2020年06月05日

初夏の公園

連日20℃を超え、すっかり初夏の陽気になりました。

長く楽しめたチューリップもさすがの暑さで、あわてて店じまい。
それにかわって、宿根草が茂り始めて、庭はすっかりジャングル状態に。

先日訪れた北斗市の八郎沼。
b200602_3.jpg
相変わらずフナ釣りやザリガニ釣りの人が大勢。

緑がより濃くなってきました。
名物のスイレンの花はまだ先のようです。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 14:52 | 風景

2020年06月04日

リスもまだ冬毛が残って

エゾリスの冬毛が生え変わる季節。

早いリスはもうすっかり夏毛。
耳毛が短くなり、体がほっそりするのですぐ分かります。

まだ換毛中のエゾリス
b200525_5.jpg
冬の耳毛は抜けたものの、体の方はボロボロの毛皮のコートを着てるみたい。
かわいいリスが一番貧相で汚く見える季節。

あと少しの我慢、我慢。
そうしたら、体も軽くなるから。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:20 | エゾリス

2020年06月03日

変な姿勢のヒヨドリ

ちょっと暗いですが、木に止まっているのはヒヨドリ。

b200602_1.jpg

なんだか、いつもと止まり方が違う。
妙に体が倒れているような。
横向きになっているような。
腹筋を使っているような(腹筋ある?)。

こちらを見ています。

カメラマンには不人気のヒヨドリ。
満開の桜の木に止まったりすれば撮りますが、ほとんど写してもらえず。
「なんだヒヨドリか?」、ひどい時は「なんだヒヨか?」
名前も満足に言ってもらえない可哀想なヒヨドリ。

そんなヒヨドリが主役になる日があります。
それが、秋の渡りの時期。
津軽海峡を低空で群れを作って渡る姿は圧巻。
この時だけは、カメラマンがヒヨドリ目当てで早朝から
ポイントへ集結します。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:06 |

2020年06月02日

一番赤い春もみじ

先日見た公園の「春もみじ」
b200602_2.jpg
今まで見た春もみじの中で、一番赤かった。

赤い葉と青空。
間違いなく秋ではなく、新緑の頃の風景。

森の葉っぱが一気に茂り始め、鳥の声はあちこちでするけど
姿を見つけ出すのが難しくなってきました。

今日も20℃超え予報の函館。
いよいよ庭のバラが咲き始めました。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:01 | 植物

2020年06月01日

新緑の笹流ダム

先日、ちょっとだけ立ち寄った笹流ダム。

春は桜、秋には紅葉が楽しめるダム公園。
今年は新型コロナによる自粛、立ち入り禁止で
気がつけば桜の季節はとうに過ぎ
新緑がきれいな季節になっていました。

函館山を望む
b200525_4.jpg

ダム湖の向こうの景色、大好きな風景
b200525_3.jpg

黙っていても季節は過ぎていきます。

昨日は夏日にあと一歩となった函館。
5月でこの気温、今年の夏は暑くなりそう。
つい先日、39年ぶりの低温を記録したばかりなのに。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:32 | 風景

2020年05月29日

人懐こいキビタキ

暗い枝に止まったり、人とは一定以上の距離を取る
警戒心が強いキビタキ。
キビタキに限らず、野鳥はほとんどそう。
警戒心がなければ生き延びていけませんから。

ただ、人間を見慣れているせいか、公園には妙に人懐こい
野鳥も若干います。

このキビタキもそう?

妙に近くで撮らせてくれました。
b200519_8.jpg

手前の枝が邪魔なので、ソロリソローリ移動。
それでも逃げずに撮らせてくれました。
b200519_9.jpg

この後、近くの枝に止まったり、また地面に下りるを繰り返し。
時にはこちらを向いてバッチリ目が合ったり。
それでも逃げずに写真を撮らせてくれました。

自分とキビタキだけの不思議な時間。
至福のひとときでした。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:31 |

2020年05月28日

春のキノコ

キノコと言えば秋のイメージが強いですが、先日「春キノコ」を発見。

公園の切り株に生える
b200525_1.jpg

このキノコは秋によく見かけたような気がする。

条件が整えば、春でも生えるのかな?
キノコのことは全然詳しくないので、謎だらけ。

そう言えば、サルノコシカケは年中見るし、
早春に函館山で真っ赤なキノコも見たし。
キノコは秋という固定観念は捨てないと。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:06 | 植物

2020年05月27日

木も枯らすクマゲラ

穴ぼこだらけの木。

b200519_4.jpg

穴の大きさからして、おそらくクマゲラが開けた穴。
エサである虫を探して嘴で穴をあけ続ける。
これだけ穴をあけられたら木も枯れてしまうでしょう。

クマゲラはこんな鳥
b200519_11.jpg

なかなかお目にかかれない鳥。
真っ黒いキツツキ、日本では最大のキツツキ、国の天然記念物。
真っ赤なベレー帽が特徴的・・・って下からの写真なので肝心のベレー帽が写ってない。

遠くまで響き渡る声も特徴的、木をつつくドラミングの大きさも最大級。

その姿を目にするといつも興奮状態。
おかげでピンボケが多い。
そういえば、しばらく会ってない。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:17 |

2020年05月26日

不思議なオオウバユリ

不思議な植物、オオウバユリ。

北海道の森林などに自生します。
そのユリ根はアイヌ民族に食されていたことでも知られています。

その姿が実にユニーク。
発芽から、最後の実までの形が次から次へと変化します。

春、葉っぱが茂ってきた頃
b200511_2.jpg
本当はこれの前段があります(写真がないのですが・・・)。
枯れ野から顔を出したばかりの芽は、赤い。

夏に白い花が咲く
b200519_7.jpg
これを見ると確かにユリ科です。

秋の実
b200519_1.jpg

どの姿もユニークで、魅力ある植物、大好きな植物の一つです。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:18 | 植物

2020年05月25日

フジも咲き始めて

公園のフジ、99.9%はまだ蕾ですが
一輪だけ咲いていました。

b200525_2.jpg

ほとんど一日中日が当たり、建物の近くで風がしのげる場所。
さすがに、好条件が揃って真っ先に咲き始めました。

一気に初夏の雰囲気。

先週20日の最高気温6.8℃が嘘のよう。
この日は39年ぶりの寒さでした。

今週は20℃を超える予報が。
極端過ぎて、体も洋服もついていけません。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 11:47 |