2020年12月17日

悠々と通過するカイツブリ

函館市内の某川、猛禽類が多いせいかどの鳥も警戒心が強い。
ちょっとでも人間の姿を見かけると、かなり離れていても
飛び去ってしまいます。
松倉川ではあんなにフレンドリーなカルガモでさえ。

いつも川の近くで車を下りただけで鳥たちが飛び立つので、
先日はドアも締めず、そろーりそろーり、静かに下車。

あっ、ホオジロガモがいる!
静かにカメラを構えた瞬間にバタバタと飛び立ってしまいました。
今日もダメかー・・・

そう思っていたら、上流からカイツブリ登場。

b201207_6.jpg

写真を撮っている真横をスーッと、かなりのスピードで
河口方向へ流れるように通過。
あまりの警戒心のなさに、逆にビックリ。

ひょっとしてこの川へ来たばかり?


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:36 |

2020年12月16日

早くもヒレンジャク

昨冬は函館市街地に多くのレンジャクがやってきました。
たぶん、今まで見た中で最多。
市内の街路樹にナナカマドが多いのも一つの要因。
それでも初撮影は雪が積もった後、年が明けてからだったと
思います。

ところが、先日雪が積もる前に早くもレンジャクを発見!

尾羽の先が赤いヒレンジャク、大好物のナナカマドの実を食べに。
a201214_2.jpg

a201214_3.jpg

数十羽の大きな群れでした。
尾羽の先が黄色い「キレンジャク」は未確認。

町の中でナナカマドの実が地面に落ちていたら
レンジャクの仕業かもしれません。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:58 |

2020年12月10日

オオバンと残念な川

いつ行っても松倉川にいるオオバン。
今年もここで冬を越すのでしょう。

先日も遭遇。でも残念な光景。
b201207_2.jpg
オオバンの周りがゴミだらけ・・・。

上流で再び川の改修工事が始まったようで
下流にオイルフェンスのようなものが設置されました。
土砂やゴミが海に流出するのを防ぐ目的?
そのフェンスのため、下流付近にゴミが溜まるようになりました。
しかも生活ゴミ・・・。
このフェンスがなければおそらく海まで行ったでしょう。
マイクロプラスチックが環境問題になってビニール袋が有料化。
でもこういうゴミが無くならない限り変わらないでしょう。
要は人間の問題。

もう少しきれいな背景で撮りたかった・・・オオバン。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:52 |

2020年12月07日

カケス祭り

カケス、正確にはミヤマカケスが今年はあちこちで
多く見られます。
昨日も公園で同じ場所に8羽。
群れで行動する鳥ではないので、一度にこんなにたくさん見た記憶がない。

光がいい、枝がきれい、葉っぱが残っている等
撮りたい場所を決めて待っていると、それほど待たずに
来てくれるので、撮影者に優しい(?)鳥。

後ろ姿、羽が綺麗
b201201_1.jpg

真下から撮影しているのに木の実を食べるのに夢中でお構いなし
b201201_2.jpg

年によって多く見られる鳥が違う。
今冬はどんな鳥がたくさん見られるか楽しみ。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:20 |

2020年11月27日

夕方のダイサギ

夕方の川、上流の方からダイサギが鳴きながら飛んできました。

b201116_7.jpg
暗くて動くものは上手く撮れない・・・。

橋げたの下に着地、しばらく佇む。
別にエサを捕るわけでもない。
b201116_8.jpg
夕焼けにシルエット。

そのまま何もせず来た方向、上流の方へ飛び去って行きました。

ダイサギは何しに河口へ来たの?
ひょっとして夕陽を見たかった?
夕方の川もいろいろ動きがあって面白い。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:13 |

2020年11月24日

オオバンも来た!

先日、松倉川にカイツブリが1羽、昨年に引き続き
やってきたことをお伝えしました。

昨年はいつもオオバンと一緒に行動。
今年は会えるかなーと思っていたら、とうとう先日オオバンを発見。
b201116_9.jpg

夕暮れ時、既に暗い上に、黒い体。
大変見辛いですが、間違いなくオオバン。
決して泳ぐカラスではありません。

これが、カイツブリがいる場所と少し離れた所。
今のところ、一緒に行動している感じではありません。

次に会う時はどうなっているか楽しみ。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:58 |

2020年11月20日

コゲラが食べる泡の中身は?

夏に森で出会った小型のキツツキのコゲラ。
シマシマ模様がチャーミングな鳥。

木の細枝で一生懸命何か食べています。
b201110_7.jpg

よく見ると白い泡。
b201110_8.jpg

中に虫がいるんでしょうね。
泡と一緒に食べるとどんな感じなんだろう。
ムースみたい? メレンゲみたい?

この泡・・・どこかで見たことがある! 
家の庭! バラの枝の混んだところでよく見かけるのと同じ。
その中には必ず、バラの大敵カイガラムシが入っています。
見つけると触るのも気持ち悪いので、ティッシュでくるんで捨てます。

この泡の中もそうなのかなぁ。

それにしてもおいしそうに食べる。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:32 |

2020年11月10日

今年もやってきたカイツブリ

季節の変わり目で鳥が少なくなっている松倉川で
先日、今季初のカイツブリを発見。

b201102_10.jpg

b201102_11.jpg

昨冬もこの川には1羽のカイツブリがずっと居ました。
いつも真っ黒くて体の大きいオオバンの近くに居て。
オオバンを慕っていたのか、オオバンが守っていたのか、
見るといつも近くに居ました。

春が来ていつの間にか姿を消し・・・また一羽だけ。
去年と同じ子?
この川が気に入ってまた来たの?
今年もオオバンに会えるといいね。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:53 |

2020年11月05日

ダイサギの季節?

真夏以外は、年中見かけているような気がしますが
ダイサギといえば冬というイメージが強い。

川原に降り立ったダイサギ。
しばらくしてもう一羽が飛来。
どちらも関与せずという感じ。
b201026_10.jpg

b201026_11.jpg

この後、アオサギが飛んで来てギャーギャー。
自分のテリトリーに入るな!って言ってるのかな?

それでもダイサギは動じず。

現在川は、夏の鳥が見られなくなって冬の鳥ももう少し、
ちょっと寂しい時期。
そんな中、ダイサギやアオサギが見られるとホッとします。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:30 |

2020年10月28日

カケスの当たり年?

今年は近所の公園や、山でカケスをよく見かけます。
正確にはミヤマカケス。
b201026_2.jpg

羽の色が美しい、鳩くらいの大きさの鳥。
ただ、注目度、人気はイマイチ。
声があまり美しくないということがその理由の一つかも。
ギャー、ギャー、うるさい感じの声。

ところがこのカケス、時々モノマネをします。
モノマネをする時は何故か美声。
モノマネ芸人が案外だみ声だったりするのに似てる?

めったにお目にかかれないクマゲラのマネをした所に遭遇したこともあります。
声のする方へ行ってみると、カケス?ということが何度もありました。

マネるということは、そのカケスは確実にクマゲラに会っているわけで。
ということは、この場所にクマゲラが来る可能性もあるわけで。
という、ほのかな期待も持たせてくれますが・・・
やっぱり「またやられた」と思う方が多い。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:49 |