2020年10月23日

マクロレンズでシュウメイギク

シュウメイギク(秋明菊)は多年草、夏の終わりごろから
毎年きれいな花を咲かせてくれます。

庭にはピンクと白の2品種あります。
まずピンクが咲きだして、その後に白い花。
白い花は雪が降るまで咲き続ける優等生。

ピンクのシュウメイギクをマクロレンズで。
b201015_7.jpg
よく見ると不思議な構造。虫が写ってた。

シュウメイギクは大好きな花の一つ。
菊と名前がつくけどキンポウゲ科。
気がついたら庭にはキンポウゲ科の花がたくさん。
クレマチス、クリスマスローズ、アネモネ・・・。
気に入った花が、後で調べたらキンポウゲ科だったということが多い。

こんなに大好きな花だけど、増えすぎて困ります。
地下茎を伸ばして、随分離れた所からひょっこり姿を現して
花を咲かせます。
狭い庭泣かせの花でもあります。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:46 |