2021年10月07日

狂い咲きのアジサイ

先日、山で見つけたアジサイ。

ほとんどの花が枯れてきている中、
きれいに咲いている花を一輪だけ発見。
狂い咲き? 返り咲き?
a211004_4.jpg

a211004_5.jpg

ツツジなんかも、秋にもう一度返り咲く花が毎年ポツポツ。
自分の主観が入っているせいか、秋に咲く花は春と違って
少し寂しげに見える。

今日は雪虫がたくさん飛んでいます。
冬の気配がほんの少し。

その前に、今年の紅葉はどうなのか気になります。
街路樹の中には紅葉せずに枯れているのもあったり。
紅葉が美しいかどうかは、寒暖差がポイントらしいけど
今夏は猛暑、秋になっても暑い日が続いたので
きれいな紅葉が見られるか、ちょっと心配。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:25 |

2021年09月02日

よく見ると面白いキキョウ

秋のイメージがあるキキョウですが
7月頃から庭で咲き始めます。

日陰の場所でもちゃんと咲いてくれる有難い植物。

種まきから育てたキキョウはかわいさもひとしお。
a210830_11.jpg

ぷくっと膨らんだつぼみ。
これがまたかわいい。
a210830_13.jpg

今にもはじけそう。
残念ながらはじけた瞬間は見たことがありません。
一度は見てみたい、その瞬間。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:02 |

2021年08月31日

毎年花一つのカシワバアジサイ

庭のカシワバアジサイの花。
a210830_1.jpg

丸く咲くふつうのアジサイと違って、
白い花を細長く垂れるように咲かせます。

もう植えて10年近くたつのに
高さも枝の数もほとんど変わらず。
もう一つ変わらないのが、
毎年咲く花が一つだけということ。

小さい体にあの花は重すぎるので
たぶん自分の身を守るために最低限の花しか
咲かせないのだと思われます。

公園で見かけるカシワバアジサイは驚くほど
背も高く枝もたくさん、もちろん花もいっぱい。
それに比べて我が家のカシワバアジサイの貧相な事。

車庫の後ろの陽がほとんど当たらない過酷な環境。

それでも毎年一つの花を咲かせるカシワバアジサイは
なんて健気なんでしょう。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:30 |

2021年08月24日

ハイブリッドルゴサのバラの花と実

ハイブリッドルゴサはロサルゴサ(ハマナシ)の系統を受け継ぐ
強健なバラ。
いろんな面でハマナスに似ています。

庭のシュネーコッペ(スノーペイブメント)。
薄ピンクのふわっとした柔らかい印象の花。
a210823_1.jpg
これが、やさしそうな花に似合わず棘がたくさんあってしかも鋭い。
まさに「きれいな花には棘がある」状態。

花が終るとかわいい実(ローズヒップ)が楽しめます。
a210823_2.jpg
実はハマナスにそっくり。

花も楽しめて実も楽しめるので「一粒で二度美味しい(?)」
更に紅葉も楽しめるので三度美味しい。

冬の前や春先に思い切った剪定をしても
ちゃんときれいな花を咲かせてくれる優等生のバラ。

棘さえ少なければ文句なしなんだけど。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:35 |

2021年07月14日

芝桜の手入れ

桜の咲くころに地面を華やかにしてくれる芝桜。

最初は狭いスペースに、お隣さんから株分けしていただいたもの。
それが、移植したりこぼれ種で増えたりで
気が付けば家の周りに広がりました。
a210712_1.jpg

お隣さん曰く、「芝桜は雑草取りが大変」。
その言葉がよく分かりました。

華やかさに目を奪われてちょっと見は気づきませんが
よく見るとイネ科の雑草があちこちから出ていて
これを1本1本抜くのが大変。
雑に抜くと芝桜の根もいっしょに抜けて来るし。

でもここで手を抜いては、来年芝桜の美しさが半減する。
ここは辛抱強く雑草を抜かなければ。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:29 |

2021年07月08日

サラサドウダンの花

庭の「2年に一度の法則」によると、今年は
あまり花付きがよくないはずのサラサドウダンですが
思ったより咲いてくれました。
a210628_5.jpg

「2年に一度の法則」は自分が勝手に言ってる法則。
ウチの庭の木は地植え、鉢を問わず、花がたくさん咲いた翌年は
花が少ないを繰り返しています。
本当は毎年きれいに咲いて欲しいけど。
花を咲かせるには体力が必要なので一年休む?

今は切ってしまったジューンベリー、鉢植えのフジ、
同じく鉢植えのブルーベリー、そして地植えのサラサドウダン。
全てこの法則通り。

そんなわけで、昨年たくさんの花をつけたサラサドウダンが
これだけ咲いてくれたのは嬉しい誤算でした。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:43 |

2021年07月02日

セラスチウムという花

もう十年以上前の初夏こと、
家の周りに背丈の低い白い小さな花がびっしり咲いている
お宅を発見。

白一色のじゅうたん。その存在感といったら・・・圧巻。

その光景が忘れられず、家を引っ越したのをきっかけに
「あの花を植えよう!」と決めました。

でも、花の名前が判らない。
あれだけ広範囲に咲くのだから、一年草じゃなく
多年草に違いない。

そう思って、宿根草図鑑を数冊調べて
やっと花の名前が判明。

「セラスチウム」
a210628_4.jpg

早速園芸店へ・・・でもすでに花期を過ぎていてどこにもない。

昔からある園芸店を思い出して、「セラスチウムありますか?」
「ポットの苗は無いけど、地植えしたのがありますよ、良ければお分けします」
ということで、2ポット分、たしか300円ほどで分けて
いただきました。

それから毎年6月になると、自分の家でも白い花が見られるようになりました。
たった2ポットから始まったセラスチウム
今ではかなり増えてあこがれの白いじゅうたんが実現。

繁殖力はかなり旺盛、うれしい悲鳴。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:25 |

2021年06月24日

鉢植えの藤

鉢に植えた藤、植えてから約10年
今年は過去最高の花がつきました。
a210622_10.jpg
これで半分くらい。

これが、不思議なことなのか、普通なのか判りませんが
一年おきに花が多い、少ないを繰り返します。

鉢植えのブルーベリーもそう。
2種の鉢から、昨年は2瓶のジャムがとれたのに
今年は花がポツポツ。

これって鉢植えの宿命?
はやり地植えにはかなわない。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 08:52 |

2021年05月26日

八重桜もすでに終わって

北斗市八郎沼の八重桜
a210517_11.jpg

a210517_12.jpg

10日くらい前の写真。
八重桜がすでに満開でした。
八重桜と言えば6月の印象が強い。

ここはソメイヨシノもたくさんあるので、お花見が2回楽しめる場所。

ソメイヨシノは春の訪れを、八重桜は初夏の訪れを告げる花。
5月中旬からすでに20℃を超える初夏の陽気。

やっぱり今年は全てが早い。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:09 |

2021年04月07日

フクジュソウの存在感

今年は雪解けが早かったせいもあって
フクジュソウが顔を出すのも例年より早め。

枯葉の斜面の中から顔を出すフクジュソウ、
黄色い花が茶色の斜面を一気に華やかにする。
a210405_12.jpg

フクジュソウのアップ。
ちょっと残念なのは黒い点・・・虫が写ってる。
a210329_5.jpg
手を振って追い払おうとしたけどダメ。
しっかりくっついて離れようとしない。

秋にかわいいキノコを見つけて撮ると、ほとんど虫が写っています。
キノコの香りに弱いのは人間だけではないみたい。
ひょっとして、フクジュソウも香り(臭い)がきついのかな?


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:57 |