2021年10月21日

足長シマエナガ

春に公園で見かけたシマエナガ。

a211018_1.jpg

いつもと違って少し背伸びしているようで
足が長く見える。

この日は珍しく近くで撮影させてくれました。

羽が乱れ気味で子育て中の疲れた様子がうかがえる。

それでも大人気のシマエナガ。
スイーツになったり、ぬいぐるみになったり。
公園でもシマエナガ目当てのカメラマンが増えました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:47 |

2021年10月20日

恥ずかしくなるくらいラブラブなキジバト

春の一時、公園に頻繁に姿を見せていたキジバトのカップル。

だいたいは地面に下りて落ち穂を食べたり
木の高い所に止まったりすることが多い。

この日はいつもとちょっとパターンが違って
ツツジの木の低い枝に止まっていました。

そーっと近づいて後ろからパチリ。
a211011_7.jpg
こちらが恥ずかしくなるくらいピッタリくっついていました。
まさにラブラブ状態。

毛づくろい?
a211011_8.jpg

左の男性(確証はありません)が積極的、右の女性(不確か)は
どーでもいいような感じ。

こんなにラブラブな所を邪魔するのも野暮ったいので
早々にその場を後にしましたとさ。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:04 |

2021年10月19日

避難するカルガモ

天気が急変した日曜日の午後、いつもの川ではこんな光景が。
a211018_8.jpg

a211018_6.jpg

普段は数羽のグループでバラバラのカルガモ達が
風下側の川岸に一列に並んで避難。
その数二十羽以上。
丸くなって強風を凌いでいる様子。

カルガモにとってもかなりの強風だったのでしょう。

こんな日に函館山に上った自分・・・かなり無謀でした。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:11 |

2021年10月12日

並ぶカラス

朝、窓から外をのぞいたら、電線にカラスがビッシリ。
a211011_6.jpg

写っていない電線にも数羽止まっているので
確実に20羽以上はいるかと。

この日は燃やせるゴミの日。大好物の生ごみが出てくる日。

いつも不思議だけど、ゴミの収集日に集まるのがすごい。
しかも、燃やせないゴミとかプラスチック容器の日じゃなく
燃やせるゴミの日限定。
カラスの知能はかなり高い・・・。

道路上の電線からクルミを落として車に割らせて
食べるという行動は、今やあちこちで見られます。

先日、前方の電線上に何やら企んでいそうなカラスを発見。
カラスの真下を通ってクルミを落とされて
車に当たったら嫌なので、あえて右に避けて通過。
するとグシャっと何かを踏んだ感触。
避けた所にクルミがありました。

一枚上をいってる。車が真下を避けることを予測?
何という賢さ。

これから温暖化が進んで地球上がどうにかなっても
たぶんカラスは最後まで生き残れるでしょうね。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:31 |

2021年10月11日

カワウと完全無視のカルガモ

いつもカワウが乗っているお気に入りの場所、川の中の一本の流木。
その日はカワウの姿が見えず、カルガモが一羽乗っていました。

代わりに少し離れた別の場所、カルガモの群れの中に一羽のカワウが。
お気に入りの場所を取られたのでこっちへ移動してきた?

カルガモの群れの前で、突然羽を大きく広げて
「ワイルドだろぉ?」
a211004_1.jpg
すると、それまで顔を上げていたカルガモたちが
一斉に頭を下げて眠り出す。
ひょっとして寝たふり? 完全無視?
まるでコントのよう。

それは、偶然の出来事。
でもそう想像すると思わず笑いそうになりました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:07 |

2021年10月06日

カラスとオブジェ?

近くの海岸の漂着物がすごい。
潮の流れなのか、生活ゴミなのか。

漂着物とカラス
a211004_2.jpg

まるでオブジェ
a211004_3.jpg

流木、貝殻、海藻類は自然のものだけど
バケツ、ロープ、缶類は人間の仕業。
ここでは、鳥を撮るときにゴミが写らないか結構気にします。

何とかならないのかなぁ。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:47 |

2021年10月04日

顔をこすりつけるイスカ

群れで行動し、かなり警戒心の強いイスカ。
姿を現し始める頃は特に警戒心が強い。
なかなか近寄らせてくれません。

大好物の松ぼっくりがまだ地面に落ちていず
樹上に実がついていることも原因かもしれない。
人間と言う不思議な動物に慣れていないのかも。

ところが、もうすぐ旅立つ春になると
群れがばらけて小さくなり
何故か警戒心も薄れてくるような印象。

春の森、木の上で見つけたイスカのオス。
a210927_4.jpg
赤がきれい。
顔を枝になすりつけている。

よく見ると、「かいーの」(?)
a210927_5.jpg

目の前で撮影してもこんな感じ。
リラックスモード。

この後しばらくして、イスカの姿は見られなくなりました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:17 |

2021年10月01日

人懐っこいヤマガラ

ヤマガラは函館市の鳥。
目がクリクリで、色がきれいな小鳥。
a210927_6.jpg

よく見かける鳥ですが、スズメほどではないかも。

とにかく人懐っこい。
公園のヤマガラは特に顕著で
ちょっと手を出したり、指を指そうものなら
餌をもらえると思うのか、手をめがけて飛んで来ます。

鳥の写真はよく撮るけど、鳥を触るのが苦手な自分は
急に自分めがけて飛んでこられると
思わず悲鳴をあげそうになります。


posted by mayphoto at 13:20 |

2021年09月29日

晴れた日のウミウ

テトラポットの上でよく見かけるウミウ。

晴れた日には羽を広げて日向ぼっこ
a210921_4.jpg

二羽同じポーズ、同じように口を開けて
a210921_5.jpg

函館港内、津軽海峡側どちらでも
至る所でウミウが低空飛行する姿が見られます。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:24 |

2021年09月27日

ゴイサギに光の輪

いつものように川岸の茂みに潜むゴイサギ。

この日はこんな感じ。
a210921_2.jpg

葉っぱの重なり具合なのか、何なのか
背中に変な光が当たっています。

拡大すると
a210921_3.jpg

子どもの頃、虫眼鏡で白い紙の中心に光を集めたことを思い出しました。
最後は煙が出てきて・・・。

ゴイサギの背中、大丈夫かな?

熱くない?
煙出ない?
変な日焼けの跡が残らない?


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:02 |