2019年03月01日

駅前散策〜大型客船用の桟橋〜

函館港に、30年以上前に引退した青函連絡船「摩周丸」が
資料館として係留されています。

その外側に、新しい施設が。
b190218_12.jpg
今までは、連絡船の海側には何もありませんでした。
しばらく来ていなかったので知らなかった。

少し離れたところに、見学できるような展望スペースが設けられていて
こんな看板が。
b190218_13.jpg
大型客船を泊めるためのもので「若松埠頭」と呼ぶそうです。

まだ暫定使用中で深さが足りないため、今年は4万トン以下に限定されるそう。
若松埠頭に寄港すると、観光地へのアクセスが非常に便利になります。
大型船は今までどおり港町埠頭へ。
今日の道新朝刊に載っていましたが、今年度は49隻の大型客船が
來函するとのこと。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:34| 函館