2020年01月23日

エゾリスの握力

木登りが得意なエゾリス。
よく見ると爪が長くて鋭い。
ひっかかれると、深い傷となります。
おそらく握力も相当なものでしょう。

ある日、エゾリスがひっくり返って木の芽を食べようとしていました。
b200120_10.jpg

足元にズーム。
b200120_11.jpg
器用に二本足だけで体を支えている。
ものすごい握力・・・? 
足の場合は握力とは言わないのかな?
脚力? 
何だかわからないけど、すごい。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:25 | エゾリス

2020年01月17日

冬に一番元気なのはエゾリス

冬の朝、公園に行くと、エゾリスが元気に走り回っている姿を見かけます。

ある時はクルミを探して行ったり来たり。
ある時は、二匹で追いかけっこ。

こちらは雪が降る前のある日のエゾリス。
クンクン・・・クルミが切り株の中にあるぞ。
b200106_3.jpg

やっぱりあった!
b200106_4.jpg

エゾリスは鼻が良いのか、それとも記憶力が良いのか
何もない雪原の中でピンポイントで掘り始め
かなり深く掘ってクルミを探し出します。

ただ残念なことに、掘り当てた全てのクルミが実入りが良いいとは限りません。
苦労して掘っても、2、3回クルクル回してポイっ。

また別の場所を探します。

それを少し離れた木の上から見ていたカラス。
リスが去った後の穴に降りてきてクルミを探します。

この時期、カラスはリスをいじめません。
クルミを掘り当ててくれるから。
なんとも不思議な関係。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:43 | エゾリス

2020年01月06日

始まりもリスで

新年あけましておめでとうございます。

b200106_7.jpg

8連休もあっという間に過ぎ、大晦日から元旦にかけてだけ
何故か悪天候、新春早々雪かきをした函館です。

その後はまとまった雪も降っておらず、例年にくらべて
随分雪が少なくなっています。

風がなければ穏やかな1月なのですが、ここのところ毎日風が強い。
風速10m近く、体感気温は間違いなくマイナス。
雪がない分、余計寒く感じます。

さて、今年の初めもリスの写真から。
b200106_6.jpg

今年はオリンピックイヤー。
どうか災害の少ない年でありますように。

今年もよろしくお願いいたします。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:18 | エゾリス

2019年12月27日

締めはリスで

今年最後の写真は、やっぱり大好きなエゾリスで。

b191223_11.jpg

公園に行くと、傷だらけのリスや、ダニにかまれて痛々しいリスも多くいます。
リスにはリスなりの、生きていく上での苦労があるようですが・・・

リスにはいつも癒されます。
会うと自然と笑みがこぼれます。

今年もたくさん楽しませてもらいました。

今年の投稿はたぶん今日が最後と思います。
今年もご覧いただいた皆様、ありがとうございます。
どうか来年が穏やかで良い年でありますように。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:29 | エゾリス

2019年12月06日

エゾリスのジャンプ

エゾリスのジャンプの撮影は難しい。
連写機能を使わないのでなおさら。

ジャンプするゾ、するゾ・・・でジャンプするパターンと
何の前触れもなくジャンプするパターンがあって
行動パターンが読めません。

リスの側も、人間なんかに行動パターンを読まれてたまるかと
思っているかもしれないし。

青空にジャーンプ!
b191202_3.jpg
ピントいまいち。

こちらは突然ジャンプ、しかも距離が出ています!
b191202_2.jpg
でも、ピントいまいち。

日々精進あるのみ。
エゾリスに勉強させてもらっています。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:07 | エゾリス

2019年11月15日

元気なリスに元気をもらう

秋はひときわ元気なエゾリス。

冬が来るまでクルミをあちこちに埋める作業で大忙し。

土の中に顔を埋めて必死に探す
b191028_6.jpg
クルミの埋まっている場所がよく判るネ

b191028_7.jpg

見つけたクルミを別の場所に運んでまた埋める。
これの繰り返し。

ひょっとして、見つけたクルミは誰か別のリスが埋めたもの?

元気なリスを見ていると自然に笑顔になります。


昨日から降った雪がまだ地面に残っています。
根雪になるのはまだ先ですが、寒さ・雪に慣れていない今の時期は
歩くのも、運転も要注意です。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:15 | エゾリス

2019年10月15日

クルミを取ったエゾリス

クルミの木から青い実を取ったエゾリスがこちらを覗いています。
b190930_16.jpg

この青い実の皮をその場でむいて、カリカリかじりだすリスも
稀にいます。
よっぽどお腹が空いているのか。
熟成させた方が美味しいのでは、と人間的には思いますが。

ただ、ほとんどのリスは地上に降りてきて、くわえたまま
かなり遠くまで埋めに行きます。

b191007_14.jpg

b191007_15.jpg

リスにもアリ派とキリギリス派がいるのかな・・・。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:21 | エゾリス

2019年09月27日

エゾリスが一番忙しい時

冬を前に、エゾリスの動きが益々活発になってきました。

地面に落ちたクルミだけでなく、まだ成っている青いクルミも
もぎ取って埋めにいきます。
b190917_1.jpg

せっかちなリスは、青い実をもぎとってその場で外皮をむいて
中の固い殻をカリカリかじって割ってすぐに食べ始めます。
美味しいのかな? まだ青臭くないのかな?

公園の遊歩道も何度も横断。
b190917_2.jpg

とにかく、秋のリスは忙しい。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:32 | エゾリス

2019年08月07日

リスの引っ越し

本当に数年ぶりにリスの引っ越しに遭遇しました。

リスの子育てはお母さんだけ。
きれい好きのリスは、巣立ちまでに何回か引っ越します。

子リスの首ねっこを口にくわえて丸くした状態で
かなり離れた場所まで運びます。
一匹一匹運ぶので、子リスの数だけ繰り返し。
引っ越しが見られるのはたいてい春、桜が咲く頃が多い。

それが、年に1〜2回しか訪れない郊外の公園で、しかも猛暑のこの時期に
遭遇するなんて。何という偶然!

「あれっ、木の根元にリスが固まってたくさんいる」
「子リスだ」
「あっ、遊歩道の方へ走り出した」
b190729_11.jpg
先頭はお母さん、こちらを気にしながら。子リスが2匹。

しばらく木の根元で辺りの様子をうかがうお母さん。
子リスはしっかりしがみついてる。
b190729_12.jpg

この後、お母さんは嫌がる一匹を強引にくわえてどこかへ行ってしまいました。

残された子リス君は、自力で木に登ってじっとしていました。
「絶対動いちゃダメだよ」「安全な場所で待っててね」
そう教わっていたに違いない。

少し時間がたって、気づくと木の上からお母さんが登場。
またまた抵抗する子をくわえて、木から木へジャンプ、遠くへ行ってしまいました。

今までみたリスの引っ越しは、抵抗しないで素直にお母さんに
くわえられるくらいの小さい子リス。
今回の子リスは、自分で動けるくらい成長していたので
たぶんこれが最後の引っ越しなのでしょう。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:29 | エゾリス

2019年05月13日

リスのテンションを下げるもの

かなり暖かくなってきましたが、エゾリスはまだ冬毛が残って少し暑そう。

厚いコートを着てあちこち走り回るリス
b190507_5.jpg

ところが、この元気いっぱいリスのテンションを下げる出来事が。

木に登り始めてすぐに突然フリーズしてしまいました。
b190507_6.jpg
耳もすっかり寝てしまって・・・。
犬で言うと、尻尾が下がったような状態?

原因はこれ。
b190507_7.jpg
ちょっと分かりにくいですが、10m位ある大木に人が上っています。

すぐ近くの木で、枯れた太い幹の伐採が始まりました。

チェーンソーの大きな音にビビッてしまったリス
かなり長い時間、固まっていました。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:58 | エゾリス