2020年04月17日

クロッカスの後

早春の庭・・・宿根草は枯れて地上部が無くなり
バラを含む落葉樹は葉っぱを落として、何もない状態。

そんな中、真っ先に顔を出すのが春の球根達とクリスマスローズ。
茶色一色の庭が一気に華やかになります。

クロッカスは何の世話もしないのに、毎年きれいに咲いてくれます。
b200413_1.jpg

「スプリング・エフェメラル」
春の球根類のように、春先に花が咲いて少しの間葉っぱを茂らした後
地上部から姿を消す植物のことをこう呼ぶとか。
春のはかないもの、春の妖精・・・という意味。

雪に閉ざされる北海道だからこそ、春にひょっこり現れる「妖精」は
格別の喜びがあります。

この妖精たちが去った後の庭が、ちょっとした問題。

葉っぱがなくなるとその場所が、ぽっかり穴が開く。
人間(自分だけ?)の記憶はあいまいなもので、
あれだけ楽しませてもらった花たちなのに、地上部がなくなると、
どこに何があるのか分からなくなる。
隙間があるので何か植えようとして初めて球根の存在に気付く・・・
毎年この繰り返し。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:03 |