2020年07月08日

十字街あたりを歩いてみて3

西部地区で見る市電は、市内を走る姿とはまた違う。
西部地区の古い街に路面電車がよく似合う。

末広町あたりを歩いていると、函館どっく方面からタイミングよく市電がやってきました。

運転手さんも今はマスク姿。
b200629_10.jpg
広告なしでいい雰囲気。

十字街方面へ向かう。
b200629_11.jpg

車両の番号が小さいほど古いと、以前どこかで聞いたことがあります。
函館で一番古いのは500番台。
530号は無広告、街で見かけるとレトロ感満載で嬉しくなります。

車両番号「812」、ネットで調べてみました。
製造は1962年4月・・・58才。
801から811までは既に8〇〇〇に車体更新が行われている。
ということは、812は800番台で唯一更新が行われていない
当時の車両ということになります。

見られてラッキー!



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:42 | 函館