2019年12月12日

ニッカウヰスキー余市蒸溜所2

ニッカウヰスキー余市蒸溜所、現役で生産を続けている工場。
興味深い施設がいっぱい。
朝ドラ「マッサン」を見ていなくても、十分楽しめます。

マッサンのモデルとなった竹鶴政孝氏と異国の地から嫁いだ妻のリタさんの
生活ぶりがうかがえる資料もたくさん展示されています。
b191210_1.jpg

敷地内の一角、あまり目立たないところに竹鶴政孝氏の胸像が。
b191210_4.jpg

ゆっくり見学したい場所です。
見学した後は、無料の試飲コーナーで一休み。
車や、お酒が飲めない人はウィスキーの代わりに
「りんごジュース」が楽しめます。これがまた美味しかった!


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     

posted by mayphoto at 09:35 | 雑記

2019年12月11日

ニッカウヰスキー余市蒸溜所1

ラグビーW杯観戦で札幌に行ったついでにニッカウヰスキー余市蒸溜所へ。
初めての訪問。

b191210_3.jpg

NHK朝ドラ「マッサン」の影響が今なお続いているようで、
大勢の観光客が訪れていました。
東洋系の観光客と同じくらい、欧米系の観光客がたくさん。
W杯のイングランド、オーストラリア戦関連の方たちでしょうか?

b191210_2.jpg

早めに入って大正解。お昼に帰るときには、駐車場が行列状態。
朝ドラ効果、恐るべし。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:36 | 雑記

2019年12月10日

一番好きな風景

よく行く香雪園(見晴公園)の中で一番好きな風景。

作業小屋と紅葉
b191202_10.jpg
雪が降る前に撮った写真です。

暑かった夏の朝、鳥やリスを探していると向こうから
一眼レフを持った一人の若い女性が近づいて来ました。

私  「おはようございます」
女性 「おはようございます。(ちょっと間があって)ここ判りますか?」
スマホに入った「作業小屋と紅葉」の写真を見せてくれました。

たどたどしい日本語、話し始めてから中国か台湾の方と気づきました。
そこから、英単語と日本語、身振り手振りを混ぜた訳のわからない手段で
伝えようと悪戦苦闘する自分。
「判りましたー。ありがとうございます。」と、歩き始めた彼女。
「ああ英語が話せたら・・・」と痛感したのでありました。

それにしても、私の一番好きな風景、彼女もどこかで写真を見て感動して
たった一人で訪ねて来てくれたことが嬉しかった。

まだ紅葉の時期ではなかったけど、緑の森の中の作業小屋を
目にしたことでしょう。

その日は朝から、ほっこりした気持ちになりました。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:23 | 風景

2019年12月09日

五稜郭で見た匠の技

五稜郭内にある、復元された箱館奉行所。
b191202_7.jpg

五稜郭を訪れたある日の夕方は、正面の橋の前で関係者の方が
奉行所のパンフを配りながら、「お時間のある方はどうぞ」と
PRしておりました。

これから寒くなると見学者が減るのかも。
暖房があるとはいえ、防災の関係で制限があります。
入口で靴を脱ぎますので、足元は暖かくしてお越しください。
一度は見学して欲しい施設です。

その奉行所の横にある松の木。
冬囲いが完了していました。
b191202_8.jpg

さすが匠の技。美しい!
日本独自の庭師の技術に、海外の観光客の方も感動するのでは?



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:10 | 函館

2019年12月06日

エゾリスのジャンプ

エゾリスのジャンプの撮影は難しい。
連写機能を使わないのでなおさら。

ジャンプするゾ、するゾ・・・でジャンプするパターンと
何の前触れもなくジャンプするパターンがあって
行動パターンが読めません。

リスの側も、人間なんかに行動パターンを読まれてたまるかと
思っているかもしれないし。

青空にジャーンプ!
b191202_3.jpg
ピントいまいち。

こちらは突然ジャンプ、しかも距離が出ています!
b191202_2.jpg
でも、ピントいまいち。

日々精進あるのみ。
エゾリスに勉強させてもらっています。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:07 | エゾリス

2019年12月05日

五稜郭お堀の工事

五稜郭のお堀が崩れ始めてどのくらいたったでしょう。
今も補修工事が続いています。

現在補修しているのは正面からみて左側の一角。
市のサイトによると、来年秋ころまでかかる予定とのこと。

意図的に抜いたのか、ところどころ歯抜けに
b191125_9.jpg

上には重機が置かれていました
b191125_10.jpg

よくみると重機の足元にお堀の石がゴロゴロ
b191125_11.jpg

散歩中の方の話では、石一つ一つに番号がふってあって
勝手に組み合わせて積むのではない、崩れて使えない石があった場合は
似た石を探すので修復には時間がかかる・・・と工事の説明会で聞いたそう。

聞かないと判らないことでした。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 13:38 | 函館

2019年12月04日

五稜郭 冬に向けて

今日は雪で真っ白の函館です。

少し前に散策した時の五稜郭。
b191125_6.jpg

桜、花ではありません。
枯葉です。ちりちりになった葉が枝にしがみついていました。

紅葉した葉は自然に落ちるけど、紅葉していない葉が寒さに遭うと
チリチリになって落ちずに残るのでしょうか?
少し前に見たモミジも同じような状態だったので、ふと思いました。

五稜郭の裏側に回ってビックリ!
b191125_7.jpg
お堀の水が不自然に少ない・・・。

ウォーキング中の女性に尋ねてみると、この前まで水はあった、
そう言えば毎年冬は水を抜いて少ないような気がする・・・とのことでした。
堀の横にある管が関係あるのでは? とのこと。
堀の横に出ているこれのようです。
b191125_8.jpg

アップで
b191202_9.jpg

目的などは判りませんが、水が少なかった(ほとんどない)ことだけは事実です。
ちなみに、観光客が訪れる正面側のお堀の水は普通にありました。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 10:10 | 函館

2019年12月03日

大沼の冬鳥

大沼にも冬の渡り鳥が増えてきました。

まだ湖面が結氷していないので、あちこちにちらばった状態。
冬でも凍らない大沼セバットの辺りに集結するのはまだ先。
今は探すのが大変。

霧が晴れてきた沼、はるかかなたにカモ類がたくさん
b191202_1.jpg

長旅の疲れを牧草地でゆっくりと癒す白鳥
b191202_4.jpg

お腹がすくと刈り取った田んぼで落穂ひろい
b191202_5.jpg

目の前を飛ぶ二羽の白鳥
b191202_6.jpg

秋から冬へ代わる時期。
この時期しか見られない光景を楽しみたい。


ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:23 |

2019年12月02日

霜が降りた朝の大沼

少し前、冷え込んだ朝の大沼は霧が立ち込めて
幻想的な雰囲気でした。

すぐ目の前の小島さえ霧の中
b191125_2.jpg

ワカサギ漁(?)の小舟が霧の中から姿を現す
b191125_3.jpg

霧が少し晴れてきて山が見えるようになって
b191125_5.jpg

この季節ならではの風景。

この日の朝、大沼のトンネル(函館側出口)でスリップ事故があったようです。
パトカーと、2台の車が止まっていました。
雪もなく、路面は黒くて濡れているのか凍っているのかわからない状態。
ただ気温がマイナスだったので、明らかにブラックアイスバーンです。
しかも、トンネルの入口と出口は両方とも下り坂。
トンネル内は走りやすいので、その調子でトンネルを抜けると
大変な目に遭います。
まだまだ、冬道に慣れていない北海道民、
冬道に全然慣れていない外国人観光客、
今の時期は本当に注意が必要です。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     

posted by mayphoto at 13:10 | 風景

2019年11月29日

函館山はやっぱり火山

以前のブログでも取り上げましたが、函館山はかつて火山だったという
痕跡があちこちで見られます。

登山道の途中、溶岩が見られる場所には看板もあります。

岩肌が見える部分
b191105_27.jpg

登山道で大きな石が転がる場所
b191105_26.jpg

ハイキング感覚で登れて、山野草や野鳥も多く観察できて
景観が良くて・・・学校の遠足で必ず訪れる場所、
観光客だけでなく市民に愛されている函館山です。

もし函館山がなかったら、函館の街はどうなっていたんだろう?
たぶん今の姿とは全く違ったものになっていたでしょう。



ブログランキングに参加中です。よろしければ1クリックお願いします。
     
posted by mayphoto at 09:51 | 函館