2019年12月27日

締めはリスで

今年最後の写真は、やっぱり大好きなエゾリスで。

b191223_11.jpg

公園に行くと、傷だらけのリスや、ダニにかまれて痛々しいリスも多くいます。
リスにはリスなりの、生きていく上での苦労があるようですが・・・

リスにはいつも癒されます。
会うと自然と笑みがこぼれます。

今年もたくさん楽しませてもらいました。

今年の投稿はたぶん今日が最後と思います。
今年もご覧いただいた皆様、ありがとうございます。
どうか来年が穏やかで良い年でありますように。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:29 | エゾリス

2019年12月26日

コクガン初見

今シーズン初めてコクガンを見ました。

沖の磯で海藻を食べることが多いので、遠くの方を最初に見て。
今日もいない。

そう思って、何気なく目の前の砂浜に視線を移すと
いたっ!

打ち上げられた海藻やらがたくさんで気づかなかった。
b191223_6.jpg
こんなに近くにいたなんて。

よく見ると周りは海藻だけでなく、ゴミもいっぱい。
b191223_7.jpg

海に入って、青のりを食べ始めるコクガン
b191223_8.jpg

ここでも後ろにプラスチックの大きなゴミ。
ゴミが入らないように写すのが難しい。

コクガンに会えた嬉しさの反面、目の前のごく狭いエリアでも簡単に確認できる
プラスチックごみ問題・・・。
ものすごく複雑な心境。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:17 |

2019年12月25日

上手く撮れない霜柱

霜柱の写真が上手く撮れません。
b191223_12.jpg

あのサクサクした感触・・・
高さ・・・
土が浮いた感じ・・・

何一つ再現できず、撮れた写真はなんだか薄っぺらいものばかり。

霜柱を見つけると、踏みつけるのはもったいない。
でも、踏んだ時のサクサク感、沈む感じがたまらない。
で、結局踏みつけるのですが。

いつの日か、満足のいく霜柱の写真が撮れるかな・・・
精進します。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:31 | 雑記

2019年12月24日

カモメがたくさん

海岸へ行くと、干潮で現れた岩場に鳥がびっしり。

b191216_3.jpg

どんな鳥がいるかと望遠レンズでのぞくと、全てカモメ。

群れで民家の方へ。
b191223_3.jpg
ちょっと怖い・・・フン害も凄いかも。

この日は、お目当てのコクガンは見つけられませんでした。


函館のクリスマスファンタジーも明日まで。
うっすら雪が残るので、かろうじてホワイトクリスマスを迎えられそうです。

それにしても今年は積雪が少ないような気がします。
根雪になるのはもう少し先になりそう。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 12:02 |

2019年12月23日

遡上する鮭2

1週間ぶりに鮭が遡上する川へ行ってみると
遡上する鮭の姿は随分減った印象。

しばらくすると、上流から鮭が浮いた状態で・・・。
b191223_1.jpg

死んでいるのかな?

・・・尾びれだけが動いている。

尾びれだけでコントロールしようとしても流れに逆らえず・・・
下流へ少しずつ流されて行く。
b191223_2.jpg

ここへ来ると、いろんな命の営みが見られる。

産卵するためだけに遡上する鮭。
産卵後の鮭の身を狙う猛禽類やキタキツネ。

みんな一生懸命生きている。
そんな姿が見たくて、ついつい通ってしまう。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:14 | 動物

2019年12月20日

AIRDOを真横から撮ってみる

道民の翼「AIRDO」を先日、横から撮影する機会がありました。

だんだん近づいてきた。
b191216_7.jpg

真横を通過中。逆光で暗い。機体にかわいい絵が。
b191216_8.jpg

後で調べたら、ベア・ ドゥ北海道JETと言うらしい。

AIRDO(エア・ドゥ)の公式マスコット「ベア・ ドゥ」が尾翼に描かれている・・・

って、尾翼切れてるやないか〜・・・。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:25 | 雑記

2019年12月19日

遡上する鮭

今の時期でも川には産卵する鮭が遡上してきています。

鮭がいる場所は波紋ですぐに判ります。
b191216_5.jpg

浅瀬に目をやると、一匹の鮭が全身が見られる状態。
b191216_6.jpg

しばらく動かない。
産卵後に死んだ鮭かな・・・
浅瀬に来過ぎて戻れなくなったのかな・・・

かなり経ってバタバタ動いた。
あー良かった、生きてた。

別の場所を見て戻ってくると、さっきの鮭はいなくなっていました。

命が尽きるまで懸命に生きる姿は尊い。
頑張って産卵するんだよ・・・。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:31 | 動物

2019年12月18日

五稜郭の堀のオオバン

五稜郭のお堀にも渡り鳥が。

正面側の堀にオオバン
b191216_1.jpg

b191216_2.jpg

この日はオオバンが4羽、キンクロハジロのメスが1羽
カルガモが数羽いました。

オオバンを函館市内で一度に4羽見たのは初めて。

公園内ではアカゲラの鳴き声もして。

有名な史跡「五稜郭」ですが、意外と自然がいっぱい。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:25 |

2019年12月17日

カルガモを追い出すアオサギ

ある日の川での出来事。

河原の茂みでくつろいでいたカルガモの元に、一羽のアオサギが飛んできた。

驚いて一斉に飛び立つカルガモ
b191210_5.jpg

自分だけの場所になってご満悦のアオサギ
b191210_6.jpg

普段は一緒にいても緩衝し合わないアオサギとカルガモですが
この日はちょっと違いました。

この川で見かけるカルガモは、人間が遊歩道から眺めていても
お構いなし、どちらかというと警戒心が薄い。
でも、猛禽類が頻繁に現れる別の川のカルガモは
人間の足音が遠くで聞こえただけで逃げてしまいます。
警戒心がかなり強い。

カルガモも、その場その場に適応して生きているんだなぁと
実感します。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:23 |

2019年12月16日

間違いさがし

久しぶりに川に戻ってきたゴイサギ。
その幼鳥の「ホシゴイ」

さて、下の2枚の写真で、間違いが1か所あります、
どこでしょう?

b191210_7.jpg

b191210_8.jpg

正解は「足の数」。

写真を撮っている時は夢中で、後で見たらいつの間にか1本足になっていた。

本来夜行性のゴイサギですが、ホシゴイは警戒心が薄く、
ちょくちょく姿を現してくれます。

親はなかなか、日が暮れるまで姿を見せてくれません。

来年も戻ってきてね。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:08 |