2019年02月28日

駅前散策〜美鈴〜

すっかり雪が解けて、春らしくなってきた函館です。
昨シーズンの大雪の帳尻合わせなのか、今冬は雪が少なくて助かりました。
(3月の大雪もあり得るのでまだ断言はできませんが・・・)

昨日のあうん堂から歩いて十数秒くらいのところに
函館では知らない人がいないコーヒーの老舗「美鈴」があります。

おや、店頭にこんなオブジェと看板が
b190218_5.jpg

b190218_6.jpg

昔からあったかなぁ〜、知らなかった、新しい発見で新鮮でした。

美鈴のオフィシャルサイトには

「日本で初めて珈琲が飲まれたと言われる街、
函館・横浜・神戸・長崎の元町。
その中のひとつ函館で美鈴珈琲は 1932年(昭和7年)に
鈴木商店として誕生しました。」

とありました。
函館は色々なことで先駆け的な街でした。

今の函館は、その隆盛を懐かしんでいるだけでなく
新たな変化が必要な時期なのかもしれません。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:40| 函館

2019年02月27日

駅前散策〜あうん堂〜

大門横丁の写真を撮り終わって後ろを振り向くと
「あうん堂」がありました。
b190218_3.jpg
あうん堂・・・聞いたことある、確かライヴハウス。
ここにあるんだ。

そんなくらいで、帰ってきてネットで調べたら「GLAY」のアマチュア時代の
活動拠点って・・・。もっと写真撮ってくるべきだった。

あうん堂横の裏路地
b190218_4.jpg
これまた、ザ・昭和です。

それにしても、函館のことを知らな過ぎる自分。
これだから、散策が楽しい、新鮮で。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     

posted by mayphoto at 11:06| 函館

2019年02月26日

駅前散策〜大門横丁〜

まだ雪が残る頃、閉店した棒二デパートの写真を撮ったついでに
松風町いわゆる大門界隈を散策してみました。

大門横丁
b190218_1.jpg

b190218_2.jpg

昼間なのでひっそりしていました。

自分はあまりお酒を飲まないので、行ったことがないのですが
昨年遠路はるばる訪れてくれた友人が、大門横丁へ行ってきたと
話してました。
お店が狭いので、アットホームな雰囲気らしいです。
観光客が多いのかも。
(不確かな情報です・・・何しろ行ったことがないので)

昭和の雰囲気いっぱい。
昭和もあと少しで二昔前の時代になりますね。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:39| 函館

2019年02月25日

元町のイルミネーション

つい2週間前の記録的寒波がうそのよう、
あれ以来、最高気温はプラス、8℃くらいの日もあり
着実に春に向かっている函館です。

函館では、冬期間は各地でイルミネーションが行われています。

一番有名な坂、八幡坂。
坂の向こうに青函連絡船「摩周丸」が見えます。
b190212_7.jpg

函館イルミネーションは、今年は3月13日まで。
五稜郭は2月末まで。
春へバトンタッチするまであと少しです。

茶房 菊泉(きくいずみ)
建物は大正時代に建てられたもの。
夜も昼間と違った雰囲気があります。
b190212_9.jpg
寒い日に立ち寄ったら、ものすごい混雑していました。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:14| 函館

2019年02月22日

旧函館区公会堂は工事中です

元町公園の奥、一番目立つ場所に建つ「旧函館区公会堂」
残念ながら、現在耐震工事中で休館しています。
b190218_32.jpg
ネットの光景が寂しいですが、長く保存していくためには仕方ないですね。

b190218_33.jpg

平成33年(実際は別の元号)4月まで、あと2年以上。
b190218_34.jpg

せめてネットが早く取れると嬉しいのですが・・・。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:26| 函館

2019年02月21日

猛禽類の痕跡

雪が降った日、なにもない雪原の一部にだけ何かの足跡が。

キツネやシカだと、必ず先へ続きます。

羽を広げたような痕跡が
b190212_8.jpg

こちらは、2種類の違う足跡。
ひとつはやっぱり羽を広げたような痕跡。
b190212_13.jpg

上空を見上げると、オジロワシが旋回中。
やっと犯人(?)が判りました。
b190212_2.jpg

それにしても、自分の上空を旋回するということは
ひょっとして自分もターゲット???



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:25|

2019年02月20日

棒二森屋閉店2

閉店して1週間くらいたってから、棒二森屋の近くを歩きました。

いつも開いているはずの扉は閉まったままでひっそり
b190204_6.jpg
屋上にある看板は少し離れないと見えません。
心なしか、歩く人もまばら・・・。
歩いているのはほとんど観光客ばかり。

本館と道を挟んで建つアネックス館(右側)を結ぶ連絡通路
b190204_7.jpg
この仕組みは函館では画期的でした。

数年前には、シンボル的だった大門(このあたりはそう呼ばれていました)の
アーケードが撤去され、棒二が閉店・・・。
周りには、空き地となったあちこちでホテルの建設工事が。

函館駅前が大きく変わる転換期なのかもしれません。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:19| 函館

2019年02月19日

棒二森屋閉店

1月末で函館の老舗デパート棒二森屋が閉店しました。
時代の流れに勝てず・・・仕方ないですが、やはり寂しい。

これで函館駅前からデパートが完全に姿を消しました。

閉店セールの期間中は、閉店を惜しむ人で大賑わい。
こんなことなら、もっと日頃から足繁く利用していれば・・・
なのですが、ネットで何でも買える時代、
対面販売が苦手と思う若い人も多く、価格も高め・・・

やはり時代の流れです。

JRの廃線時に賑わう様子に少し似ています。

閉店が近づくと、道新の地元版「みなみ風」で特集が組まれたり、
間違いなく函館の一つの時代を担ってきたことが判ります。

昨年8月、駅前花壇の向こうに「棒二」のマークが
b190204_8.jpg

b190204_9.jpg

ここで見えているのは新しい方の「アネックス館」。
名前は変わりましたが、あと3年は残ることになりました。

この建物の後方に、今回閉店した棒二本館があります。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     

posted by mayphoto at 09:31| 函館

2019年02月18日

砂浜で休むコクガン

岩場で海草を食べるイメージの強いコクガンですが
先日珍しく砂浜の奥の方にいました。

暖かい日差しを受け、思い思いに羽づくろいなどしてまったりモード
b190204_4.jpg

その中の一羽だけ、首を伸ばしてあたりをキョロキョロ
b190204_5.jpg
見張り役、リーダー的な存在のようです。

もう少し近くで写真が撮りたいと、ソロリソロリ歩き出したら
リーダーが一鳴き、あっという間に飛び去ってしまいました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:35|

2019年02月15日

凍った川

寒波が訪れた日、川幅が広く水量が多い汐泊川も
凍っていました。
b190212_6.jpg

b190212_10.jpg

近づくと、「バリバリ」「バキッ」と不気味な音。

氷の上に積もった雪には小動物、哺乳類の足跡。
歩くときに怖くなかったのかな?

さすがに、魚を求める水鳥の姿はありませんでした。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     


posted by mayphoto at 09:10| 風景