が黄色いキレンジャクが多いようです。

鈴の音のようなきれいな鳴き声で飛んできます。
レンジャクの仕業か、市内のナナカマドの赤い実は
ほとんど無くなりました。

春まであと少し。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:02 |

2021年02月17日

公園のカケス

今冬はカケスが多いような気がします。
公園には秋ごろから見られました。
今でも、カケスは公園に行けばほぼ100%の確率で出会えます。

a210215_3.jpg

いつも思うのですが、羽色の美しい鳥です。
a210215_4.jpg

地声はギャーギャー、他の鳥のモノマネが上手。

渡り鳥は、年によって多く見られる鳥が違う。
今冬は初めてベニヒワの大群を見ました。
逆に極端に少なくなった鳥も。コミミズクとか。

鳥は気候の変化に敏感な証拠。
それに比べて人間は何と鈍感なことか。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:20 |

2021年02月15日

カラスがくわえるもの

カラスをよく見ると、いろんなものをくわえています。

白い長い物
a210215_5.jpg

鉄塔に止まる。白っぽいものをくわえている。
a210215_6.jpg

こちらはあきらかにビニールゴミ
a210215_7.jpg

あるときは食べ物、ある時は巣材?

先日は雪のかたまり、氷をくわえて飛んでいました。
こちらは水分補給?


気温が8℃くらいの日もあり、春を思わせる最近の函館です。
そんな中、リスも鳥もあちこちでペアで行動、
恋の季節を迎えています。
春にはかわいい子どもが見られるでしょう。

それなのに・・・爆弾低気圧が北海道に近づいています。
今週中ごろはかなり荒れそう。
等圧線の細かさが今シーズン最高とのこと。
等圧線が狭いほど暴風雪がひどくなります。
どうか、大災害が起きませんように。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:11 |

2021年02月12日

キンクロハジロが潜る瞬間

冬になると近所の川にやってくるキンクロハジロ。

オスは白黒のツートンで目立つ。

川に潜ってエサを捕ります。
突然ヒョイっと潜るので撮るタイミングが掴みにくいのですが
先日珍しく潜る瞬間の顔をとらえることができました。
a210208_7.jpg

拡大するとこんな感じ。
a210208_8.jpg
しっかり目を開けている。
やっぱり泳ぎ上手は目を開けるんだー。

・・・というか、目を開けないと魚が見えないか・・・。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:17 |

2021年02月10日

向こうから寄ってきたアトリ

群れで行動する鳥は小さい鳥が多く、警戒心が強い。
弱いから群れで行動する。
アトリもその一つ。

人が近づくとパーッと木の上に避難したり、遠くへ飛び去ったり。
なかなかいい写真を撮らせてくれません。

ところが先日出会ったアトリはちょっと違いました。

坂を上がっていくと、遊歩道の上にアトリ発見。
a210208_3.jpg
地面に落ちた木の実か何かを食べている模様。

ここでいつもの自分なら、「あっ、アトリがいた!」と
ゆっくり静かに近づくところ。

この日はグッと我慢。
動かずその場で写真を撮り続けました。

すると、アトリは下に人がいるにもかかわらず
どんどん坂を下ってくる。
a210208_4.jpg
こんなに近くで撮れました。

そうか、鳥は動くものが怖いんだ。
ちょっと自分の行動を変えるだけで状況が変わる。
今後に活かそう!

・・・とは言いつつ、鳥を見つけるとついつい近づきたくなる性分。
果たして実行できるか。自信ない・・・。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:13 |