2024年02月22日

オスのイスカ揃い踏み

今冬は雪が本当に少なくて、川原の一部だけ雪が残っている場所に
警戒心が強いイスカが珍しく下りていました。

雪を食べているところ
a240219_01.jpg
全員オス

飛んだり、松ぼっくりを樹上で食べる時は
オス、メス混ざって行動しているようだけど
雪を食べに下りて来たのはオスのみ。

勇敢なオスが危険覚悟で下りたのかな。

雪が少ない今冬の函館。
19日から積雪がゼロになりました。
過去のデータによると、1月の降雪の平年値は91pで今年は74p、
2月は平年値74pが現在までで24p。
数字を見てもかなり少なくないことが判ります。
そのせいか、早くも市内で熊の目撃情報が。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
写真日記ランキング
写真日記ランキング

にほんブログ村
posted by mayphoto at 09:24 |

2024年02月21日

そんなに逃げなくても

よく行く海岸にはカモ等の水鳥が集結。
カルガモ、マガモ、ヒドリガモ、たまーにシノリガモ
あと、カモメが多数。

海岸に浮かんでいたり
砂浜に上がってまったりしたり
テトラポットの上で休んだり
それぞれ緩やかな時間を過ごしています。

でも、たまにハヤブサが現れると一変、
誰かがピーっと鳴くのを合図に一斉に四方八方へ
飛び散ってしまいます。
みんな捕まらないように必死。

平和そうに見えて、危険と隣り合わせのここの鳥さんたち。

なるべく刺激しないように、静かーにゆっくり砂浜を歩いただけで
a240213_09.jpg
ものすごく慌てて逃げるマガモたち。

逃げないで〜、何もしないヨ〜
ハヤブサじゃないし。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
写真日記ランキング
写真日記ランキング

にほんブログ村
posted by mayphoto at 10:04 |

2024年02月20日

そう言えばマガンを見ていた

昨日、18日に今季初のマガンの渡りを見たと書きましたが
そう言えば、まだ寒かった1月20日に
いつもの川で1羽のマガンを見ていました。
すっかり忘れていた・・・

夕方近く、川で見慣れない姿が・・・いつもいるカルガモより大きい。
よく見るとマガン
a240219_02.jpg

夢中で川の中の草のようなものを食べていました。
a240219_03.jpg

この川でマガンを見たのも珍しい、しかも真冬に。
ビックリ!


全国的に気温が上がった昨日、函館でも2月の最高気温を更新。
16℃でした。
鳥界でも、今年は動きが早い。
とんでもない時期に、珍しい鳥に出会えるかも。
嬉しくもあり、怖くもあり。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
写真日記ランキング
写真日記ランキング

にほんブログ村
posted by mayphoto at 09:24 |

2024年02月19日

もう渡り?

遠くの方からファン、ファン
賑やかな鳥の鳴き声が聞こえました。

例によって白鳥が近くの川から餌場の畑へ移動しているのかな?
と思って空を見たら
a240219_06.jpg

a240219_07.jpg

かなり高いところを編隊を組んで飛ぶ鳥の群れ。
たぶん、マガンの渡り。

南西方向から東へ。

つい昨日の出来事。
こんなに早い時期に鳥の渡りを見たのは初めて。
ビックリしました。
そう言えば、昨日は春のようなポカポカ陽気。
今日はさらに輪をかけて、予報最高気温15℃。
自然界の暦は更に進むかも。

でも、明日からは1℃前後の日が続き一気、寒さが戻ります。
気の早い北帰行の鳥さんたち、寒さは大丈夫のかな。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
写真日記ランキング
写真日記ランキング

にほんブログ村
posted by mayphoto at 11:22 |

2024年02月16日

オオバンの足

いつもオオバンに出会うのは99%は川に浮かんでいるところ。
ところが、先日は珍しく川岸の葦原に上陸。
a240213_07.jpg
ちょっと珍しくてバチバチ撮影(またしても無駄なシャッターを切り過ぎ)。

足をクローズアップしてみたら・・・
a240213_08.jpg
大きくて不気味な形をしていてビックリ。

このような足を「弁足」と言い、木の葉状の弁膜が水かきの役目をするとか。
カモなどの「ぼく足」とは構造が違い、動きも違うらしい。
水鳥にもいろいろあるのね。
知らない事ばかり。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
写真日記ランキング
写真日記ランキング

にほんブログ村
posted by mayphoto at 09:38 |

2024年02月15日

オオバンの油分

寒い日でも平気で水に入るオオバン。
a240213_04.jpg

川が少し凍った中でもバシャバシャ
寄生虫を取っているのか。
a240213_05.jpg

体が黒いので弾いた水が丸まっているのがよく判る
いかに油分が多いか。
a240213_06.jpg

この油についてちょっと調べました。
水鳥は、油脂線から分泌される油を体に塗ることで
羽毛の間に空気が溜まって浮かんでいられるらしい。
また、油は保温の役割も果たすとか。


昨日の函館の最高気温は13.1℃。
2月の気温、観測史上2位を更新。積雪もとうとうゼロに。
来週は更に上がる予報なので、13.6℃の1位の記録を抜くことは
間違いないような予感。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
写真日記ランキング
写真日記ランキング

にほんブログ村
posted by mayphoto at 10:39 |

2024年02月14日

ダイサギの食事

年中見られるダイサギ、冬になると身近な川にやってくるせいか
存在感が増します。

面白いのは、エサを探している時。
足を小刻みに震わせて魚をおびき出す漁は
本人は真剣だけど、何故か笑っちゃいます。

a240213_02.jpg

a240213_01.jpg

この時はかなりの高確率で魚をゲットしていました。

昨日の函館の最高気温は10.7℃。
かなり高くなりました。
1873年からの2月の最高気温のベスト10を調べてみたら
昨日の気温は第9位。
1位は2010年2月25日の13.6℃、2位は同年2月26日の13℃
14年前も暖冬だったようです。
すっかり忘れていましたが・・・。
来週月曜日は14℃の予報、ひょっとして1位が更新されるかも。

朝のニュースで、函館で福寿草が咲いたと言っていました。
嬉しいより、早すぎて怖い。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
写真日記ランキング
写真日記ランキング

にほんブログ村
posted by mayphoto at 09:57 |

2024年02月13日

一瞬の冬景色

土曜日から日曜にかけて、函館でもほんの少しだけ雪が降りました。
降ったと言っても7pくらい。
表面だけ白くなって、久しぶりの冬景色となりました。

日曜の朝
a240213_03.jpg

それも束の間。
その後、気温が高くなりほとんど消えてしまいました。
気象庁のデータでは13日現在の函館の積雪は13p。
でも周りを見渡した感覚的には5pくらい。
今日から10℃超えの予報が続きます。3月下旬の陽気とか。

今年は本当に雪が少ない。
もちろん、3月まではドカ雪も在り得るので油断できませんが。

今年の根雪の初日はいつだったんだろうと調べてみました。
根雪とは、「積もった雪が消えずに残っている状態が
30日以上続くこと」。
ただし、途中で5日以内雪がない状態があっても
続いたとみなすとか。

今冬に当てはめると、12月17日から15日間積雪状態が続き
その後、積雪ゼロが6日間あって1月7日から今日まで
積雪ありという状態。

ということは、今年の根雪の初日は1月7日ということ?
平年値が12月19日なので、今年は随分遅いことになります。
ちなみに根雪の終日の平年値は3月10日。
ひょっとしたら今年はこちらも早まりそう。
そうすると、桜の開花も異様に早まるかも。

やっぱり怖い・・・最近の異常気象。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
写真日記ランキング
写真日記ランキング

にほんブログ村
posted by mayphoto at 10:50 | 雑記

2024年02月09日

久しぶりにゴイサギと出会ったーっ

この川でゴイサギを見たのは久しぶり。
たぶん2年ぶりくらい。

大雨で川の様子がガラッと変わってからは見ても成鳥1羽だけ
気がつけばその1羽にすら出会えなくなっていました。

先日、川の茂みに潜むゴイサギの幼鳥ホシゴイを発見。
a240205_05.jpg
うわーっ、ゴイちゃんいた!

a240205_06.jpg
藪の中だけど、結構近くで撮らせてくれました。

夕方もう一度立ち寄った時にはいなくなっていたけど
きっと川のどこかにいるはず。

また会いたいな、ゴイちゃんに。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
写真日記ランキング
写真日記ランキング

にほんブログ村
posted by mayphoto at 09:33 |

2024年02月08日

薄氷を踏むカワアイサ

松倉川が少し凍った寒い朝、カワアイサだけは活動的でした。

薄氷を踏むカワアイサ
a240205_02.jpg
薄〜い氷の上を歩く。時々割れて水に入ってもお構いなし。

少しするとバシャバシャと水浴びまで始める。
a240205_04.jpg

水鳥が水をバシャバシャ浴びるのは寄生虫を取るためと
聞いたことがあるけど、よりに寄ってこんなに寒い日にしなくても・・・
と考えるのは余計なお世話かも。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     にほんブログ村
posted by mayphoto at 09:28 |