2022年11月30日

初めてのウポポイ1

9月のある日、前々から行きたいと思っていた
白老のウポポイ(民族共生象徴空間)へ。
開業は令和2年のコロナ禍真っ只中
2年たってやっと行くことが出来ました。

エントランスのコンクリートの壁には動物などが描かれていて
何となくワクワク。
写真を見て気がついたのですが、描かれた木の幹の先に
本物の木の枝があってひょっとして繋がってる?
a221128_1.jpg

キャラクターの「トゥレッポん」
a221128_5.jpg
トゥレプ(オオウバユリ)の年頃の⼥の⼦とのこと。
体はオオウバユリのゆり根。
この子は手に何も持っていませんが、イラストなどを見ると
両手に何か持っている。
左手はオオウバユリのつぼみがついた茎を、
「右手の茶色い円盤状のものは何?」と思っていたら
チセの職員のお姉さんが、オオウバユリのゆり根から作った
保存食だと教えてくれました。

ポロト湖越しのチセ(家屋)
a221128_6.jpg

訪問前日、チケットのことで聞きたいことがあったので電話したら
第一声で「イランカラプテ(こんにちは)」。
なんだかほっこりした気持ちになりました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:12 | 雑記