2019年02月21日

猛禽類の痕跡

雪が降った日、なにもない雪原の一部にだけ何かの足跡が。

キツネやシカだと、必ず先へ続きます。

羽を広げたような痕跡が
b190212_8.jpg

こちらは、2種類の違う足跡。
ひとつはやっぱり羽を広げたような痕跡。
b190212_13.jpg

上空を見上げると、オジロワシが旋回中。
やっと犯人(?)が判りました。
b190212_2.jpg

それにそても、自分の上空を旋回するということは
ひょっとして自分もターゲット???



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:25|

2019年02月20日

棒二森屋閉店2

閉店して1週間くらいたってから、棒二森屋の近くを歩きました。

いつも開いているはずの扉は閉まったままでひっそり
b190204_6.jpg
屋上にある看板は少し離れないと見えません。
心なしか、歩く人もまばら・・・。
歩いているのはほとんど観光客ばかり。

本館と道を挟んで建つアネックス館(右側)を結ぶ連絡通路
b190204_7.jpg
この仕組みは函館では画期的でした。

数年前には、シンボル的だった大門(このあたりはそう呼ばれていました)の
アーケードが撤去され、棒二が閉店・・・。
周りには、空き地となったあちこちでホテルの建設工事が。

函館駅前が大きく変わる転換期なのかもしれません。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:19| 函館

2019年02月19日

棒二森屋閉店

1月末で函館の老舗デパート棒二森屋が閉店しました。
時代の流れに勝てず・・・仕方ないですが、やはり寂しい。

これで函館駅前からデパートが完全に姿を消しました。

閉店セールの期間中は、閉店を惜しむ人で大賑わい。
こんなことなら、もっと日頃から足繁く利用していれば・・・
なのですが、ネットで何でも買える時代、
対面販売が苦手と思う若い人も多く、価格も高め・・・

やはり時代の流れです。

JRの廃線時に賑わう様子に少し似ています。

閉店が近づくと、道新の地元版「みなみ風」で特集が組まれたり、
間違いなく函館の一つの時代を担ってきたことが判ります。

昨年8月、駅前花壇の向こうに「棒二」のマークが
b190204_8.jpg

b190204_9.jpg

ここで見えているのは新しい方の「アネックス館」。
名前は変わりましたが、あと3年は残ることになりました。

この建物の後方に、今回閉店した棒二本館があります。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     

posted by mayphoto at 09:31| 函館

2019年02月18日

砂浜で休むコクガン

岩場で海草を食べるイメージの強いコクガンですが
先日珍しく砂浜の奥の方にいました。

暖かい日差しを受け、思い思いに羽づくろいなどしてまったりモード
b190204_4.jpg

その中の一羽だけ、首を伸ばしてあたりをキョロキョロ
b190204_5.jpg
見張り役、リーダー的な存在のようです。

もう少し近くで写真が撮りたいと、ソロリソロリ歩き出したら
リーダーが一鳴き、あっという間に飛び去ってしまいました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:35|

2019年02月15日

凍った川

寒波が訪れた日、川幅が広く水量が多い汐泊川も
凍っていました。
b190212_6.jpg

b190212_10.jpg

近づくと、「バリバリ」「バキッ」と不気味な音。

氷の上に積もった雪には小動物、哺乳類の足跡。
歩くときに怖くなかったのかな?

さすがに、魚を求める水鳥の姿はありませんでした。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     


posted by mayphoto at 09:10| 風景

2019年02月14日

魚を捜すダイサギ

ダイサギが夢中で魚を捕獲中。
わりと近くで写真を撮っても逃げません。
b190204_1.jpg

ただ立っているときは、少し近づくと大きな泣き声をあげて
逃げてしいまいますが・・・。

食事中は無防備ですね。

人間もそうかもしれない。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:22|

2019年02月13日

けあらしの朝

最大級の寒波が襲った翌朝、海で不思議な光景に遭遇。
車から海を眺めていたら、けあらしが。
b190212_1.jpg

近づいてみると、一部分だけにけあらしが発生。
濃さも見る見る間に変化。
これはだいぶ薄くなってから。
b190212_4.jpg

寒いのは基本的に嫌いだけど、たまにはこういうサプライズも。

寒い寒いと言っても、目に見えて日が長くなってきました。
ほんの少し春の気配が感じられて、明るい気持ちになれます。
寒さも、たぶん今が底。(と思いたい)



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:23| 風景

2019年02月12日

最大級寒波と元町公園のイベント

3連休前半は、最大級の寒波が襲来。
函館の最高気温が−8.8℃で18年ぶりの低さを記録した中、
西部地区ではいろいろなイベントが開催されました。

9日の夜は、元町の「ひかりのガーデン」へ
雪だるまのような完全防寒で出掛けました。
観光客が多く、「それで大丈夫?」というくらい薄着の人が多くてビックリ。

入り口付近に不思議なオブジェ。「管」って書いてある?
風が吹くといろいろとポーズが変わります。
b190212_11.jpg

坂の一部を封鎖して、浮き輪のようなもので滑るチューブスライダー
b190212_5.jpg
元町の坂をソリで滑る・・・憧れます、自分が子供だったら滑りたい!・・・と
思っていたら、大人も挑戦していた。楽しそう。

メインイベントのスカイランタン
b190212_12.jpg
左手にランタン、右手にカメラ。ピンボケないわけがなく・・・。
写真を撮るならランタンをゲットすべきではなかった。
数量限定につられてつい・・・1基500円です。

しかも、始まる少し前から風が出始めて、流される、流される。
もっと高く上げたかったけど、他の人のランタンとからまるので無理。
広々としたところで離れないと駄目ですね。
幻想的!と思ったのはつかの間、他のランタンと絡まないように動き回って
終わりました。
結局、ほどくのが不可能なくらい絡まってしまって、無理やり糸を切りましたとさ。

ランタンは改善の余地ありですが、なかなか面白いイベントでした。
寒さのせいか、変にテンション上がります。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:12| 函館

2019年02月08日

水鳥が集まる川

松倉川の穏やかなある日の夕方。
b190128_3.jpg

写真に写っている以外にも、数種類の水鳥が近くにいました。

決して数は多くないけど、1ヶ所でいろいろな鳥が見られて得した気分。

温泉からの排水(?)も所々に流れているので、他の川よりも
水温が高いのかもしれません。

こんな穏やかな日もあれば、今日は打って変わって記録的な寒波が襲来中。
そんな日に限って、朝から雪かき。

いつもは雪かきをしている最中に汗ばんでくるのに、今日は汗一滴もかかず。
最高気温−10℃のおそろしい予報ですが、強風で体感気温は更に下がりそう。

こんな日は、必要な用事以外は外に出ないのが一番!


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:53|

2019年02月07日

競馬場のイルミネーション

先日、函館競馬場のイルミネーションを発見。

夜はあまり通らないので知りませんでした。

ちょっと暗いですが、実際は下の方に細かいライトがたくさんあってもっと綺麗。
b190204_10.jpg

馬が同じ形でなく、走っている連続シーンになってる!
b190204_11.jpg

b190204_12.jpg

函館では、現在も駅前や元町、五稜郭などでイルミネーションを
やっています。
今度の3連休には、海上花火大会や元町公園でイベントもあります。

ただ、猛烈な寒波が近づいています。
明日の最高気温は−9℃、3連休も−4℃くらい。最高気温です!
最低は−10℃以下。
出掛ける方は、防寒対策をしっかりとなさって下さい。

あと、レンタカーの皆様、元町方面の坂は危険です。
石畳の坂はロードヒーティングが入っていない場所もあります。
坂の下の方の駐車場で止めて歩いて見学するのが無難です。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:51| 函館