2021年10月04日

顔をこすりつけるイスカ

群れで行動し、かなり警戒心の強いイスカ。
姿を現し始める頃は特に警戒心が強い。
なかなか近寄らせてくれません。

大好物の松ぼっくりがまだ地面に落ちていず
樹上に実がついていることも原因かもしれない。
人間と言う不思議な動物に慣れていないのかも。

ところが、もうすぐ旅立つ春になると
群れがばらけて小さくなり
何故か警戒心も薄れてくるような印象。

春の森、木の上で見つけたイスカのオス。
a210927_4.jpg
赤がきれい。
顔を枝になすりつけている。

よく見ると、「かいーの」(?)
a210927_5.jpg

目の前で撮影してもこんな感じ。
リラックスモード。

この後しばらくして、イスカの姿は見られなくなりました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:17 |