2022年03月25日

ミコアイサとカイツブリ

冬になるといつも会いたいと思うミコアイサに
大沼でやっと出会えました。
しかも2回行って2回とも。

単独で出会うと、警戒心が異様に強くて
ちょっとした人間の気配ですぐに逃げてしまいます。

でもここは、白鳥やカモ類が多く飛来する場所。
多少警戒心が薄れたのか、ちょっとだけ近くで撮らせてくれました。

ミコアイサ、漢字で書くと「巫女秋沙」。
オスの羽が巫女の白装束のように見えることから名付けられたとか。
何となく宇宙的で好きな鳥です。

そのミコアイサがカイツブリと遭遇。
a220307_16.jpg

至近距離を通過、お互いチラ見もせず通り過ぎていきました。
a220307_17.jpg

あれから1か月、もう北へ飛び立ったかな?


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:02 |

2022年03月23日

キジの夫婦

いつもの川で出会ったキジさん。

茂みの中にいるメスのキジを発見。
a220307_12.jpg
隠れているというより日向ぼっこでもしている感じ。
目がぱっちり、かわいい。
珍しく近距離でカメラを向けても逃げようとしません。
長い時間撮影させてもらいました。

次に中洲の茂みに目をやると何やら動くものが。
a220307_13.jpg

あっ、キジのオス。
落ち穂か何かを探しているみたい。
その後も茂みの中を移動、結局開けたところへは
出てきてくれませんでした。

さっきのメスはオスの帰りを待っていたのかな?

このまま行くと、春にはキジの子どもが見られるかも。
この場所は2年前、子供が巣立つところに運よく出くわした場所。

淡い期待を抱いていたら、その後、川の改修工事や
遊歩道のフェンスの取替工事が始まって
メスがいた茂みの木も半分くらい刈られてしまいました。
これじゃあ、巣作りはムリ・・・。

キジの夫婦は何処へ?


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:46 |

2022年03月18日

ホオジロガモのペア

少し前のまだ雪が残る川で出会ったホオジロガモのペア。

一緒に移動したり
a220307_10.jpg

時にはそっぽ(?)向いたり
a220307_11.jpg

春が近づくにつれ、ペアの鳥があちこちで
見られるようになりました。

ホオジロガモもオスがいると分かるけど
メスだけだと一瞬「誰?」となります。

春です、春です。

それなのに明日はまたまた大荒れの予報。
北海道でも場所によっては雪が50cm位降るとか・・・。
どうかそこまで酷くなりませんように。

今時期の雪は水分を含んで5cmでも重いのなんの。
庭ではスノードロップやクリスマスローズが顔を出したというのに。
簡単には春になってくれないようです。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:44 |

2022年03月17日

三角関係のカワアイサ

いつもの川のカワアイサ。
オスが2羽はよく見た光景。

この日はメスを初見。
a220307_7.jpg

2羽のオスがメスを追いかけ始める。
前の方を行くオスが後ろのオスに「あっちへ行け!」
a220307_8.jpg

この攻防を数回繰り返した後、
突然前のペアが申し合わせたように飛び立ってしまった。
a220307_9.jpg

後ろのオスは一瞬ついて行こうと試みたけど、結局置いてけぼり。
・・・なんとも切ないカワアイサ模様でしたとさ。

今朝初めて北へ向かう白鳥の群れを見ました。
30羽以上いたでしょうか。
いよいよ春がやってきます。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:21 |

2022年03月16日

ダイサギとアオサギの距離感

いつもの川の日常の風景。

エサ探しに夢中のダイサギとたそがれるアオサギ
a220307_5.jpg
かなり距離が近い。

a220307_6.jpg

でも、アオサギは微動だにせず。視線も一度も合わせない。
ダイサギも「あんた邪魔よ、どいて」なんて言わず
マイペースで魚を探す。

のどかな日常の風景。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:58 |

2022年03月15日

かわいいベニマシコ

冬の野原のベニマシコ。
胸が赤いのはオス。
a220307_4.jpg

首を傾けてこちらを見るポーズ、かわいい〜
a220307_3.jpg

実を食べる時によく見かけるので
枝がゴチャゴチャしたツル性植物や茂った藪にいることが多く
撮影が大変。

雪原に少しだけ残るヨモギやセイタカアワダチソウの実を
食べるベニマシコに出会えた時はラッキー!


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:49 |

2022年03月14日

冬に見たマガン

白鳥は冬に必ず見るけど、函館でマガンを冬に見たのは初めて。

落ち穂を食べる白鳥の群れから少し離れて
彼らはいました。
最初何なのか判らず、よく見たらマガン。
a220307_1.jpg

a220307_2.jpg

次の週も同じ場所で目撃、そんなことが3週位続いたでしょうか?

気が付いたら2羽のマガンはそこからいなくなっていました。
もっと南下したのか?
このあたりの別の場所へ移ったのか?

春先には北へ帰るマガンの群れを上空で見ることができます。
函館をスルーしてもっと北へ向かうことが多いけど
運が良ければ(?)函館の隣北斗市の大野平野あたりで
中継、一休みする大群に遭遇することもあります。
年によって状況が全く違うので、今春見られるかどうかは不明
鳥次第、気候次第。

函館の雪もそろそろゼロになりそうです。
ちなみに函館の根雪がゼロになる平年値は3月10日
過ぎてしまいました。
函館の春特有の風が強い日が増えてきました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:10 |

2022年03月11日

大荒れの日のコクガンとカモメ

今年はあまり海岸に行っていないので
コクガンにもあまり出会えていません。

海藻を食べる鳥なので磯が出ている時間
つまり干潮に近い時間の方が出会える確率大。

この日は、吹雪の荒れた日。
海は干潮か満潮かもわからない荒れよう。

そんな中、いました、いました
テトラポットの手前、穏やかな場所に避難中。
a220228_13.jpg

テトラポットの上には身を低くして風雪に耐えるカモメたち。

テトラポットは砂浜や人間だけでなく、鳥も守ってくれるみんなの味方。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:14 |

2022年03月10日

波打ち際のカルガモ

過去にも触れたことがありますが
カルガモを海で見かけるとちょっと不思議な感覚がする。

波打ち際を移動するカルガモ
a220228_12.jpg

カルガモは川の鳥、淡水の鳥・・・と勝手に決めつけているから。
TVで取り上げるカルガモのお引越しはほぼ100%
川や都会の池が舞台だし。

でも、実際海に行くと普通にカルガモが群れでいます。
たまに沖の方へ飛んでいくことも見かけるし。

同じようなパターンでアオサギもそう。
海でアオサギを見るとドキッとする。
カワセミも然り。
近くに小川もないような海岸で岩に止まるカワセミを
見かけたことがあり、ドキッとしたことがあります。
鳥が生きる場所は自分が思っているよりずーっと広い。

固定観念って、思考する世界を狭くするのでちょっと怖い。
もっと柔軟な頭を持たないと。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:47 |

2022年03月09日

海岸のチドリとシギ

昨年末くらいから、海岸に行くと必ず会える鳥。

シロチドリ5羽とハマシギ1羽。
a220228_10.jpg

「ウォーリーを探せ」じゃないけど
砂浜の色と保護色で、最初は探すのが大変。

それが、行く回数が増すにつれ
目も慣れてきました。
よしよし、まだいる。

それにしても漂着ゴミの凄まじさ。
a220228_11.jpg

もっときれいな背景で撮りたいよー。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:27 |