2019年01月24日

音も無く降る雪の恐怖

1時間に50mmの雨なら、ザーっとかなり大きな音がして危険だと判りますが
1時間に5cm、10cmの雪は、音も無く降り積もり全く気づきません。
「深々と降る雪」・・・これは音の形容ではない。
でも、音の無い世界の「音感」を良く表しています。

昨晩も大雪が降りました。全く気づくことなく。
函館でも一晩で30cmくらいは積もったでしょうか。
朝、気づいてしまったときの恐怖・・・
まずは家から道路までの道を少しずつ切り拓いていきます。
時折、風が強くなって自宅前でもホワイトアウト状態に。
今日1日は警戒が必要。
それにしても、こういう身の危険を感じるような吹雪
最近は多くなったような気がします。

気分転換に、青空のひこうき雲。
b190115_11.jpg
見かけるとついつい撮ってしまいます。

そういえば、紅白のユーミンの「ひこうき雲」
とっても良かったですね。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:36| 雑記