2021年03月31日

大沼の渡り鳥

今年は大野平野ではマガンや白鳥の群れをほとんど
見られなかったので、大沼へ。

いました、いました。
手前が白鳥、その後ろの黒い粒粒がマガンたち。
a210329_2.jpg

昨シーズンの今頃に比べると数は少ない印象。

夕方近くになると、まわりの畑や田んぼにエサを食べに行っていた
小グループが続々とねぐらに帰ってくる。

a210329_3.jpg

白鳥が飛ぶ姿はいつ見ても優雅で美しい。

十分休養をとって、体力回復と栄養補給をした後
更に北へ向かいます。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:52 |

2021年03月30日

あわてて撮る飛行機

上空を着陸間近の飛行機が通過するのは日常茶飯事。

それでもついついカメラを向けてしまいます。
珍しい飛行機でなければそのままスルー。
見たことのない機体、珍しいプリントがある場合は撮影。

先日も、飛行機が近づいてきたので例によって
ゆるーくカメラを向けて待機。

通過直前に、プリントがあることが発覚。
あわてて撮りました。
a210322_8.jpg

a210322_9.jpg
ちょっとかっこいい。

ところで日本博って何?
ネットで調べると、東京2020オリンピック・パラリンピックを契機に
「日本人と自然」をテーマに日本の良さを国内外へ発信・・・とありました。
新型コロナの影響で様々なプロジェクトが延期等になっているようですが
現在も続いているそうです。

全く知らなかった・・・のはひょっとして自分だけ???


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:14 | 雑記

2021年03月29日

ホオジロガモのシンクロ

目の前のホオジロガモのメスが、人間の存在に気付いて突然飛翔。

警戒心の強いカモ類によくあるパターン。
そんなにあわてて逃げなくても・・・。

どちらが合図したのか、ほぼ同時に飛び立つ。
a210322_10.jpg

羽のはばたく速度も一緒。
羽がきれいに揃ってる。
a210322_11.jpg

フィキュアスケートのペアやアイスダンスなら
間違いなく高得点。

すっかり春らしくなって、冬鳥も少なくなりました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:16 |

2021年03月26日

公園では嫌われるウソだけど

先日、郊外の里山で久しぶりにウソに遭遇。

a210322_4.jpg

桜の木がある公園では、花芽を食べるウソは厄介者。
ウソが現れると桜の花が少なくなるから。

でもこれは人間の勝手な都合。ウソに罪はない。

本当は色が鮮やかできれいな鳥。

a210322_5.jpg

あっ、でもひょっとしてこの幹の模様は山桜?
やっぱり、桜の芽が好きなんだ。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:35 |

2021年03月25日

かわいい散歩

少し前の暖かい日差しの日、公園でかわいい散歩を見かけました。

飼い主さんが大事に毛布にくるんでいた子を地面におろしていて。
猫ちゃん?と思ったらウサちゃん。

あんまりかわいいので「写真撮っていいですか?」
刺激しないよう、そーっと撮らせてもらいました。

a210316_6.jpg

a210316_7.jpg

ここでは猫の散歩は見たことあるけど、ウサギの散歩は初めてでした。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:22 | 動物

2021年03月24日

渡りの季節2

北帰行の渡りを見るのは、だいたい午前中が多い。
日曜日はお昼近くまで、あちこちで渡り鳥の編隊が見られました。

この日は天気が荒れる前日。

夕方、再び渡りを目撃。
津軽海峡の方からザワザワした声が。

空を見ると、いました!
でも、朝の群れとはちょっと違う。
密です! 編隊が美しくない。
a210322_12.jpg
慌てているのか、先を急ぐのか。リーダー不在なのか。

進行方向は、かなり東向き。たぶんウトナイ湖。

X字飛行になってもこのくらい。
a210322_13.jpg

結局なんとなくきれいに並ばないまま北東へ消えていきました。
a210322_14.jpg

日没までに間に合ったかなぁ。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:15 |

2021年03月23日

渡りの季節

先週の土曜日は朝から青空が広がる穏やかな天気。

朝からあちこちから「クワァ、クワァ」の声。
見上げると、南の方から次々と渡り鳥の群れ。

a210322_1.jpg

あちこちから十羽程度の小さな群れが集まってきて
最後はものすごい数に。

a210322_2.jpg

こんなにたくさんの群れを見たのは初めて。
望遠レンズなので入りきっていません。

この時の群れはほぼマガン。
a210322_3.jpg

その後、ハクチョウの群れも通過しました。

この日は渡りラッシュ。
明日は大荒れの予報だとどこから聞きつけたのか
鳥たちは北帰行の旅を、今日だと決めたのでしょう。

方向からいって、次の中継地は大沼や苫小牧のウトナイ湖でしょうか。
この分だと今年は、大野平野には立ち寄らないみたい。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:28 |

2021年03月22日

大野平野の白鳥

先々週、大野平野に渡り鳥が来ていないか出掛けてみました。

昨年は3月中旬、今まで見たこともない数の
マガンや白鳥に出会いました。
刈り取った田んぼや畑一面に鳥、鳥、鳥
夕方になるとねぐらに帰るのか、一斉に飛び立つ姿は圧巻。

そんな光景を期待して出かけたものの、
そこに居たのは小さな群れの白鳥だけ。

途中で、昨年より雪が残っていたので嫌な予感がしましたが、
やっぱり・・・。

a210316_8.jpg

a210316_9.jpg

白鳥よりカラスの方が多いくらい。

その後行っていないので、現在の様子は判りませんが
年によってこんなに違うとは。
今年は雪があって、食べられる落ち穂類も少ない。
上空を通った時に、これじゃあエサが取れないからスルーするか、
と決めるのか、とにかくすごい能力だと思う、野生の勘は。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:07 |

2021年03月19日

穏やかな函館港

春の到来を思わせる最近の函館です。
数日前の朝降った雪は、お昼ごろにはすっかり融けて。

雪の中のクリスマスローズの写真を撮ろうと思ったら
気がついた時にはなくなっていました。

ある日の函館港の写真。
青函連絡船「摩周丸」、少し遠くに五稜郭タワー
さらに向こうに三森山が見えます。

a210316_5.jpg

今は記念館になっている青函連絡船「摩周丸」の左側に見える
白い建造物は、大型クルーズ船専用に作られた桟橋。

2019年には港町埠頭なども合わせて54隻も寄港していましたが
2020年は新型コロナの影響でゼロ。
2021年の受け入れも未定。
観光都市函館にとっては厳しい現実。

そんな中、現在も市内ではホテルを数館建設中。
新しく出来るホテルもあれば、休館、やめた所もある。
コロナが終息しても、今までのようには戻らないような気がするし。
新しい観光のありかたが問われているのかもしれない。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:17 | 函館

2021年03月18日

川で出会ったノスリ

昨年、松倉川に行くとほぼ100%の確率で
猛禽類のノスリに出会える時期がありました。

見つけるたび、「あー今日も会えた、良かったー」。
珍しい鳥ではないけど、警戒心が強く、人が近づいたり
カメラを向けられることを嫌います。

だから、写真はいつも遠くの木に止まったり、
上空を旋回する姿。

でも、ここで出会うノスリはちょっと違った。

この日は、遊歩道に設置されたステンドグラスの街灯の上に
止まって。
a210316_3.jpg
さすが猛禽類、後ろ姿が凛々しい。

こんなに近くで撮らせてくれました。
a210316_4.jpg

警戒心少ない。
たぶんまだ怖いもの知らずの幼鳥なのでしょう。

2〜3週間見かけた後、パッタリ姿が見えなくなりました。
山に帰ったのかな?


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:28 |