2021年04月01日

傷だらけのミズバショウ

今季初の水芭蕉は、葉っぱも花も傷んでいました。
a210329_1.jpg

回りはまだ残雪もあって、他の水芭蕉は葉っぱが少し顔を出した程度。
そんな中、この一株だけが咲いていました。
よほど日当たりが良いのか。

その傷み具合から、泥や雪の困難をかきわけて咲いたことが
うかがえます。

今年は函館は雪が少なく、雪解けも早かったせいか気がついたら春、
という印象。
庭のスノードロップも、雪の中に顔を出すかわいらしい姿が
あまり見られなかった。
気がついたらもう雪は解けていたので。

やはり冬は冬らしくないと、春が来たという感動が薄いのかも。

それでもやっぱり春はうれしい。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:48 |