2021年02月10日

向こうから寄ってきたアトリ

群れで行動する鳥は小さい鳥が多く、警戒心が強い。
弱いから群れで行動する。
アトリもその一つ。

人が近づくとパーッと木の上に避難したり、遠くへ飛び去ったり。
なかなかいい写真を撮らせてくれません。

ところが先日出会ったアトリはちょっと違いました。

坂を上がっていくと、遊歩道の上にアトリ発見。
a210208_3.jpg
地面に落ちた木の実か何かを食べている模様。

ここでいつもの自分なら、「あっ、アトリがいた!」と
ゆっくり静かに近づくところ。

この日はグッと我慢。
動かずその場で写真を撮り続けました。

すると、アトリは下に人がいるにもかかわらず
どんどん坂を下ってくる。
a210208_4.jpg
こんなに近くで撮れました。

そうか、鳥は動くものが怖いんだ。
ちょっと自分の行動を変えるだけで状況が変わる。
今後に活かそう!

・・・とは言いつつ、鳥を見つけるとついつい近づきたくなる性分。
果たして実行できるか。自信ない・・・。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:13 |

2021年02月09日

かわいい顔をしたノスリ

住宅街でひときわ目立つ電信柱。
その先端にノスリが止まっていました。
a210208_1.jpg
よく見ると穏やかでかわいい顔。
猛禽類の一種ですが、どう猛さは微塵も感じられず。

しばらくすると背後からカァーカァー
大きな鳴き声を上げてカラスが登場。
「どけどけ、そこは俺様専用の場所だ!」

a210208_2.jpg
ノスリは抵抗することも無くあっさりと飛び去っていきました。
気も弱い? 優しい?

そういえば、ノスリが猛禽類らしさを見せるシーンを
今まであまり見たことがない。

カラスはいつもヒール役。
勝手に役柄を決められてカラスもいい迷惑でしょうね。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:18 |

2021年02月08日

密になったコクガン

ゆったりと磯で海藻を食べていたコクガン、
突然の何者かの飛来で一斉に突然飛び立って、
再び海上に戻ってきた時の様子。
a210201_6.jpg
密です、かなり。

元々警戒心が強いのか、結束力が強いのか、
少数の群れで行動を共にするコクガン。

日常では、海藻を食べる時は多少散らばっても
海洋に漂う時も、飛ぶ時もまとまって行動。

ただ、普段の様子に比べても、やっぱり密です。


相変わらず寒暖差が激しい函館です。
雪がまとまった量降った後は、春並みの気温で融ける。
これの繰り返し。
毎年こうやって、徐々に春に近づくけど
今年はその振れ幅が大きいような気がする。

そうは言っても、日に日に陽が長くなり
春の兆しが感じられるようになりました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:28 |

2021年02月05日

やっぱり残念な光景

松倉川のカモたち。
マガモ、カルガモ、コガモ。

夢中で餌を探しています。
a210201_7.jpg
探している場所は、上流で河川工事が行われているため
海へ漂流物が流れ出ないように設置されたフェンスのある所。
流木などは判りますが、プラスチックゴミの多いこと。

a210201_8.jpg
これじゃあ、間違ってプラスチックも口に入れちゃうかも・・・。
鳥たちの健康が心配。

湯の川温泉街を流れる川。観光客にも荒れた印象を与えそう。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:02 |

2021年02月04日

毛嵐の中の漁船

昨日の最高気温はマイナス7.1℃、今日もマイナス5℃の予報の函館です。
おまけに積雪もあって寒さの中での雪かきは
手袋をしていても指が痛くなる程、こたえます。
2日の最高気温はプラス7.5℃あったので
一日で15℃近く下がったことになります。

気温が低い日は、海に毛嵐がよく発生します。
毛嵐の中から漁船が現れる。
a210201_3.jpg

漁船の右上の白い物体はたぶんカモメ。
a210201_4.jpg

漁船からの視界はどのくらい?
陸上の濃霧のような感じ?
いずれにしても厳しい条件での仕事です。

節分を過ぎたのに、季節はまだ冬真っ只中。
今年は積雪も寒さも例年より早かったので冬が異様に長く感じます。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:55 | 風景

2021年02月03日

元気な冬リス

雪まみれになって埋めたクルミを探すエゾリス。
a210201_2.jpg

いつも不思議に思うけど、ちゃんとクルミがある場所を判って掘っている。
クルミゲット!
a210201_1.jpg

厚い毛皮のコートを着たエゾリスは冬でも元気いっぱい。
雪の上を飛ぶように駆け回ります。

でも、さすがに冬はエネルギーを早く消費するのか、
数時間動くとさっさと巣へ帰ってしまいます。

そんなわけでお昼近くに公園に行っても
エゾリスに出会える確率は低いのです。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:47 | エゾリス

2021年02月02日

逃げるホオジロガモ

悠々と上流から流れに身を任せて進んできたホオジロガモのオス。
もうすぐ近づく、真横を通過する・・・ちょっと離れた雪山に隠れて待ちます。

距離は十分離れていたのに、人間の存在に気付いて
突然クルリと向きを変えて、水面を走るように助走をつけて
上流方向へ飛んで行ってしまいました。
a210201_5.jpg

やっぱり、この川のカモ類は警戒心が強い。

トビは当たり前、時々ハヤブサ、冬にはオオワシやオジロワシ
猛禽類が上空を旋回する場所。
別の場所の同じ種類のカモよりずっと警戒心が強い。

護岸工事が始まった川のむき出しの斜面はブルーシートで覆われて。
しっかり、川に写り込んでいる。
何とも不気味な写真になりました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:14 |

2021年02月01日

津軽海峡の蜃気楼

津軽海峡の向こう、青森側に蜃気楼のようなものが出現。
a210125_8.jpg

晴れた日や空気が澄んだ日は下北半島が見えますが
この日は青森は見えず。
ただ蜃気楼だけが浮かび上がって。

その手前をコクガンが一列に並んで飛ぶ。
何とも幻想的な風景。
時間を忘れて何時までも見ていられる風景。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:40 | 風景