2021年01月22日

冬のヤギと馬に癒されて

郊外を車で走っていたら、放牧(?)している動物発見!
夏にはよく馬が放牧されていた場所。

冬でも外に出ているんだ。

馬だけ、と思ったら手前にヤギが。
a210118_1.jpg
雪を掘って、中の草を夢中で食べている。
越冬キャベツなどは甘みが増すらしいので
草もこの時期は甘みが出て美味しい?

写真を撮っていたら、草を食べるのを止めてヤギがこちらを
向いてくれました。
かわいいのぉ〜。
a210118_2.jpg


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:44 | 動物

2021年01月21日

ハヤブサとカルガモの関係

夏に出会ったハヤブサは、同じ場所で何日か出会うことができました。

この日は至近距離をカルガモの群れが通過中。
a210113_9.jpg
カルガモ側は全くハヤブサに無関心。
ハヤブサも下を向いて全く無関心。

最接近の時、ハヤブサが顔を上げた時にはさすがにドキドキ。
何も起きなければいいけど・・・。
a210113_10.jpg
結局は取り越し苦労
ハヤブサは最後までカルガモに無関心でした。
ハヤブサとカルガモの間に特に上下関係は無いみたい。

この後、何度か同じ場所に行ったけど
ハヤブサに出会うことは二度とありませんでした。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:37 |

2021年01月20日

河口のハヤブサ

昨年の夏、思いがけず身近でハヤブサに出会うことが
できました。

河口にいつも見ている鳥より大きい鳥が立ってる!
かなり離れた場所でもその大きさが判りました。

近づいて見ると、猛禽類のハヤブサ。
a210113_6.jpg
それにしても、何という漂流ゴミの多さ。

こちらに向かって飛んでくる!
a210113_7.jpg

飛んでいる姿が凛々しい。さすが猛禽類。
a210113_8.jpg

こんなに至近距離でハヤブサを見たのは初めてでした。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:51 |

2021年01月19日

餌付けされている?白鳥

白鳥が毎年来る川の橋の上からのぞいていると
必ず近づいてくる白鳥がいます。

結構遠くにいても、ほぼ100%の確率で近づいてくる。
3回訪れて3回とも寄ってきたのでかなりの確率。

いつもやってくる3羽
a210113_4.jpg

こんな感じで縦に(上から見ると)並んだ状態で。
たぶん先頭がリーダー格の白鳥。

橋の下へやってくると、期待した眼差しで見上げます。
エサがないと判ると、その辺で水中へ顔を突っ込んで
餌を探し出す。

橋の下へ来るとエサがもらえることを判っている。
実際食パンをあげている光景を何度も見ました。

この川のカモ類は、他の場所に比べて異様に警戒心が強い。
オオワシやオジロワシ、ハヤブサ・・・猛禽類が潜んでいるから。
でも、白鳥は警戒心ほぼゼロ。猛禽類に狙われないのでしょう。

とはいっても食パンだけじゃなく、他の栄養も取らないとダメだよ。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:18 |

2021年01月18日

雪煙を上げるジェット機

函館空港から離陸する前のジェット機。

滑走路への移動中に降り積もった雪が舞い上がります。
a210113_5.jpg

着陸する瞬間も雪煙が機体を覆います。
こちらは着陸とほぼ同時に雪煙の中に吸い込まれてしまうので
機体と一緒に撮影するのは難しい。

乗っている人は、この瞬間、窓の外が真っ白くなる?
こんな厳しい条件の中、操縦する人は凄い!と思います。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:28 | 風景

2021年01月15日

白鳥、鮭を食べる?

いつもの川に数羽の白鳥が戻ってきました。
今年はいつもより数が少ないかも。
記録的な寒さと例年より早い積雪が影響して
もっと南下したのかもしれません。

一羽の白鳥が、産卵を終えて朽ちた鮭(ホッチャレ)の所へ。
a210113_3.jpg
明らかにかじったり、つついたりしています。

白鳥は植物食だとばかり思っていたので、意外な行動。
ネットで調べると貝や昆虫、まれに小魚を食べることもあると。
でも鮭ははるかに大きいし・・・。

ただ、口をつけていたのはわずかな時間、すぐにその場を離れました。
すると、別の白鳥がやってきて同じようにかじったり、つついたり。
これまた、わずかな時間。

お口に召さなかったのか?
単に興味があっただけ?

白鳥を見ていると飽きない。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:11 |

2021年01月14日

幸せそうなマガモの親子

夏に大沼で出会ったマガモの親子。

お母さんの真似して一丁前に毛づくろい。
a201228_5.jpg
何ともほほえましい光景。

子どもは全部で6羽くらいいたでしょうか。
移動はいつもお母さんといっしょ。
餌の取り方もお母さんから学びます。
お母さんは大変です!


記録的な寒波の後、気温がプラスの日が2日ほど続いた函館です。
屋根の雪もだいぶ少なくなりました。
しっかり除雪されているメイン通りから一歩裏道へ入ると
除雪されなかった雪がザクザクになって恐ろしく深い轍ができています。
車高が低い車は通行できません・・・。
歩行者も歩くのが大変な状態・・・。
裏道の通行は車も人も要注意です。

気温が緩む前日、今季初めて家の前の道(裏道)にも除雪車が来た!
と喜んだのも束の間、雪をただ踏むだけ。
横によけることもせず、もちろん排雪もせずに帰っていきました。
案の定、この2日の暖気で深い轍になりました。
あまりに雑な仕事・・・。
除雪に優先順位があるのは判るけど、仕事の仕方にも問題あるなぁ。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:04 | 雑記

2021年01月13日

表情豊かな鳥

昨年は思いがけずオオコノハズクに何度も出会うことが
できました。

日中は基本的に休息時間。
夕方陽が沈むころ、エサを求めて活動し始めます。

そんなわけで、日中出会うとほとんど動きなし。
そんな中でも、豊かな表情で楽しませてくれました。
幸せな時間が静かに流れます。

首を思いきり傾けて、興味津々
a201228_3.jpg

今度は反対向き
a201228_4.jpg

物凄く首が動くね。
何て表情豊かなんでしょう。

この頃出会ったモコモコの幼鳥くん、元気に過ごしているかな?
また会えるといいな。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:14 |

2021年01月12日

群がるスズメ

スズメは群れで行動する印象が強い鳥ですが
冬は特にそれを感じます。
何をするのもみんなと一緒。

川の遊歩道にある赤い実を食べに来た?
a201221_10.jpg

a201221_11.jpg
冬のスズメは冬毛なのか、脂肪なのか、羽を膨らませているのか?
まん丸く見える。

1つの木の中に多数のスズメが潜んでいることもよくある光景。
突然一斉に飛び出すので、近くを通りかかってビックリ!

鳥にはそれぞれ、冬を乗り越える知恵があるんでしょうね。
今年は寒さが厳しいから大変!


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:38 |

2021年01月08日

冬の津軽海峡

只今、北海道を発達した低気圧が通過中。

函館は未明のうちにピークを過ぎたでしょうか。
昨夜は風も強く、風向きによっては窓に雪がびっしり
張り付くような状態でした。
降雪は10センチくらい? 吹きだまる場所ではその何倍も。
今日は朝から雪かきに追われています。
汗だくになります。
暖かい部屋に入るとメガネが曇る、曇る。

ある日の津軽海峡
a201221_13.jpg

真っ黒い筋状の雲、あの下はおそらく物凄い雪が降っていると思われ。
「津軽海峡冬景色」です。

寒い日は毛嵐が発生したり。
蜃気楼のようなものが見えたり。
青森がはっきり見えたり、霞んだり。

津軽海峡は、実に表情豊かな海です。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:22 | 風景