2020年07月09日

幼鳥の季節

公園に行くと、あちこちでいろんな種類の幼鳥が見られます。

スススス、ピピピピ、ジージージージー・・・
賑やかな鳴き声がするのですぐ分かります。
巣立った直後は一つの木に幼鳥がまとまっています。
一番多いのはヤマガラとシジュウカラ。

この木の中に絶対にいると分かっても、幼鳥の姿を探すのは大変。
絶えず動き回ったり、枝が混んだ場所を選んで居たり。
カラスなどに狙われないために、親鳥が教えた知恵なのでしょう。

巣立ってから少しの間は親からエサをもらいます。

あどけない表情。
幼鳥のうちはまだ模様が薄いので、シジュウカラなのかヤマガラなのか
区別が付けにくい。
これはヤマガラ?
b200629_16.jpg

幼鳥は嘴が黄色いのが特徴。
b200629_17.jpg

お母さんからエサをもらってるところ。
こちらはシジュウカラ。
親を見ると誰の子か分かります。
b200629_15.jpg



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:12 |