2020年01月20日

カルガモの親子

初夏の頃の川沿いの散策でのお楽しみは、カルガモの親子を見ること。
出会う人との会話も、自然と「今日もいたよ」、「今日は〇〇にいたよ」。
時には「今日は一羽少ない」といった寂しい会話も。

カルガモのヒナはお母さんのそばを離れません。
b200114_5.jpg

覚えたての毛づくろい。
b200114_6.jpg

お母さんの子供を見る目は本当にやさしい。
愛情をいっぱい注ぐ子育てにいつも癒されます。


それにしても、今年は雪が少ない函館です。
今冬はほとんど雪かきをしていません。
気温もプラスの日が多く、比較的暖冬。
ただ、このまま終わるはずがない、いつかしっぺ返しが来る
そう思いながら毎日過ごしています。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:12 |