2022年08月31日

ムクゲの花

庭の中で一番暗い場所に植えたムクゲ。
元気に育って毎年たくさんの花をつけます。
a220822_3.jpg

ハイビスカスにそっくりの花。
どちらもアオイ科フヨウ属なので親戚同士
当たり前といえば当たり前。

北海道では南国のハイビスカスは外に植えられないので
庭を始めた時に似たムクゲを植えました。

雪が降る前や、早春枯れた状態の時にバッサリ剪定しても
見事に花を咲かせてくれます。
庭の優等生、でも剪定が結構大変。
なにせ狭い庭なので。

本当はもっと太陽が当たって広々とした場所に植えたら
もっとたくさんの花をつけたでしょうに。
ウチに貰われてきたばっかりに・・・。
でも、大切にするので来年も綺麗な花をお願いします!


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:17 | 植物

2022年08月30日

不思議な飛行機雲

空、特に雲の形を眺めるのが子どもの頃から好きです。

古本屋で随分前に購入したいろんな雲の写真集
かなり面白いです。

少し前に見かけた飛行機雲。
ちょっと変な形をしていました。
a220816_17.jpg

アップにするとこんな感じ
a220816_18.jpg

その時の気象状況によっていろんな形をする飛行機雲。
この日はどんな気象状況だったんでしょう。

雲が好きな割には全然くわしくない。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:03 | 風景

2022年08月29日

不気味な色の朝焼け

雨がちだった8月後半のある日、いつもより早い4時ころに
目が覚めて、また寝るのも中途半端だったのでそのまま起床。

外を見てびっくり、空がこんな色に。
a220822_1.jpg

不気味な程に紫がかった朝焼けでした。

写真を撮ろうと思いったのは少し経ってから。
最初はもっともっと濃い赤紫色でした。
時間が経つにつれてどんどん色が薄くなって。

「思い立ったが吉日」、
いくら寝ぼけていても起きてすぐカメラを取りに行くべきでした。

翌日も4時半ころに目が覚めたけど
昨日のような紫色ではなくごく普通の朝焼け。

やっぱり「思い立ったが吉日」だったーと反省。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 15:10 | 風景

2022年08月26日

湯倉神社の「夏詣」2

湯倉神社の「夏詣」ネタのつづきです。

しばらくぶりに訪れた湯倉神社で変わっていたこと。

「うさぎ」の存在が大きくなっていた。
おみくじの種類が増えていた。

a220816_13.jpg

うさぎのおみくじ
a220816_15.jpg

いかのおみくじは釣り上げる方式
a220816_16.jpg

他にも風鈴形等、いろいろありました。

うさぎに関しては、神兎(なでうさぎ)の像が設置されており公式サイトを見たところ
『神話「因幡の白うさぎ」に因み、御祭神の御神徳を広く御参拝の皆様にお受けいただきたいと願い、当社創建360年(平成26年)を記念し御神前に設置致しました。』(公式サイトより)とありました。
わりと最近のことのようです。

時代と共に変化する最近の神社です。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:01 | 函館

2022年08月25日

湯倉神社の「夏詣」

湯の川にある湯倉神社に「夏詣」の旗がありました。
地元誌でも紹介されて気になっていたので
お盆休みに立ち寄ってみました。

a220816_11.jpg

鳥居をくぐって右手に風鈴が飾られていて音が涼しげ
a220816_12.jpg

花手水
a220816_14.jpg

キッチンカーも出ていて賑わっていました。

ところで「夏詣」って何?
調べました。
年の初めに詣でる「初詣」から半年たった時期に
それまでの半年間の月日に感謝して詣でる新しい習慣。
2014年に浅草神社が提唱したのが最初とか。
かなり新しい。

初詣と違って若い人が多い印象。
映えるものがたくさん用意されているからかも。

尚、夏詣のイベント関係は8月21日で終了したようです。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:04 | 函館

2022年08月24日

久しぶりの湯の川温泉花火大会

8月12日、湯の川温泉花火大会が3年ぶりに開催されました。

本来は10日が開催予定日。
それが悪天候で11日になり、この日も回復せず順延。
12日がだめなら中止という中、天候が回復して無事開催できて
本当に良かった。

といっても会場までは足を運ばず、近所の高台からの見学です。
これが例年のスタイル。

手持ち撮影なのでこのくらいが限界
a220816_6.jpg

a220816_7.jpg

コロナ前は毎年お盆休みが終った8月後半に開催されていたけど
今年はお盆休みにちょうど重なって賑わったようです。

花火見学中、ペルセウス流星群の流れ星を1つ目撃。
こちらは突然のことで撮影できず。
花火の日は満月なので見つけにくいと聞いていたので
見られただけでラッキー!

少しずつ日常が戻りつつある最近の状況。
日常って当たり前のことじゃないんだなぁとつくづく思います。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:45 | 函館

2022年08月23日

公園の寄せ植えのベゴニア

香雪園緑のセンター前の寄せ植え。

秋モード
a220816_3.jpg

a220816_4.jpg

赤と白のベゴニアが中心。

このベゴニアという花。
種の値段はそんなに高くないので
種まきが難しいわけではないと思うのですが
種から育てるのが難しい(自分だけかも)。

発芽率が悪いのか、発芽までに日数がかかるのか
発芽する前に種まき用土がかびたりして
ほとんど成功した試しがありません。
種まきが早すぎたかもと思って遅めに撒いた年も結果は同じ。

春になって園芸店に並ぶベゴニアの苗。
100円足らずの安い値段で売っています。
パンジーやビオラと同じような値段。

最初から苗を買えばいいような話ですが
種まきから育てる楽しさは格別、
ついつい撒きたくなるのです。
失敗したことを忘れて数年おきに撒いているかも。

今年は園芸店から暑くなる少し前に苗を購入。
家では今一番元気な花。
雪が降るまで次から次へと咲き続けてくれます。

さて、来年はベゴニアの種まきをするかどうか・・・。
種のカタログを見ては悩みます。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:26 | 植物

2022年08月22日

秋の気配

公園で見つけた一足早い秋。
a220816_2.jpg

1本の桜の木の一部の葉っぱだけが紅葉していました。
暑さが続く中、ちょっとだけホッとします。

昨日も暑かった函館。
「今日こそは30℃を超えた」と思ったものの28.6℃。
調べてみたら今夏函館で30℃を超えたのは3回だけでした。
7月11日が最初で、今夏最高気温は7月31日の30.7℃。
連日猛暑日の方にしたら、そんなの全然暑くないと言われそう。

数十年前に静岡県と東京に約8年住んで
暑さには強くなったつもりでいましたが
北海道に帰ってきて、すっかり暑さに弱い派に戻ってしまいました。

静岡時代の友達は「あの頃とは暑さの質が違う」と言います。
「今の気象状況だったら、自分は向こうでは生活できなかったかも」と
つくづく思います。

週間予報によると函館の暑さもあと数日で落ち着く見通し。
あと少しの我慢。
その後どうか秋が長く続きますように。
雪が早くやってきませんように。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:14 | 雑記

2022年08月19日

四季の杜公園のヒース

久しぶりに訪れた四季の杜公園
丘から見下ろすヒースガーデンがきれいでした。
a220801_4.jpg

ヒースとは
もともとはイギリス北部、アイルランドなどにある荒地のことを指すが
そういう荒地でも育つエリカ属の植物も指すようになったとか。

数年前のこのブログで、ヒースガーデンが荒れていたと書きましたが
久しぶりに行ったヒースガーデンは
花も咲いてきれいに整備されていました。
一緒に植えられているコニファーも伸び伸び育っていい雰囲気。
ヒースの原語の通り荒れてなくて良かった、良かった。

ヒースガーデンの先には函館山や五稜郭タワーも望めて
ベンチにすわってのんびりすると本当に癒されます。

あとは、あのものすごい数のカラスが減ってくれれば・・・。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:35 | 風景

2022年08月18日

鹿部のアオバト

大沼まで出かけたついでに
ちょっとだけ足を伸ばして鹿部の海岸へ。

岩場にいました、アオバト。

今夏も近くの海岸や山で
飛んだり遠くの木に止まっているものは見ていたけど
せいぜい数羽程度。

この日は少しまとまった数のアオバトを見ることが出来ました。

とは言っても、遠い。
a220801_6.jpg

a220801_7.jpg

自分が待っていた場所と反対側。
そーっと歩いて近づいたけど、これくらいが限界。

結局海水を飲む姿を撮ることはできませんでした。

そうこうしているうちに、潮は満ちてきて撤収。
まあ、見られただけでも良しとしないと。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:18 |