2022年01月12日

いつも一緒のオジロワシとオオワシ

何故か見かけるたびにいつも一緒のオジロワシとオオワシ。
同じ木だったり、違う木でも距離が近かったり。

この日も「あっ、オジロワシ!」とパチリ。
a220105_2.jpg

よく見たら後ろの枝の茂みの中にオオワシも。
a220105_3.jpg

やっぱり一緒。

しばらく撮影していると、「キー」っとどちらかが甲高い声で鳴いて
二羽とも飛び去っていきました。

ホントにいつも一緒。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:37 |

2021年12月27日

函館山をバックに飛び立つ鳥たち

立ち寄った漁港の外側で、突然鳥たちが一斉に飛び立ちました。
背景は函館山。
a211220_5.jpg

a211220_6.jpg

ほとんどはカモメ、カモ類も交じります。
カモメはどんどん高い所へ。
ただ事でない雰囲気。

この時は何が起こったのか分からず、帰り道に空を見上げると
一羽のオオワシが悠々と旋回していました。

たぶんカモメたちが一斉に飛んだ理由はこれ。
危険を察知して飛び立ったのでしょう。
よく観察すると身近にいろんなドラマがあります。

それにしても、連日寒い函館です。
最低気温はマイナス10℃を下回り
日中でもマイナスの日がほとんど。
雪が少ないので余計こたえます。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:54 |

2021年12月24日

今季初コクガン

先週の土曜日、今季初コクガンに遭遇。

遠くてしかも後ろ向き
a211220_7.jpg

a211220_8.jpg

もっと真剣に海に通えばもっと早く出会えたはず。
出だしが遅かった。
今年は海へ行く回数が減っています。

もっと近づいて撮りたい。

海で作業する人が近くにいても逃げないコクガン。
それなのにカメラマンが近づくとすぐに遠ざかっていきます。
長靴はいて海岸へ通って顔(?)を覚えてもらわないとダメかも。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:40 |

2021年12月21日

今季初白鳥

汐泊川で今季初の白鳥に出会いました。
上空を通過する数羽の白鳥は何度か目撃していましたが
川で出会ったのは今季初。
この光景を見ると冬が来た〜と実感します。

数えたてみたら11羽。うち幼鳥1羽。
a211220_3.jpg
すぐ向かいで護岸工事をしているのに全く平気。
白鳥は意外と警戒心が薄い。

これがカモ類だと、かなり離れていても人の気配を感じると
すぐに飛び立ってしまいます。

上空を猛禽類が飛んでいるからかな。

この日も上空を飛ぶオジロワシ、木に止まるオオタカに
出会いました。

いよいよ鳥の世界も冬本番。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:21 |

2021年12月15日

メジロの長い舌

秋の山で出会ったメジロ。
越冬で南下するために体力をつけている最中、食欲旺盛。
実りの季節、いろんな実があって食欲の秋でもあるし。

この日はマタタビの黄色い実を夢中で食べていました。
a211213_1.jpg

よく見ると長い舌も使ってる
a211213_2.jpg

キツツキやアリクイの舌が、木の中の虫を食べるのに便利なように
長いことは知っていましが、メジロもこう見ると結構長い。

メジロくん、今頃どこにいるのかなぁ。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:39 |

2021年12月14日

南下するマガン

函館山に上った秋のある日、北の方から飛んでくる鳥の群れを発見。
V字ほどきれいな編隊ではないけど、なんとなくV字というかU字?
a211213_5.jpg

おそらくマガン
a211213_6.jpg

春に北帰行のマガンや白鳥が上空を通過するのはよく見る光景。
しかも数も多い。

でも、逆に越冬のために南下する群れは
あまり見たことがないような気がする。

秋はボーっとしてるから気づかない?
南下する鳥が少ない?
行き(南下)と帰りで鳥の通り道が違う?
よくわかりません。

今年はなかなか積雪がないので鳥の南下も遅れているのかも。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:13 |

2021年12月08日

秋に出会ったキビタキ

ものすごくきれいな声で鳴くキビタキ。
この声を聞くと、「あー春が来たんだ」と実感します。

ただ、キビタキの姿を見かけるのはだいたい夏くらいまで。
しかも、一番よく鳴くのは恋の季節の春。

今年初めて、秋にキビタキに出会いました。

a211206_8.jpg

いつもの公園内を歩いていると、小鳥の声が聞こえる。
春に聞く鳴き声の10分の1くらいの声量、しかも連続して鳴かない。
でも確かにキビタキの鳴き方の特徴が出ている。

しばらくその場に立ち止まってキョロキョロと捜索。
するとほんの一瞬、目の前にキビタキのオスが現れてくれました。

秋に出会うのは初めてだったのでドキドキ。
ドキドキが手振れに表れています。

シャッターチャンスは一度だけ。
それでも嬉しい出会いでした。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:06 |

2021年12月06日

ゴイサギを探せ

寒さがくる前まで、夏の鳥が少ない期間でも
ずっと川で出会えたゴイサギ一家。

川に着くとゴイサギを探せ状態。

この日も藪の中にいました。
幼鳥ホシゴイくんの後ろに成鳥ゴイサギの下半身が見える。
a211129_7.jpg

幼鳥ホシゴイくんが上を注目。
a211129_8.jpg
視線の先にもう一羽いて、このあと二羽で飛び去っていきました。

松倉川では、冬の恒例なのか河川工事がまた始まったのか
オレンジ色のオイルフェンスのようなものが設置されていました。

去年みたいに生活ゴミが溜まらないといいんだけど・・・。
でも、なぜか生活ゴミに鳥が寄ってくる。
去年はオレンジ色がきれいなジョウビタキのオスがびっしり居着いて。

今年はどうなることやら。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:45 |

2021年12月03日

残念なカワセミ

今年はカワセミの幼鳥がいつもより多かったような気がします。

ただ、近くでゆっくり撮らせてくれることはほとんどなく。

暗い茂みの中でじーっとして出てこなかったり
下流から上流へ猛スピードで通過したり
あちこち移動して一か所に止まらなかったり。
あくまでも人間の身勝手な願望ですが・・・。

そんな中、ある日、川の手前側を何気なく覗いたら
ものすごく近い所にカワセミが!!!
a211129_6.jpg
あわててシャッターを切りました。
2枚目を撮ろうとしたらもう飛び去ってしまって、結局1枚っきり。

しかも・・・
枝が邪魔・・・
なかなか上手くいきませんね。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:16 |

2021年12月02日

海岸に並ぶカモメ

秋の穏やかなある日、海岸にカモメが集まっていました。
a211129_5.jpg

みんな海の方を見詰めている。
写真に写っているのは一部、奥の方にまだまだたくさん。
何百羽もいる? その数に圧倒されます。

その場所を離れてから振り返ったら、数羽が飛び立った後
ほとんどのカモメが飛び去ってしまいました。
あー、飛び立つところを撮り損ねた。

昨日、「イルミネーションには雪が似合う」と書いたら
本当に雪が降りました。
5pくらい積もったでしょうか。
ただ、まだ10℃を超える日もありそうなので
すぐ消えると思われますが。

今年の根雪はいつになるかなぁ。
ちなみに昨年は平年より6日遅い12月14日。
今年も遅くなりそうな予感。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:00 |