2020年02月06日

いかの街函館・・・

「函館名物いか踊り、いか刺し、塩から、いかソーメン・・・」
港まつりでみんなが踊る「いか踊り」の歌詞。

昔は近海だけでなく遠洋漁業でもイカがよく釣れました。
夏の函館山山頂からはイカ釣り漁船の漁り火がまばゆいほどでした。

このイカが捕れなくなりました。
そう言えば、夏になると朝早く「イガ、イガ〜」と売りに来ていた
移動販売車ももう何年も見ていません。

漁港の片隅に係留されたイカ釣り漁船。どことなく寂しげ。
b200127_4.jpg

今シーズンのいかの取扱量は平成17年以降で最低とか。

「いかの街函館」といつまで言えるのか・・・心配になります。
気候の変動や、他国の漁船との関係等・・・いろいろあるでしょうが
「永遠」というものはないんだなぁとつくづく感じます。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:24 | 雑記