2023年01月19日

冬の海と船

冬の津軽海峡。

気温が下がった日の朝は幻想的な毛嵐が見られます。
日によって青森側がくっきり見えたり、ぼんやり見えたり。
真っ黒い雲が海の向こうにあると「あー、今頃青森は雪かな」等
思いを巡らします。

朝焼けの海と漁船
a230110_5.jpg

a230110_6.jpg

この日は毛嵐は無く、陸地の端っこが浮かんで見える
蜃気楼のような状態でした。

見るたびに違う表情を見せる海、何度見ても見飽きることがない。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:24 | 風景