2021年08月31日

毎年花一つのカシワバアジサイ

庭のカシワバアジサイの花。
a210830_1.jpg

丸く咲くふつうのアジサイと違って、
白い花を細長く垂れるように咲かせます。

もう植えて10年近くたつのに
高さも枝の数もほとんど変わらず。
もう一つ変わらないのが、
毎年咲く花が一つだけということ。

小さい体にあの花は重すぎるので
たぶん自分の身を守るために最低限の花しか
咲かせないのだと思われます。

公園で見かけるカシワバアジサイは驚くほど
背も高く枝もたくさん、もちろん花もいっぱい。
それに比べて我が家のカシワバアジサイの貧相な事。

車庫の後ろの陽がほとんど当たらない過酷な環境。

それでも毎年一つの花を咲かせるカシワバアジサイは
なんて健気なんでしょう。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:30 |

2021年08月30日

二羽のホシゴイ

いつもの川に行くとほぼ100%の確率で出会える
ゴイサギ。

その子供ホシゴイが数羽いることは確認していますが
いつもそれぞれ思い思いの場所に離れていることが多い。
行動パターンもバラバラ。

この日は珍しく二羽のホシゴイが近くにいて
何やら絡んで(?)おりました。

a210823_4.jpg

分かりづらいですが、羽を広げたホシゴイの右側に
ホシゴイがもう一羽。
a210823_5.jpg
見つめ合っている状態。たぶん兄弟。

夜行性の鳥ですが、結構昼間も起きて活動します。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:31 |

2021年08月27日

エゾリスのまばたき

青いクルミをくわえたエゾリス
a210823_8.jpg

食べごろになるまで地面に埋めるの?
まだまだ暑いけど早くも冬の準備?

肉眼で見ていた時は全く気付かなかったけど
後で写真を確認したら、まばたきしていた。
a210823_9.jpg

何をしてもかわいいのぉ。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:23 | エゾリス

2021年08月26日

ハクセキレイの幼鳥

川ではセキレイの幼鳥がたくさん見られます。
川でも、海でも、この辺はセキレイ率(?)がなかり高い。

この日出会ったハクセキレイの幼鳥は
護岸工事されたコンクリートの所。

a210823_3.jpg
トコトコ歩いて、なかなかこの場所を離れません。

かなりトリミングしていますが、周りはゴミがあったり
温泉成分のせいなのかヘドロのような泥
景観的にはあまりきれいでない場所。

どうせ撮るならもっと葦などが生える
自然な風景の所で撮りたかった。


緊急事態宣言が追加発令された北海道。
函館でも、オリンピック、連休やお盆休みあたりから
目に見えて観光客、帰省する人が増えてきました。
週末は湯の川温泉のホテルの駐車場がほとんど満車状態。
函館以外のナンバーの車が多数見られ、心配はしていました。
最近は函館の1日のコロナ患者数が20人を超える日が
珍しくなくなりました。
小さい街なので今後が心配・・・。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:24 |

2021年08月25日

農道でシカに遭遇

草が刈られて歩きやすくなった農道を歩いていると
前方に黒い影。
かなり距離が離れている。

少ししてシカ、しかも(?)まだ若いバンビと判りました。
立ち止まってこちらを見ている。
カメラを向けつつ、つい興奮して「シカがいる!」と
叫んでしまいました。

するとバンビは、クルっとUターンを始め。
a210823_6.jpg

走ってそのまま左の藪の中へ。
a210823_7.jpg

小鹿が一頭だけ。
仲間とはぐれたのか、独り立ちしたばかりなのか。

もう少しゆっくり眺めたかった。
正面からの写真も撮りたかった。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:14 | 動物

2021年08月24日

ハイブリッドルゴサのバラの花と実

ハイブリッドルゴサはロサルゴサ(ハマナシ)の系統を受け継ぐ
強健なバラ。
いろんな面でハマナスに似ています。

庭のシュネーコッペ(スノーペイブメント)。
薄ピンクのふわっとした柔らかい印象の花。
a210823_1.jpg
これが、やさしそうな花に似合わず棘がたくさんあってしかも鋭い。
まさに「きれいな花には棘がある」状態。

花が終るとかわいい実(ローズヒップ)が楽しめます。
a210823_2.jpg
実はハマナスにそっくり。

花も楽しめて実も楽しめるので「一粒で二度美味しい(?)」
更に紅葉も楽しめるので三度美味しい。

冬の前や春先に思い切った剪定をしても
ちゃんときれいな花を咲かせてくれる優等生のバラ。

棘さえ少なければ文句なしなんだけど。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:35 |

2021年08月23日

カワセミとハクセキレイの攻防

川で見かけたカワセミとハクセキレイ。
どちらも幼鳥。

カワセミの幼鳥は巣立ってエサを自分で捕り始めたところ。

何故かカワセミの幼鳥の所にハクセキレイが近づいてくる。

小魚をゲットしたカワセミの近くにに止まって
ジーッと見つめるハクセキレイ。
a210816_5.jpg

刺すような視線に耐え切れず、上の枝へ移動したカワセミ。
ゆっくりゲットした魚を味わいます。
a210816_6.jpg

すると諦めたハクセキレイの幼鳥が、
見よう見まねでホバリング(?)らしきものを試みる。
a210816_7.jpg
でも、上手く出来ない。

そうか、カワセミくんみたいに魚が取りたかったんだ。
カワセミくんが羨ましかったんだ。
鳥界にもいろいろドラマがあって興味深い。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:24 |

2021年08月20日

〇〇クワガタのメス

昆虫には全く詳しくないので正式名称が分かりません。

クワガタのメスということは確か。
a210816_3.jpg

ネットでクワガタのメスの見分け方を見ましたが
さっぱりわかりませんでした。

野鳥のメスが判別が難しいのに似ているかも。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:59 | 動物

2021年08月19日

やっぱり河原はカワラヒワ

カワラヒワ、顔はちょっと怖いけど
声がとってもきれいな鳥。

いろんな場所で見かける、珍しくない鳥。

でも、川原にカワラヒワがいると必ず写真を撮ります。
というか、撮りたくなります。
a210816_4.jpg
河原のカワラヒワ。

久しぶりに太陽を見ました。
数週間、曇りや雨がちで気温も低かった函館。
珍しく朝から太陽が出ました。
気温も久しぶりの27℃予報。
日照不足で、庭の朝顔が葉ばかり茂って一向に咲きません。
ミニトマトの色づきも全く進みません。
太陽って大切、改めて思います。

オリンピック期間中は真夏日が続き、ギラギラ太陽がうらめしくて
「せめて雲に隠れて」と祈ってましたが。
まさかオリンピックが終わった途端、こんなに長く雲に隠れるとは・・・。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:42 |

2021年08月18日

カワウの首の曲げ方

かなり離れた川岸にいたカワウ。

じーっと地面を見つめてる。
餌を探してる?
a210816_1.jpg

しばらく様子を見ていたら
えーっ、首をそう曲げる?
a210816_2.jpg
突然首をひっくり返して土を掘り始めました。

そうした方が餌が取りやすい?

人間を基準に物事を見ているからビックリするだけ。
鳥にとっては当たり前のことなのにね。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:35 |