2021年09月22日

川で魚を捕るウミウ

川の下流にやってくるウミウは2羽程度。

いつもお決まりの流木に止まっている鵜と、動き回って魚を探す鵜。
お気に入りの場所に止まる鵜は、長時間そこでジーっとしています。
さすがに止まる木が満潮で隠れるとその場を離れます。

魚を捕るのは大の得意。
a210914_10.jpg

潜ったと思って、上がってくる所を撮ろうとすると
かなり離れた場所から顔を出す。
a210914_11.jpg
カメラマン泣かせです。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:26 |

2021年09月21日

時々アクティブなゴイサギ

いつもの川にはどのくらいゴイサギがいるのか?
全員顔を出すわけではないので正確なことは判りませんが
最低でも7羽くらいはいます。
幼鳥の「ホシゴイ」の方が多数。

川に行くと「ゴイサギを探せ」。
茂みの中に隠れたり、時には体全体を出して日向ぼっこ?
川でエサを捕ろうとしたり。

a210914_7.jpg

a210914_8.jpg

たまに飛んだりして。
a210914_9.jpg

他の鳥がいなくても、何かと楽しませてくれるゴイちゃんです。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 15:42 |

2021年09月17日

カラスとの戦い

道端に捨てられたドリンクカップの残りを
夢中であさるカラス。
a210914_4.jpg

嗅覚が優れているのか、目が良いのか
とにかくゴミある所にカラスあり。

燃えるごみの日は要注意、
出し方を間違えるとすぐにカラスにやられます。
函館市のごみの出し方は、決まった収集所に出すのでなく
家の前に個別に出す方式。
戸建ての家庭では箱型のスチールのごみ箱や
折りたたみできるものなど、各自で用意。

箱型の網目状のゴミ箱でも、端っこに置くとカラスが
網目の隙間から嘴を突っ込んでゴミをあさります。
ネットをかぶせる方式も同じ。
ネットの隙間からつつきます。
一度荒らされると、どうしたらカラスにやられないか考えます。

こうやってカラスにつつかれないゴミ箱が改良されていくのかも。
ゴミ箱の進化の裏にカラスあり・・・かも。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:18 |

2021年09月15日

ヤングカワセミの挑戦

いつもの川のカワセミ。

幼鳥くんのようです。
只今独り立ちの修行中。

干潮で土が出た所に立っています。
a210914_1.jpg

突然、目の前の川にダイブ。
あわててシャッターを切ったのでボケボケ。
a210914_2.jpg

長ーい魚をゲット! まさかのタチウオ? 川だけど。
a210914_3.jpg
残念ながら長ーい枝でした。

大人になると川辺の枝先に止まってダイブしたり、
水上でホバリングして狙いを定めてダイブするけど
この子は、地面から突然ダイブ。

上から見た方が魚は見やすいと思うけど・・・
まだ難しいのかな?

ヤングカワセミくんの挑戦は続く。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:08 |

2021年09月13日

スズメの親子

川でみかけたスズメの親子。

左側が幼鳥。
嘴が黄色いのですぐ判ります。

口を開けておねだり。
お母さんはちょっと無視。
a210906_5.jpg

お母さんが餌を探しに行くと枝の真ん中の目立つ場所に移動して
じーっとお母さんの帰りを待つ。
a210906_6.jpg

動いたらダメよと言われているのか
全く動かない。
お母さんに甘えられるのもあと少し。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:54 |

2021年09月10日

首を伸ばすカルガモ

川で100%の確率で出会えるカルガモ。

いつもは川岸の茂みの下を進みながら餌を食べていますが
この日は合流する小さいほうの川で何やらいつもと違う動き。

遠目からも、いつもより動きが激しく
というか変に見えました。

近寄ってみると
a210906_8.jpg
首を大きく伸ばして何かしている。
首を伸ばしても届かない時は水面から上に向かってジャンプ。

どうやら、護岸コンクリートの壁面についたコケのようなものを
食べているみたい。

それにしても・・・カルガモもあんなに首が伸びるんだ
水面から真上にジャンプもできるんだ。
そうまでしても食べたいコケ、どんなに美味しいんでしょう。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:16 |

2021年09月09日

アオサギが飛ぶシルエット

上空をアオサギが飛ぶ姿を見ると
改めて大きい鳥だなぁと思います。

田んぼや河原など、地上に下りている時は
そんなに大きいとは感じないけど。

ネットで調べたら、日本にいるサギでは一番大きいとのこと。
全長90pくらい、羽を広げると160pあるとか。
どおりで大きく見えるわけだ、と納得。

曇天や逆光でシルエット状態の飛翔姿ですが。
a210906_1.jpg
首を少し曲げて独特の飛び方。

こちらはギャーギャー鳴きながら飛翔。
a210906_2.jpg
お世辞にもきれいな声とは言えない・・・。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:36 |

2021年09月07日

見分けがつかないカモメの幼鳥

成鳥でも何の種類かよく分かっていないカモメ。
幼鳥だとなおさら判りません。
色が茶色なので幼鳥だと判るけど。

テトラポットにカモメの幼鳥がたくさんいました。

この子は誰の子?
a210830_8.jpg

大きさは成鳥と変わらない。

どうしてカモメの区別ができないのか・・・
覚えようとしない所が一番の問題。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:37 |

2021年09月06日

魚を探すホシゴイ

いつも行く川、春秋の渡りのシーズン、冬に比べると
夏は見られる野鳥の数が少なくなります。
これは毎年のこと。

それでも、ほぼ100%の確率で夏に出会える鳥は
カルガモ、スズメ、カラス、ハクセキレイ
そしてゴイサギ。

ゴイサギの子ども、ホシゴイ。
いつも姿を見せてくれて、ありがとう。
この日は魚を捕獲中(?)。
a210830_5.jpg
魚をゲットしたかは確認できず。

あんまりしつこく撮影していたら、こちらを向いて
a210830_4.jpg
「何、見てんのよー」

エサ探しを邪魔してごめん、ごめん。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:41 |

2021年09月01日

仲良しカワアイサ

いつもの川へ行くとよく見かけていた二羽のカワアイサ。
眠るのも、移動するのも、エサを探すのもいつも一緒
大の仲良し。
一羽は羽を怪我しているような感じでした。
冬鳥が去った後も、いつもの川に留まっていました。
そんな感じが何年も続いていました。

今年の冬まではよく見かけていたけど
その後は見ていませんでした。

それが1か月くらい前、いつもの川で久しぶりに目撃。
相変わらずの仲の良さ。
a210830_2.jpg

a210830_3.jpg

なんだか嬉しくなりました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:42 |