2020年12月29日

今年の最後はやっぱりリスで

2020年も残すところあと少し。
年内のブログの更新は今日が最後です。

締めはやっぱり大好きなエゾリスで。
ある夏の日の公園のリス。
a201221_4.jpg
ポーズが可愛い。いつも癒されます。

思えばコロナに翻弄された一年でした。
数々のイベントが中止になって。
イベントがないと、こうも時間が過ぎるのが早いのかと実感。
気がつけばもう年末。

明日からお正月にかけては最高気温がマイナス7℃の
日が続く予報の函館です。
雪も降るみたいだし。
これは、外出を控えなさいという天からの思し召し?

今年のお正月休みは、家で溜まりに溜まった写真の整理でも
しようかと思います。

訪問いただいた皆様、ありがとうございました。
来年もつたないブログですが、よろしくお願いいたします。
来年こそは、良い年になりますように!


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:09 | エゾリス

2020年12月28日

桜の花と実を楽しむメジロ

桜が満開の頃、大好きな甘い蜜を吸いにやってきたメジロ。
桜の木を次から次へと飛び回った群れは、桜の花が終わる頃には
パッタリ来なくなりました。

それからしばらくして、桜の木に黒い小さなサクランボが実る頃
再びメジロの姿が。
a201221_2.jpg

今度は仲間は一緒でなくて。
おいしい実を独り占め。

花の蜜を楽しんで、終わった後は実を楽しんで。
桜の木は魅力がいっぱい。

また来年、桜の季節に会いましょう。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:54 |

2020年12月24日

スズメの親子

夏に出会ったスズメの親子。

大きな口を開けてエサをねだっています
a201221_1.jpg

少し大きくなったスズメの子
a201221_3.jpg

スズメは人里離れた場所にはいない、と聞いたことがあります。
それほど人間と縁の深い鳥、寂しがり屋の鳥。

コムクドリが巣立った直後、同じ巣穴にちゃっかり
自分たちの巣材を運び始めて巣にしたスズメがいました。
正確に言うと、コムクドリのヒナがいるうちから目をつけて
ちょっかいを出していました。
そんなたくましい一面も持つスズメ。
あまりに普通にいるので野鳥カメラマンは敢えて撮りませんが
自分はスズメの写真、よく撮ります。


クリスマスイブの今日、函館では朝から断続的に雨。
雪がどんどん融けてゆきます。
屋根からも時々「ドドーッ」と大きな音がして雪が落ちてきます。
これに当たったら大変。
くれぐれも軒下には近づかないように、ご注意ください。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:05 |

2020年12月23日

ますます元気なリス

雪が降ってますます元気いっぱいのリス。

雪を掘ってクルミを探したり
木に登って松ぼっくりを取ったり
あちこちで追いかけっこが始まったり
a201221_6.jpg

葉っぱがある季節は樹上のリスを探すのが大変
でも、今は葉もすっかり落ちてリスが探しやすくなりました。

とにかく元気いっぱいのエゾリスです。
同じリスでも今頃冬眠しているシマリスとは対照的。

昨日は気温が4℃を超え、函館の雪も随分融けました。
今日も5℃の予報、さらに融けるでしょう。
明日クリスマスイブは7℃で一時雨、雪が無くなりそう。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:57 | エゾリス

2020年12月22日

凍った松倉川

先週末の異常な寒さの中、松倉川が凍っていました。
a201221_12.jpg

2月の極寒の時期、しかもまれにしか見たことがありません。
いつも必ずいるカルガモの姿もなく、一体鳥たちはどこへ避難したのか・・・。

このままどうなるかと思いましたが、今朝は寒さが緩みました。
最高気温も3℃の予報、間違いなく雪がとけますので
軒下などを歩くときは要注意です!

これから数日は、プラスの予報。積もった雪も確実に減るでしょう。
ひょっとして、このままいくとまさかのホワイトクリスマスでなくなる?

年末は再びマイナス10℃級の寒さが続く予報。
せめて、新春早々の雪かきだけは勘弁して欲しい。

今年も残すところあと少しです。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:11 | 風景

2020年12月21日

いきなり極寒

今年も雪の少ないクリスマス・・・のはずが先週からの雪と
大寒波で一気に季節が進みました。

香雪園もすっかり冬景色
a201221_5.jpg

昨日の最低気温は気象庁の発表では-13.4℃。
新聞では函館空港で-16.7℃とありました。
同じ市内でも随分違う。

この時期で最低気温がいきなりのマイナス10℃以下。
体がついていきません。
運転も、冬道を歩くのも、服装も慣れてない。

過去の気象庁の記録を調べてみると、
過去10年間で12月にマイナス10℃を下回ったのは
  2018年 12月28日
  2012年 12月26日
  2011年 12月20日
今年は12月16日に既に-10.5℃を記録しているので
この10年間で一番早い。

ちなみに昨年-10℃を下回ったのは年が明けて
2月9日、かなりの暖冬でした。

今週はいったん気温が8℃くらいまで上がった後、
年末に向けて更に最低気温ー10以下の日が続きます。

今冬このペースでいくとどうなるのか・・・考えただけで怖い。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:56 | 雑記

2020年12月18日

トビの足に・・・

夏に漁港でみかけたトビ、
何か大物の魚でもゲットしたのかな?

a201214_4.jpg

こちらへ飛んで来た。

よく見たら、足についていたのは絡まったビニール。

上空で足を顔に近づけて必死に外そうとしている。
a201214_5.jpg

しばらく奮闘したものの、そのまま向こうへ飛んで行ってしまった。

その後、上手く外せたかな・・・気になる。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:21 |

2020年12月17日

悠々と通過するカイツブリ

函館市内の某川、猛禽類が多いせいかどの鳥も警戒心が強い。
ちょっとでも人間の姿を見かけると、かなり離れていても
飛び去ってしまいます。
松倉川ではあんなにフレンドリーなカルガモでさえ。

いつも川の近くで車を下りただけで鳥たちが飛び立つので、
先日はドアも締めず、そろーりそろーり、静かに下車。

あっ、ホオジロガモがいる!
静かにカメラを構えた瞬間にバタバタと飛び立ってしまいました。
今日もダメかー・・・

そう思っていたら、上流からカイツブリ登場。

b201207_6.jpg

写真を撮っている真横をスーッと、かなりのスピードで
河口方向へ流れるように通過。
あまりの警戒心のなさに、逆にビックリ。

ひょっとしてこの川へ来たばかり?


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:36 |

2020年12月16日

早くもヒレンジャク

昨冬は函館市街地に多くのレンジャクがやってきました。
たぶん、今まで見た中で最多。
市内の街路樹にナナカマドが多いのも一つの要因。
それでも初撮影は雪が積もった後、年が明けてからだったと
思います。

ところが、先日雪が積もる前に早くもレンジャクを発見!

尾羽の先が赤いヒレンジャク、大好物のナナカマドの実を食べに。
a201214_2.jpg

a201214_3.jpg

数十羽の大きな群れでした。
尾羽の先が黄色い「キレンジャク」は未確認。

町の中でナナカマドの実が地面に落ちていたら
レンジャクの仕業かもしれません。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:58 |

2020年12月15日

クマ出没看板の効果

函館市郊外を走行中、例の看板を発見。

「ヒグマ出没中」
b201207_8.jpg
出没日時が消えて読めない。
「平成」だけはかろうじて判るので、最低でも2年以上前のもの。

それでも十分効力はあります。

これを見ると確実にビビります。
そうか・・・ここにも出たのか。
ついつい目の前の丈の高い草原をキョロキョロ、
次に目線を遠くへ移して裏山を確認。
何もいないことが分かってホっとする。

雪が降ってそろそろヒグマも冬眠したでしょうか。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:20 | 雑記