2022年01月18日

蜃気楼?

ぽっかりと浮かんで見えるのは島ではなく青森の下北半島。

a220105_8.jpg

両端が切れたような、浮いたように見える。
a220105_9.jpg

これは蜃気楼?

早速ネットで検索。
蜃気楼とは「光が直線的に進まず、途中で屈折するため通常とは異なった景色が見える現象」。

さらに細かく分けると、「下位蜃気楼」というのがあって
冬に見られる現象とのこと。
大気中の温度が低く、海水温が暖かい状態の時
光の屈折で実景の下に像ができる。
実景が低いとその上の空などが下に映りこむので
浮いて見えるとか。

まさにこれかも!!


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:43 | 風景