2019年08月07日

リスの引っ越し

本当に数年ぶりにリスの引っ越しに遭遇しました。

リスの子育てはお母さんだけ。
きれい好きのリスは、巣立ちまでに何回か引っ越します。

子リスの首ねっこを口にくわえて丸くした状態で
かなり離れた場所まで運びます。
一匹一匹運ぶので、子リスの数だけ繰り返し。
引っ越しが見られるのはたいてい春、桜が咲く頃が多い。

それが、年に1〜2回しか訪れない郊外の公園で、しかも猛暑のこの時期に
遭遇するなんて。何という偶然!

「あれっ、木の根元にリスが固まってたくさんいる」
「子リスだ」
「あっ、遊歩道の方へ走り出した」
b190729_11.jpg
先頭はお母さん、こちらを気にしながら。子リスが2匹。

しばらく木の根元で辺りの様子をうかがうお母さん。
子リスはしっかりしがみついてる。
b190729_12.jpg

この後、お母さんは嫌がる一匹を強引にくわえてどこかへ行ってしまいました。

残された子リス君は、自力で木に登ってじっとしていました。
「絶対動いちゃダメだよ」「安全な場所で待っててね」
そう教わっていたに違いない。

少し時間がたって、気づくと木の上からお母さんが登場。
またまた抵抗する子をくわえて、木から木へジャンプ、遠くへ行ってしまいました。

今までみたリスの引っ越しは、抵抗しないで素直にお母さんに
くわえられるくらいの小さい子リス。
今回の子リスは、自分で動けるくらい成長していたので
たぶんこれが最後の引っ越しなのでしょう。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:29| エゾリス