2022年11月08日

津軽海峡の先の風力発電

函館から津軽海峡を隔てた青森側を臨むと
天候、気象条件によって妙にはっきり見えることがあります。

この日はうねりがあって変わりやすい天候、
さすがに建物や山肌までは見えなかったものの
こんな風景が見えました。

離れ島に棒がたくさん立っているような不思議な景色。
a221031_1.jpg

拡大すると風力発電のよう
a221031_2.jpg

ネットで調べると、寒立馬で有名な下北半島の尻屋崎近くにある
風力発電の岩屋ウインドファーム、ウィンドパーク?(不確定情報です)
だとすると合わせて40基以上あるらしい。

津軽海峡を眺めると、いろんなことが想像されます。
縄文人はどうやって対岸の青森と往来したのかな?
渡り鳥はどうやってここを渡るのかな?
ブラキストンラインがここにあるんだ・・・。

いろんな船も通るし、見ていて飽きない海です。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:13 | 風景