2020年02月28日

真っ白い秋田犬

公園で出会ったお散歩中の秋田犬。
高齢の男性が飼い主さん。

ものすごく大きくて真っ白、毛並みがきれい。
お散歩中のベビーカーの赤ちゃんの顔に自分の顔を優しく近づけて。
赤ちゃんも全く怖がらず。
大人しくて、穏やかで、躾がしっかりされているのがよく分かります。

誰もいないグランドで走る姿を遠くから撮影。
b200225_4.jpg

本当に楽しそう。
b200225_5.jpg

癒されました。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:18 | 動物

2020年02月27日

今年の白鳥

今年は雪も少なく、寒さもさほど厳しくなかったせいか、
去年ほどたくさんの白鳥は見られませんでした。

いつも冬に白鳥を見に行った川。
b200218_1.jpg

b200218_2.jpg

例年なら、かなりまとまった数の白鳥が見られますが、この日は8羽程度。
しかも数羽単位で散らばってます。

行けば確実に見られた白鳥も、見られない日が多く。
すでに北帰行の群れを見たという人もいたり。

今冬は川がほとんど凍らかなったので、一か所に集まる必要もないし
畑は土が見える状態なので、川で餌を探す必要もない。
そんなわけで、白鳥はあちこちに散らばって越冬したと思われます。


冬らしくない冬から、春の気配が感じられるようになってきた函館です。
今日(札幌だけは明日)から北海道の公立の小中学校は
新型コロナウィルスの影響で休校。
感染状況も、はっきり公表されない部分もあって余計不安。
先日は、オープン前のドラッグストアにマスクを求める行列を見ました。
この状態いつまで続くのか・・・。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:47 |

2020年02月26日

リスの追いかけっこ

雪もほとんど融けた公園で、あちこちで見られた光景。

リスの追いかけっこ。

静止している時間はほんの少し、絶えず動いているので
一枚の写真に二匹を入れるのは大変。

お互い無関心を装っている。
b200218_5.jpg

b200218_6.jpg

でも、時々相手をのぞき込んだり、突然追いかけっこを始めたり。
追いかけっこは、木の幹をらせん状に動き回ります。

リスも恋の季節。
別の場所では、巣材の杉の皮を一生懸命剥いで丸めて運ぶリスも。
春にはかわいい子リスが見られるでしょう。楽しみ!



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:17 | エゾリス

2020年02月25日

冬でも水浴び

雪が積もる冬の公園の水場にヤマガラがやってきました。

水を飲むのかなと思ったら、どっぷり水につかって。
b200210_3.jpg

バシャバシャ。
b200210_4.jpg

真冬の水浴び、寒くないのかな?

この場所にはいろんな鳥が水を飲みにやって来ます。
ずっと張っていたら、ものすごく多くの種類の鳥が見られるかもしれない。
ただ、ずっと張ってもいられないので、訪れたときにチラッと見るだけ。
それでも、今までにたくさんの鳥を見ました。

かわいかったは、水浴び後に毛がボサボサになったヒガラ。
また見たい。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:09 |

2020年02月21日

逆毛立ったダイサギ

川で魚を物色中のダイサギの頭の毛が、何故か突然逆毛立ちました。
b200210_8.jpg

アップにするとこんな感じ。
b200210_9.jpg

風が強いわけでもなく。
外敵が現れて威嚇しているわけでもなく。
興奮した感じでもない。

ついさっきまではツルンとしていた頭が。

大物の獲物が足元にいたのかな?

その時どんな状況だったんだろう・・・気になるー。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:36 |

2020年02月20日

冬の海

いつもは荒々しい印象が強い冬の津軽海峡ですが
今年は荒れた冬の海を見なかったような気がします。

穏やかで春を思わせる。
いつもはもっと水鳥が多いような気がする。
b200218_4.jpg

蜃気楼?
b200218_3.jpg

海岸に住んだ人から、「対岸(青森側)がはっきり見えたら天気が崩れる」と言われていたと聞きました。

あまり当たらない天気予報より、こういう昔からの言い伝えの方が当たるのかも。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:18 | 風景

2020年02月18日

安定して見られるサギ類

改修工事が進む松倉川ですが、周りがどんな状況になろうと
冬にほぼ安定して見られるのがサギ類。

まずはアオサギ。
b200210_7.jpg
よほどお気に入りなのか、場所もほぼ同じ。

こちらはダイサギ。
b200210_10.jpg
漁法が独特。
まず細い足をブルブルと小刻みに震わせます。
川底の泥に潜んでいる魚を驚かせます。
ビックリして動き出した魚をパクリ。

ただ、成功率が低い。
なかなか魚にありつけません。

足をブルブルさせている姿がなんとも滑稽で
ついつい見続けてしまう。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     


posted by mayphoto at 09:25 |

2020年02月14日

まだいたレンジャク

函館市内の街路樹のナナカマドの実はほぼ食べ尽くされ
もういないのでは、と思っていたレンジャクがまだいました。

ほとんどが尾羽の先が黄色いキレンジャク。
b200210_5.jpg

頭上の低い電線に止まった。
b200210_6.jpg
フンが写っています。
気を付けないとフンを落とされます。

もうそろそろ好物がなくなったので、いついなくなってもおかしくない。

それにしても、今年は長いこと楽しませてもらいました。
こんなに長期間にわたって、いろんな場所で、いろんなシーンのレンジャクを
撮った経験はありません。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:12 |

2020年02月13日

夕方の空港

夕方の函館空港近辺。
着陸直前の飛行機。
b200203_11.jpg

日に日に、日が長くなり春の気配を感じる今日この頃です。

つい数日前までのマイナス10℃の世界から一変、昨日の最高気温は8.9℃。
今日も同じくらいまで上がる予報。
雪もすっかり少なくなりました。

今週末はまた雪の予報、この時期になってもまだまだ気が抜けません。
これだけで冬が終わるわけない、最後にドカンと大雪がくるかも。

そう思いつつも、長くなった日は何故か心を軽くしてくれます。
春が待ち遠しい。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     

posted by mayphoto at 09:29 | 風景

2020年02月12日

巣材を運ぶエゾリス

今の時期、エゾリスは新居の準備に大忙し。
子育ての準備です。

新居に敷き詰める杉の柔らかい皮を、器用にまとめて口にくわえて運びます。
b200203_12.jpg

b200203_13.jpg

きれい好き、用心深いエゾリスは子育て中に何度も引っ越します。

子リスを一匹ずつ口にくわえて引っ越しするくらいなので、
杉の皮なんて軽くて楽々。
何度も何度も巣材を運びます。
春には元気な子リスがみられることでしょう。
楽しみ!


最低気温マイナス10℃前後の日が1週間くらい続いた函館ですが
やっと、寒さの底を超えたようです。
しかも今日明日の最高気温の予報が9℃、11℃。
一気に春の気温。
極端な気候変化に身体がついていきません。
こういう時は健康には要注意です。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:32 | エゾリス